ペンギン・ハイウェイ

著者 :
制作 : くまおり 純 
  • 角川書店(角川グループパブリッシング)
3.89
  • (895)
  • (1110)
  • (783)
  • (168)
  • (36)
本棚登録 : 7844
レビュー : 1263
  • Amazon.co.jp ・本 (348ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784048740630

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • もりみーがSFを書くと、こんな感じになります。

    いつも、京都に住む苦学生のほろ苦い青春話ばかりなのに、
    今回は小学生が主人公。
    しかもクソ生意気で理屈っぽい男の子。
    この主人公アオヤマ君の言い回しが、ですます調なのに、いつものもりみー節(笑)
    そんなアオヤマ君と仲間たちによる様々な疑問を検証する話です。

    いきなり現れたペンギンたち。
    そして街に起こる様々な現象。
    淡い恋心を抱いていたお姉さんの不思議。
    ・・・etc

    物語の終盤は、ものすごく寂しい気持ちになります。
    クスッと笑えて、胸がキュンとするお話でした。

  • 不思議ワールド。

    だけど、小学4年生の少年がとてもいい感じです。
    「ぼくは、かしこいので、」と言って冷静な少年です。少年の口調で書かれていて、なんだかほほえましいです。

    ペンギンっていうのも、かわいくて良かったかな。

  • やや理屈ぽい科学少年の淡く切ない初恋の話。

    『僕らの暮らす郊外の町にある日突然、ペンギンが現れた。
    どうやらそれには歯科医院で働くお姉さんが関係してるらしい。
    僕の研究でこの謎を解き明かしてみせる。』

    小学生の悩みとか、学校での友達とのやりとりとか、父親への尊敬とか、淡い淡い恋心とか。
    ラスト数ページは鼻がつーんとします。

  • 請求番号:913.6/Mor
    資料ID: 50057020
    配架場所:図書館1階 テーマ展示コーナー

    【感想文 by K.O】
    この本の読了後、すさまじい虚無感におそわれた。それほどまでにインパクトが強い小説だった。この本は小学四年生の少年が主人公で一人称視点で語られるので少年時代がなつかしく感じられた。彼は好奇心旺盛な若者であるが、それゆえに誰も知りえなかった情報も知ってしまい何でもない少年の日常が非日常へシフトしてしまう。最後の少年の一言を読んでしまったら最後、一生この物語を忘れることができない。

  • 妹に誕生日プレゼントとしてもらった本。海辺のカフェでの主人公とお父さんの会話が好き。ラストがちょっと切ない。森見登美彦さんの本の中では1、2を争うくらいお気に入り。

  • お姉さんはペンギンを作る。ぼくたちは探検をする。 そんなお話、とても不思議なお話。

    目次の前の銀色のページにうっとり。 ほくほくほっこりとしたあったかい気持ちもなり、きゅうと切なくもなった。アオヤマくんのお父さんが素敵。大人になったら、問題を提示してはもらえなくなる。問題は何なのかを自分で探さなければならない。
    おっぱいケーキは、ふわふわスフレのようなものだろうか。おいしそう。優しい甘さなんだろうな。

    好き嫌いがわかれそうなお話だけど、わたしは好き。 最後の文章が、ゆるゆると涙腺を刺激する。

  • ファンタジー色の強い小学四年生の男の子の成長の物語。主人公の少年の世界が広がっていく様がとても楽しかったです。森見さん、懐が深い。有川浩さんの空の中を連想しました。

  • ジャバウォックが怖かった。自分が小学生だったとき、公園の横の真っ暗な水路を這いつくばって抜けて、全然知らない校区外の通りに出れたときの、ドキドキと不安の入り交じった気持ちを思い出した。

  • 本屋で表紙と帯にひかれて読んだけれど、思っていたのとは全然違った。正直、子供の語り的な文章は苦手。結局ファンタジー?よくわからなかった。

  • ぼろぼろ泣いた。
    森見先生の本で泣いたのはじめてだった
    別に、せつない恋に泣いたわけじゃなくて、自分には理解できない、世界の真理みたいなものが本の中に渦巻いていてすごく怖かった。
    怖くて泣いたんだと思う。
    だけど、モチーフ的にはペンギンであったり小学生の男の子と美人のおねえさん、とかわいくて優しいものばかりだから、読んでいて全く苦痛はなかった。

    せっかくハードカバーで発売日に買ったのに、一回も読み返していない。
    泣きながら読んで気づいたら夜が明けていた、あの感覚が強烈で新鮮で気持ちよかったから、それが読み返すことで薄れるのが怖い。

全1263件中 51 - 60件を表示

著者プロフィール

森見登美彦(もりみ とみひこ)
1979年奈良県生まれの作家で、京都を舞台にした作品が多い。京都大学農学部卒、同大学院農学研究科修士課程修了。2003年、『太陽の塔』で日本ファンタジーノベル大賞を受賞しデビュー。2006年に『夜は短し歩けよ乙女』で本屋大賞2位、山本周五郎賞などを受賞し注目を集める。2010年『ペンギン・ハイウェイ』で2010年日本SF大賞、2014年『聖なる怠け者の冒険』で第2回京都本大賞、2017年『夜行』で第7回広島本大賞をそれぞれ受賞。2010年に『四畳半神話大系』がTVアニメ化、2018年8月に『ペンギン・ハイウェイ』が劇場アニメ化された。2018年11月に『熱帯』を刊行し、第160回直木賞、2019年本屋大賞にノミネートし、第六回高校生直木賞受賞。

ペンギン・ハイウェイのその他の作品

森見登美彦の作品

ツイートする