からまる

著者 :
  • 角川書店(角川グループパブリッシング)
3.72
  • (28)
  • (72)
  • (51)
  • (11)
  • (0)
本棚登録 : 353
レビュー : 70
  • Amazon.co.jp ・本 (273ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784048741736

作品紹介・あらすじ

もがき迷いながら"いま"を生きる7人の男女たちが一筋の光を求めて歩き出す-。視点が切り替わるごとに、それぞれが抱える苦悩や喜び悲しみが深まってくる。からまりあう男女を描いた、7つの連作集。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 表題と表紙の通り、見事に絡まり合った人間模様。
    自分で自分を追い込み一人で捻れてがんじがらめになった、不器用な男女7名の連作短編。

    付き合い下手で感情を表にさらけ出すことが苦手。
    だからつい感情を抑えて自分の内面を誤魔化して笑ってしまう…そういう時って私もあるある、と共感した。
    そしてこの不器用さがとても愛しく思えた。
    悩める7名が自分の中で、各々の納得のいく答えを見つけていくラストの爽快感がたまらない。
    私も華奈子のように情熱的なフラメンコを踊りたくなった。
    千早さんのこの手の連作短編はとても好き。

  • 連作短編。

    地方公務員武生と彼が拾った女の話…まいまい
    派遣社員田村は、武生を想う…ゆらゆら
    武生の上司と、妻の浮気相手の娘の話…からまる
    武生の姉と、バイト先の客篠田の話…あししげく
    金魚を殺しちゃった小学生蒼真の話…ほしつぶ
    田村の友人、蒼真の家庭教師華奈子の過去…うみのはな
    総合病院の女医葛月と患者の大原さんの話…ひかりを

    見事にからまっています。笑
    つかみどころのない各主人公たち。
    でも、話はとてもきれいで、好感が持てる。
    男性は、ゆるっとしたタイプが多く、女性は、気が強く、自分で生きていこうとするタイプが多かったかな?
    (田村はちょっと違ったけれど)

    初読みの作家さん。
    とっても気になりました。
    他の本も読んでみたいです。

  • 読み始めたら、想像していた以上に惹きつけられました。連作短編集。複雑に登場人物が重なりあい、時間軸も絡まりあっていた感じでした。短編自体は、登場人物の抱えている心の闇のようなものを軽くする話が多かったです。筒井と蝸牛をペットとしている女性の話が一番印象的でした。「まいまい」と「ひかりを」が好きでした。

  • ひととひとって目には見えないけど複雑に絡まりあってる。年齢も性別も違う7人が複雑に絡まりあう短編集。うまく感想を書けないけど、心地良い文体で非常に読みやすくすらすらっと読めた。華奈子が好き。2012/019

  •   主人公の天窓のあるベッドルームにやってくる女性。空を見ながら横になれるうれしさがよくわかる。彼女の生死と向き合う難しい姿勢は前半で描かれた
    ものからすると意外なものだった。
     
     ふたりの再会のシーンがとてもいい。

     何に対してもどうでもよくて、深くかかわりたくないと思いながら生きてきた男性が、
    その女性に再会することで変わったところに心がじんわりする。
    そこは他の人の語りだけで、直接のシーンがなかったのが残念。
     

  • 「君も学校や社会の中の無数の人間のひとりだ。もちろん、私も。この広い砂浜の砂のひとつぶみたいなものだよ。わかるはずがないんだよ、私たちには。自分がどうなるかも、自分が何であるかも。だから、私たちは祈るしかない。命が大切であって欲しいと願うしかない。でもね、君はこうして星の砂に出会えた。きれいだって思えただろう。小さな痛みも死も知ることができた。今はまだ何が正しいかわからなくても、君の胸は痛んだ。それが大切なのだと、私は思うよ」
    (P.188)

     花は咲く。人は踊る。たとえそこに歪んだ想いがあったとしても、偽の美しさだとしても、偶然、誰かの心を癒すこともあるかもしれない。
     これからもわたしは鮮やかに笑って、踊り続けるのだろう。誰よりも優雅に。
     わたしはそんなわたしが好きなのだから。
    (P.231)

