カルテット3 指揮官

著者 :
  • 角川書店(角川グループパブリッシング)
2.94
  • (3)
  • (8)
  • (35)
  • (14)
  • (2)
  • 本棚登録 :156
  • レビュー :33
  • Amazon.co.jp ・本 (198ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784048741583

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 任務ではなく、3人は行動していた。薬物中毒者のリハビリ施設で大量殺戮が起こる。凶器となったのはタケルの家族を殺したグルカナイフだった。カスミの父親は一体…

  • 面白かった。

  • シリーズ3作目。
    カスミの謎が明らかになってきて興味深かった。
    ストーリーとしては普通。
    タケルの短絡的・激情的な行動を阿呆らしく腹立たしい。
    (図書館)

  • 2011年読了

  • 26.2.13

  • 随分間が空いてしまった大沢氏の作品。

    今回は物語の核心に迫る巻。まさしく3巻目にして「転」の部分に来たというか。主にカスミの身辺が明かされていく巻だった。まさかカスミの父親がああいう人だったとは…これは次がどう展開していくのか楽しみ。

  • 2012年7月

  • 仕事と関係なく、つれてこられた場所で明かされる
    彼女の背後と、色々な関係。
    動は離れ、静はそこにとどまって。

    一体自分の感情をどうするべきか、と3人3様で悩んでいますが
    男2人に女1人だと、どうしてそれが発生するのか…。
    発生したほうが、確実に話の内容としてはどろっとするか
    すがすがしく進むか…ですが、確実に後者っぽいですが。

    一時の感情で事を起こすと、後で後悔する、と
    ようやく気がついたようですし。
    かと言って、そこからどうなるのかが分かりませんが。
    地味~に話が進んでいますが、どこまでなんでしょう、これ?

  • 一気通貫(巻)に読了!

  • 7

全33件中 1 - 10件を表示

大沢在昌の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ツイートする