南の子供が夜いくところ

著者 :
  • 角川書店(角川グループパブリッシング)
3.61
  • (58)
  • (148)
  • (141)
  • (23)
  • (6)
本棚登録 : 840
レビュー : 168
  • Amazon.co.jp ・本 (285ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784048740326

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 連作短編。
    最初の章と最後の章、繋がらなそうで繋がる。想像の余地がたくさんある大人の童話という印象。

  • これも恒川ワールド全開で楽しかった。架空の不思議島を作り上げ、そこに纏わる多方面からのエピソードを紹介って形式。登場人物にも時代にも結構幅があって、世代を超えた繋がりとかもだんだん明らかになってきたり。この不思議感が相変わらず心地よかったす。

  • 南洋の島々を舞台にした連作短編。
    いつも通りほんの少し日常から外れたような印象の不可思議な話でしたが、舞台が外国のせいかこれまでよりファンタジックな感じでした。
    とはいえ、ところどころやはり怖いところもあります。

  • 何だかじわじわとぞわぞわくる感じ。
    え?何が起こったの?こんなのが起こったら怖い…!と戦慄してしまう系統。
    一番怖かったのは、くだもの頭のお話…。
    最後にうわあああ、ってなってしまった。

  • ファンタジー風の小説かな。すこし不思議な町(島?)とすこし不思議な人達が出てくるお話。そこはかとなくホラーテイストも。

  • ファンタジー風の小説かな。すこし不思議な町(島?)とすこし不思議な人達が出てくるお話。そこはかとなくホラーテイストも。

  • トロンバス島という島国を舞台にしており異国感漂う作品です。これまで読んだ恒川氏の本は、和を感じる作品が多かったので新鮮でした。

    まどろみのティユルさんで、「雷の季節の終わりに」に出てくる地名が出てきて思わずニヤリとしました。

  • 赤い実は食べて良いが白い実はダメ。
    聖書がモチーフなんでしょうね。
    まどろみのティユルさんが一番好きだった。

  • 『夜市』で好きになった恒川光太郎。

    夜市ほどではないけれど、
    全7章が少しずつ違った感じでこれも面白いです。
    不思議な南の島の、色々な出来事です。

  • 大好きな大好きな恒川さん。短編連作7編。
    現実の延長に当たり前のように不思議な世界が存在して、なんとも言えない独特の空気。沖縄がモチーフなのかな?なんとなく。全体的にどこか物悲しい雰囲気につつまれていて、でも暖かい。とても恒川さんらしい作品。
    内容としては「紫焔樹の島」が好きだな。「まどろみのティユルさん」はタイトルが秀逸。

全168件中 41 - 50件を表示

著者プロフィール

1973年東京都生まれ。2005年、『夜市』で日本ホラー小説大賞を受賞しデビュー。同作で直木賞候補に。14年、『金色機械』で日本推理作家協会賞を受賞。著書に『雷の季節の終わりに』『秋の牢獄』『南の子供が夜いくところ』『竜が最後に帰る場所』『金色の獣、彼方へ』『南の子供が夜いくところ 』『スタープレイヤー』『ヘヴンメイカー』などがある。

「2019年 『白昼夢の森の少女』 で使われていた紹介文から引用しています。」

南の子供が夜いくところのその他の作品

恒川光太郎の作品

ツイートする