パロール・ジュレと紙屑の都

著者 :
  • 角川書店(角川グループパブリッシング)
3.79
  • (22)
  • (38)
  • (29)
  • (5)
  • (1)
本棚登録 : 494
レビュー : 48
  • Amazon.co.jp ・本 (396ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784048740432

作品紹介・あらすじ

紙魚となって時空を超え書物を渡り歩く諜報員・フィッシュ、彼を追う刑事・ロイド、凍った言葉を解く4人の"解凍士"、秘密を握っていると思しき水晶の眼の女・レン-凍った言葉をめぐるマジカル・ファンタジー。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • なかなか読みやすかった。吉田篤弘の魅力といえば一番は文章の美しさでしょう。それから発想。
    奇抜といえば奇抜なんだけれども、奇をてらってるわけじゃなくて日常の素朴な気づきからのストーリー。
    この人の普段の頭の中のぞいてみたい。
    しかしパロール・ジュレ、ひとつだけ宝物みたいに持っていたいなぁ。儚い薄氷と言の葉を重ねる感性が好き。

  • 2014 3/5

  • 「彼はたったいま書物の頁から抜け出てきた。これは比喩ではなく。」
    書きだしの1行でこの物語に首ったけになりました。

    主人公の「十一番目のフィッシュ」は、言葉が凍りつく神秘を解き明かす任務を負い、本の中を転々としています。

    物語の中の凍った言葉を「解凍」したら、どんな声が聞こえてくるのでしょう。

    登場人物たちは、時がゆっくりと流れる国のある町で、
    独りを大事にしがら、他の人との交わりを求めていて、
    言葉を交わすわりには核心を言葉にせず、
    それでいて共通に大切にしているものがあります。

    短い章で様々な登場人物の視点から「パロール・ジュレ」(凍った言葉)が語られ、章が進むにつれ、丹念に物語が紡がれ、やがて全容がくっきりと浮き彫りになります。

    それでも、この物語は決してすべてを言葉で語り尽くしません。
    彼らが大切にしているものを、私たち読み手も共有できたらしめたもの。

  • あらすじを読んだときから心をがっちりと掴まれてしまって、どうしても読みたかった本。まず、発想が素敵。無国籍感もたまらなかったです。<十一番目のフィッシュ>や<解凍士><移動写真師><血管路地街>などのワードにいちいち心惹かれます。<幻影ビアホール>がかなりツボ。鮭皮のベストに黒ビールとスモーク・サーモン!献立に悩む場面も良かったです。ああ。最後は、少しうるうるきました。感想がうまく書けない。

  • 別離により分断された国の中にある、小さな北の街キノフ。
    そこでは言葉が凍り付き、パロール・ジュレと呼ばれる物質になるという。
    そんな不思議な現象を探る為にキノフに派遣された諜報員、十一番目のフィッシュ。
    彼は紙魚であり、本の中を自在に泳ぎ回る事ができ、また本の中の人物に変貌することができた。

    そんな彼をはじめとし、パロール・ジュレに魅せられた人間達の物語です。
    フィッシュを追う刑事ロイドの思惑や孤独。
    水晶の目を持つ謎の女レンが漂わせる秘密や怪しさ。
    パロール・ジュレを解凍し、凍り付いた言葉を拾い上げる解凍師たちの誠実さや孤独感。
    キノフに住まう人々の雑多な感情。
    それらがいかにも思わせ振りで謎めいています。
    ドキドキするような謎ではなく、じんわりと不思議だなあと首を傾げたくなるような。
    魔法めいた事柄のなかに謎がありゆっくりと紐解かれていきます。
    ファンタジーのような世界観ですが妙に現実的です。

    フィッシュの淡々とした語り口は、そのままキノフの淡々とした、少し冷たく、雑多で、優しい雰囲気に上手く溶け込んでいくように思えます。
    街の中に流れる時間は美しく優しく寂しいです。永遠にそうなのではないかと、勘違いしたくなるほどに。
    人々が凍結した言葉を解凍したときに、世界はかわるのでしょうか。


    最後の最後、やっと辿り着いた結末にじんわりしました。
    凄く好きな本です。
    雑多で汚らしいものと美しいものが混在している世界なのに、穏やかで冷たい美しい雰囲気がたまりません。

