メギド

著者 :
  • 角川書店(角川グループパブリッシング)
2.60
  • (0)
  • (1)
  • (1)
  • (3)
  • (0)
本棚登録 : 21
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (309ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784048739887

作品紹介・あらすじ

ベトナム戦争が泥沼化し、日本国内でも政情不安が続いていた1972年、奥秋川でひとりの美青年が発見された。彼はすべての記憶を失い、頭部に大きな手術痕が残っていた。キャンプ場を営む根岸に助けられ達也と名づけられた青年は、断片的に殺人の記憶が甦るようになる。やがて、戦中から兵器開発を続ける軍需会社"大島産業"から達也に"零隊"と呼ばれる刺客が送り込まれた。だが、達也は「メギド」と呼ばれるもうひとりの人格を自覚、敵を撃退する。彼は一体何者なのか?そして待ち受ける壮絶な運命とは?ヒットシリーズ『傭兵代理店』の著者が贈る、アクション謀略小説。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • スケールのでかいハードボイルドで始まり、母を訪ねて三千里で終わる。費やした時間を返せ。

  • 最後にいくほど尻すぼみ
    テーマはおもしろいだけに残念

  • 和製ボーン・アイデンテティー……を期待していたのだけど……
    話が進むにつれ、主人公がどんどん超人化していく。
    比喩ではなく、能力的に。
    そこが、残念だった。
    個人的には主人公はそんな能力なんてない、等身大の人間で居てほしかった。

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

*アナウンサー、俳優で同名あり。本項は作家プロフィールを紹介。

渡辺 裕之(わたなべ ひろゆき)
1957年生まれ。2007年に『傭兵代理店』で鮮烈デビューを飾り、アクション小説の雄として活躍を続ける。主な著書に「傭兵代理店」シリーズ、「暗殺者メギド」シリーズ、「シックスコイン」シリーズ、「オッドアイ」シリーズなど。

渡辺裕之の作品

ツイートする