  • 角度が、立場が変わると全然違って見えてくる。当たり前なのに、日々の中ではなかなか気づけない事。客観的に見せてもらって色々な事に気付く。
    実際自分が置かれる状況ではなかなか出来ないかもしれないけど、せめて違う角度があるという想像力だけは失わないようにしたい。

    人生のステージ的なものが一緒なのか、おじさんの章に一番揺さぶられた。

  • 人はどうしたって誰かと関わらずには生きていけないし、誰かを必要とすることに煩わしさを感じながらも、誰かに必要とされたいとも思うんだよね。

    っていう青臭いことを久しぶりにシミジミ思いました←
    最近プライベートで思うことあった人が言いがちなセリフですね←←

    でもそのめんどくささは、愛おしさの裏返しなんですよね。

    察してくれい(切実

  • 7人の男女の視点で語られる7つの物語。7つの話が緩やかに繋がっている。視点が変わると、同じ人が違う輝きを見せる。自分の生き方に悩み、苦しんでいる主人公たちが、人との関わりの中で本当の気持ちに気づく。自分はどうしたいのか、どうしてほしいのか・・・。勇気をもって踏み出した小さな一歩が彼らの「いま」を変える。
    他者から見るとお気楽に生きているように見える者も、自分が主人公になったとき、皆それぞれの事情を抱え、悩みながらもがきながら生きていることに気づいて愛おしくなる。
    「動くから生き物なんじゃなくて、どんなかたちでも生きるから生き物なのだ」すべての生あるものの命を肯定する祈りのような作品だった。

  • --もがき迷いながら〝いま〟を生きる
             7人の男女たちが一筋の光を求めて歩きだす--

    ♣ まいまい
     公務員の武生の部屋には野良猫みたいな女がやって来る…。

    ♣ ゆらゆらと
     あたし、田村はいつも男に軽く扱われる。
     落ち込んだ時、いつも話を聞いてくれる華奈子に会う…。

    ♣ からまる
     腹が立っても不満を言えない。
     自分がぶちまけてしまった残骸を見るのが苦手
     妻が不倫をしたという…。

    ♣ あししげく
     息子の誕生日のケーキを用意しながら、彼を授かった頃の事を思い出す…。

    ♣ ほしつぶ
     教室の金魚を殺してしまった理由を話せない僕・蒼真
     旅先の海岸で老人と会い星の砂を貰う…。

    ♣ うみのはな
     あの男には近寄って欲しくない!
     実家に帰る時、真っ赤なマニュキュアで武装する私・華奈子…。

    ♣ ひかりを
     女医である私・葛月は、一人の老人が座っているのを見掛ける
     その老人は大原という名で、病院では有名だった…。

    七編からなる連作短編集
    第一話の主人公武生から、関係のある人が七話でゆるゆると紡がれてゆく。
    物語の語り手が、話ごとに移り変わってゆく。
    自分で思っている自分と、他人から見た姿がそれぞれ異なって見える。
    心の中でこんなにも足掻いていたのかと…。

    自分は孤独でいいのだ。人と深く関わるのは面倒と思っていても、
    やはり人は一人では生きて行けない。
    誰かに寄り添いたい…。
    皆、どこかで絡まってるし、どこかで絡まる相手を求めている。

    誰もがきっと、しっかり向き合うと自分自身が壊れてしまいそうな事を抱えてる。
    普段は蓋をしたり、見て見ぬ振りが出来ていても
    ふとした瞬間、それらは滲み出てやられてしまう。
    自分の脆さや弱さをスルスルと描写していた。

    皆が、少しだけ光に向かって行った。

全70件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

作家

「2017年 『人形たちの白昼夢』 で使われていた紹介文から引用しています。」

からまるのその他の作品

からまる (角川文庫) Kindle版 からまる (角川文庫) 千早茜

千早茜の作品

からまるを本棚に登録しているひと

ツイートする