  • 「パロール・ジュレ」という言葉が美しい。
    自分があまり読まないジャンルだけれど、すぐ物語に引き込まれた。

  • 本のなかを旅するような夢をみているようなはなし。

    C0093

  • 言葉さえも凍ることがある北の国にあるキノフ。その街を舞台に凍った言葉の秘密をめぐって、紙魚と呼ばれる諜報員、刑事、言葉の解凍司、売春宿の女主人らが暗躍する物語。

    さすがの吉田篤弘ブランド、世界感は独特でそこに入りこんでしまえば、物語はグイグイと進む。物語世界に入り込んで楽しんでいるうちはいいのだが、本作においては少々ミステリー要素もあり、クライマックスを楽しむには人物相関図をある程度正確に把握しておかないといけないのだが。

    その人物相関図が複雑で、どっかに載っけて欲しいくらいなんだけど、掲載してしまうとネタバレになりかねないしというジレンマ。頭の弱さがツラかったぁ。もうちょいアホにも分かるように書いてくれればと、持たざる者の苦情というか弱音を吐いてしまいそう。

    ラストの美しさも、俺がもうちょい明快に物語を把握してたらひとしおだったろうに、と星一つ減は自分の無力の責任なんだけどもなぁ。

  • ユーモラスな語り口ではじまった物語は思いもかけないさみしさ、やるせなさを伴って幕を閉じる。
    触れられそうな親しみがあったはずのストーリーが「離別」以前のことが明かされる(解凍される)とともにひんやりとした手触りの、壁を隔てたものに変わっていくよう。
    一瞬の言葉が凍結し結晶化されるうつくしさ、義眼の中にかつて恋したひとのジュレをしまいこんでいたレン、その義眼に魅せられてロイドとともにジュレの神秘を守っていた写真家。タトイをはじめとした解凍士たち、レストランのコックなど、キャラクターの造形がとても印象的。
    綿密に構築された世界は寒色の中にきらきらしさを内包していて、ついつい立ち止まっては一文を何度も眺めてしまう。
    紙魚になれないわたしたちは何者に変貌することもできず、自分という視界で分厚いクッションを挟んだ状態で物語と向かい合うことになる。それでも、物語の中を存分に泳ぎ回るような素晴らしい時間を過ごすことができました。
    優しいけれどどこか厳かな、何度も読み返したくなる小説。

  • 「自分」というのは何なのか。人が知っている自分と、自分自身が「自分だ」と思っている自分と。
    誰かに伝えたとしても、伝わっていないとしても、一人で呟いたものだったとしても、言葉がぽっかり浮かんで残るイメージがある時が確かにあって、「コトバが凍る」というのはなんというかとてもしっくりくる。最近は、こうやってインターネットにどれだけでも言葉を吐き出すことができるけれど、だからこそあらゆる人のコトバが氾濫していてそれをしっかり「解凍」することってあまり出来ていないなあと感じた。
    少し間をあけて、もう一度読みたい。

  • 吉田さんの作品が好きで、他にも読みたいなーと本屋漁りをしてて表紙に一目ぼれ。
    や、他作品もたまらないくらい装丁いいんですけどもね!

    なんといいますか、設定もさることながら世界観の描写がとんでもなく綺麗です。
    キラキラ、というよりかは、鉱石からちらっと見える原石の輝きというか。分かりにくいですね!
    長いお話ですが、じっくりじっくり読むのがいいと思います。
    宮沢賢治系の、きらっとしたファンタジーというか。
    好きでした。

  • 紙の中に入り込み行き来できる主人公。
    何回か挑戦したが途中で挫折し完読できない。
    独特の文章のリズムが合わないようだ。

  • ずっしりと重量感のある一冊。
    少しでも先を急ぐと話が見えなくなるので、一文一文が大切で、いい本でした。
    やっぱり、いいな、吉田篤弘。

  • 文章がじつに美しい。しかし、空想の中の妄想に、気づけば自分が紙魚になっていることも。注意が必要。

  • 「これは比喩ではなく」と「これは比喩である。」の連続にとても混乱した一冊。
    ファンタジーだからそもそもこの世の話ではない本の世界の話なんだけれども、その本の世界を表現する比喩とさらに主人公目線の比喩といろいろ混ざって、よく分からない内容。
    誰の目線で書いているのかハッキリ分からない内容だけど、
    物語の最後の方に主人公(紙魚)が「(紙魚の能力の、書物の人物と同化する能力を使いすぎたため)自分も何が本当が良く分からない」と、言う場面が出てくる。
    最後まで読んでみて、もしかしたら。。
    難解な文章は、何が本当なのか分からなくさせて、読者の混乱とをフィッシュの混乱でフィッシュと読者を同化させようとする作者の術中だったのではないのか???
    なんて思っています。もしそうだったら、本の可能性を広げるとても面白い作品だと思います。

