男嫌いの姉と妹 町医北村宗哲

著者 : 佐藤雅美
制作 : 宇野 信哉 
  • 角川書店(角川グループパブリッシング) (2010年12月23日発売)
3.22
  • (0)
  • (8)
  • (8)
  • (0)
  • (2)
  • 42人登録
  • 11レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (334ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784048741552

男嫌いの姉と妹 町医北村宗哲の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • マンネリですけど何か問題でも。

  • 面白かった。。。

    けど,青龍松の引退のきっかけだけは…どうしても納得できない。

  • 今回のサブ主人公は仙台伊達家浪人長井半四郎。世が世ならば城持ちの家系。ハッピーエンドなお話であった。挿画は宇野信哉さん。最近多い。

  • この作者の文は歯切れが良く、テンポが軽快で何時読んでも楽しめる。
    この本棚には登録していないが相当数読んでいる。重ねて読む無駄を省くためこの本棚を利用する事にした。

  • 安心して楽しめる

    事件の背景もよく分かる。
    解決がやたらとスピーディーだったりするけど。


    2011/12/17図書館から借用;2011/12/25読了

  • 1/13/11図書館

  • 無駄の無い軽快な語り口は、当然ながら前作と変わらないところ。
    ユーモアを交えたホロリ・わくわくの人情話しは時間の経つのを忘れて読み続けさせる。

  • 佐藤雅美先生の作品は久しぶりでした♪「北村宗哲」シリーズは成り行きで結構間尺に合わない目にもあうのですが、最近は上手く距離をとって被害をこうむらないようにしてますね~
    闇の世界にも顔が利き、実生活では腕利きの町医者でかつ、権威筋とも親密となれば万能じゃあないでしょうか!
    さて、相変わらず一つ一つの別の人物による物語が、段々とかかわりあいながら全体の流れが進んでいく
    また、この物語に深いドラマや着想がふんだんに盛り込んであるなんとも贅沢なものです

    読むべし!

  • 今回は長井半四郎なる、気持のよい若い男に話が絡んでいく。読んでて飽きさせないのはさすがだった。

  • 本屋で最初にこの本を見たとき、何てタイトルだ、と思いましたが、表題作はそのとき思った以上に、何だこの話は…と目が点になりました。この姉妹怖すぎる。
    これはシリーズ一段落なのかな。

全11件中 1 - 10件を表示

男嫌いの姉と妹 町医北村宗哲のその他の作品

佐藤雅美の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有川 浩
池井戸 潤
有川 浩
和田 竜
佐藤 雅美
三浦 しをん
宮部 みゆき
有効な右矢印 無効な右矢印

男嫌いの姉と妹 町医北村宗哲はこんな本です

ツイートする