  • 短編かと思ったら短編ではなかったといぅ・・・
    でも長編かと言うと弱冠短編チックな感じもしつつ・・・

    でもコレは長編です。

    言葉が凍り結晶になるパロール・ジュレの秘密を探るため
    キノフの街に潜入した諜報員:11番目のフィッシュのお話し。
    キノフで出会うジュレの解凍師や、水晶の瞳を持つ少女レン、
    その少女を探す写真家など個性豊かなキャラがたくさん出ます。
    街もとても不思議な様相を呈していて屋上が森になっている
    雨漏りが止まらないアパートに一度は行ってみたい・・・

  • 【キノフという町では、言葉が凍りついてパロール・ジュレと呼ばれる結晶になるという…。その神秘を古書の紙魚となって追究する諜報員、謎を追う刑事、言葉の解凍士。言葉を巡る壮大なマジカルファンタジー。】

  • 小川洋子さんの世界観が好きな人は、このお話の世界も好きなんじゃないかな?と思う。吉田作品の中では、スープに続いて好きなお話。

  • 言葉あそびのお伽話。

    あまりにも素敵なタイトルと装丁だったから、
    内容は期待してなかったんだけど、
    予想していたより面白かった。よかった!

    …キノフという街では、人が発した言葉が結晶して凍りつくという。
    それが〈パロール・ジュレ〉。
    フランス語で〈凍った言葉〉。
    その奇怪な現象を解明すべく、十一番目のフィッシュは諜報活動を命じられる…

    中盤、フィッシュが烏口職人へ変貌したあたりから、わくわく度合いが増してくる。

    キノフのイメージはハンガリー。
    ハンガリーについてよく知らないけど。

  • 渇いた街 渇いた人々 その隙間に忍び込む紙魚 誰かからこぼれおちた言葉 謎めいた路地で、目指すべき場所を予感し、それでも迷いながら歩く人々。
    紙のかさつく音、手にざらつく触感、古びた匂い。そうしたものの向こうから密かに伝わってくる登場人物たちの呟きをそっと拾う。静かな夜に読みたい不思議な物語でした。

  • パロール・ジュレ。凍った言葉。美しいヒミツを解く素敵な物語。

  • 買って最初の印象。
    厚い!
    いやーうわっ、これはけっこーすごいなあっと思いつつ読んだけど、
    相変わらずちりばめられた言葉が素敵~。
    もうめっちゃツボです。
    ちょっとづつ毎日楽しく読ませてもらいました。
    なので読み終わるのに一カ月以上かかった。うーん私にしては珍しい。

    ただココノツがでてきたあたりからちょっと雲行きが怪しい、とゆーか
    微妙にわけわかんなくなったりならなかったり、
    おはなしの着地点が、私としてはいまひとつ、かな。
    かといって他にどこに行きたかった、とゆーのはないのだけれど。
    うん、でも好きです。

    音ちゃんシリーズの続き、書いてほしいなあ。

  • ペースが出てくるまで大変,読みにくい~別離後の世界で噂になっている凍る言葉・パロール・ジュレの謎を探るべく,本の中に潜り込める特集能力を持つフィッシュはキノフに潜入した。タクシードライバーからヒントを得,薬種商・カジバと呼ばれる男と辿り,移動写真家からは水晶の眼を持つ女性の話を仕入れる。自分を見張る眼に気が付いて,古書肆で手に入れた烏口職人の記録に入り込み,その人生を手に入れる。ロイドは町の刑事で解凍士4人と定期的に会合を持っている。デムズ爆発事件の被害者の意識は永遠に続く地下通路のビアホールで鮭皮のチョッキを着てスモークサーモンを口に入れる時に甦ってきた。2度目に訪れたホールのウェイトレスは水晶の瞳を持つアマンダンのレンという女性を一緒に追おうと誘われる。ウェイトレスはココノツという名で娼館の在処を知っているという。ロイドは某国から潜入してくるフィッシュ達を密かに尊重しており,手の者を使って巧く誘導し,パロール・ジュレの神秘を神秘として保持することに腐心しているのだが,ココノツはレンの手に落ちて,コントロールを失ったかも知れない。血管地下街で明かされたココノツの正体は,第七番目のフィッシュであった。終わりにしよう・と喋り出したココノツは,レンの本名がヘレンで,幼馴染みで恋人のアルフレッドこそが最初に言葉を凍らした人物で,それ故に命を狙われ,片眼を失ったヘレンが入れている義眼はアルフレッドの凍らせた言葉を樹脂で固めたもので,最近肺病で亡くなって手許に持っているのだ明かした。アルフレッドとは刑事として戻ってきたロイドである~こんな不思議な本があったらいいなあという思いが込められているのだろう。本を構成するのは紙と文字と汚れ・破れと紙魚。本好きは紙魚になるのが最後の夢か,人が作らないような本をプロデュースすることが目下の仕事ということかな。読みにくい本であって,ギブアップ直前まで行ったときに,読む本がなくなって仕方なく読むことができた。返さなくて良かった。頑張って読んだ自分に☆4つ

  • 分厚い。読みにくさは同著の「圏外へ」に匹敵(笑)。諜報員とそれを追う刑事。それぞれの思惑。フィッシュの特殊能力が面白い。本から登場人物へ。人から本へ。凍る言葉の謎。視点は移り変り、自らも潜航する紙魚のごとく読む。押し潰されてしまわないように。ココノツが現れてから生臭さが出てちょっと勢いついてきた感じ。烏口職人への接触、同調の描写が結構好きだった。ココノツの再生の描写も。

  • うーん。読み進めるのに時間がかかっちゃうなぁ…

  • 長い~
    ストーリーや全体の雰囲気もそんなにだった
    好きなシーンなし。好きな人物なし。
    スープとかつむじ風ののほほんがあんまりなくて残念だ。

    ただ紙魚はいい。紙魚はいいよ。

  • 2011年4月18日読了。
    昨年発売された吉田篤弘氏の最新作。
    ここ数作品の傾向として、心を無にしてかからないと入り込めないものが増えてきたように感じます。
    ファンタジーとしても、かなり突飛でやっとついて行っている、という感じ。
    だけどこの人の文章、たまらなく好きなんですよね。フワフワっとしていて、とても優しい。それだけで☆3つの価値あり、です。

  • ハードボイルド風ファンタジー。
    言葉が結晶化する現象も、それを解凍する職業も素敵だ。

  • 2011.01.21. 少しずつ読み終わった。イメージの話のよう。

  • 小さなささやきが凍って、コイン状の塊になる現象。
    不思議な不思議なパロール・ジュレ(凍った言葉)。
    その存在を知ったとある機関が、本を渡り歩く諜報員・フィッシュを北の街・キノフに派遣する。
    フィッシュが探る、凍った言葉の秘密とは?
    キノフで出会う、謎めいた人物たちの正体は?

    読み始めてすぐに、『極上掌編小説』を思い出しました。
    この本に載っていた吉田さんの作品に、解凍士と凍った言葉が登場していたんですよね。
    タイトル通り、とても極上な作品だったので、よく覚えていました。
    今回読んだこの作品は、その凍った言葉・パロール・ジュレの秘密に迫る内容だったので、実際のところ、秘密は秘密のままにするべく読まない方がいいのか・・・?と悩んだりもしたのですが。
    やっぱり読んじゃいました。
    美しい秘密の、あっと驚く真実。
    それを確かめたい方は、そっとこの本のページをめくるとよいですよ。

全48件中 1 - 30件を表示

著者プロフィール

吉田篤弘

1962年東京生まれ。小説を執筆するかたわら、「クラフト・エヴィング商會」名義による著作と装幀の仕事を続けている。2001年講談社出版文化賞・ブックデザイン賞受賞。『つむじ風食堂の夜』『それからはスープのことばかり考えて暮らした』『レインコートを着た犬』『金曜日の本』『京都で考えた』『あること、ないこと』など著書多数。

「2019年 『天使も怪物も眠る夜』 で使われていた紹介文から引用しています。」

吉田篤弘の作品

パロール・ジュレと紙屑の都を本棚に登録しているひと

ツイートする