本日は大安なり

著者 :
  • 角川書店(角川グループパブリッシング)
3.97
  • (539)
  • (987)
  • (478)
  • (47)
  • (8)
本棚登録 : 5067
感想 : 821
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・本 (332ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784048741743

作品紹介・あらすじ

一世一代のたくらみを胸に秘める美人双子姉妹、クレーマー新婦に振り回されっぱなしのウェディングプランナー、大好きな叔母の結婚にフクザツな心境の男子小学生、誰にも言えない重大な秘密を抱えたまま当日を迎えてしまった新郎。憧れの高級結婚式場で、同日に行われる4つの結婚式。それぞれの思惑と事情が臨界点に達した、そのとき-。世界一幸せな一日を舞台にした、パニック・エンターテインメント長編の大傑作。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 自分の住む地域でもまん延防止措置の適用が始まりました
    通称まんぼう、そしてまんぼうといえば北杜夫先生の『どくとるマンボウ』です(関係ない)

    そのまんぼうによりまた図書館が閉館になってしまうのかとどきどきしていましたが、よく行く町の図書館は今回は時短と休日閉館ということになりました
    もともと夜勤明けの平日の朝一番で行ってますので全く影響ありません
    平日の朝は人も少ないので感染リスクも低いですしね

    というわけで無事『本日も開館なり』です

    さて『本日は大安なり』です

    4本の太さも色も違う糸がすうっと伸びていき一箇所でぎゅっとまとまったかと思うとまた4本に広がってふんわり絡まりあったら全然違う色の糸になる
    そんな物語でした。えー全く伝わらないであろう自覚あります

    よくある複数のストーリーがちょとづつ絡みあっていってそれぞれに結末を迎えという手法ですね
    しかも舞台は一同を簡単に集めやすい結婚式場でそれぞれの登場人物を掘り下げやすい結婚というイベントつきです

    よくある手法、よくある設定でよくある話にならないのがさすが辻村深月さんです
    そして優しく穏やかなラストに騙されてますが各ストーリーにしっかり毒がありこちらもさすがの辻村深月さんでした
    人間のある意味人間らしいちょっと醜い部分にもスポットを当てつつなんだかちょっと幸せな気持ちにさせられちゃう
    まだまだ辻村深月さんに騙されたい自分なのでした

  • ピアノを弾いて♪ と頼まれる中で、とりわけうれしいのは
    やっぱり、親戚や大切な友達の結婚式での演奏なのです。

    特に忘れられないのが、アニメ大好きな後輩に、キャンドルサービスのBGMを
    アニメソング尽くしでぜひ!と頼まれた時のこと。
    各テーブルを廻るのに予定より時間がかかった上に、
    最後のハート型のキャンドルになかなか灯が燈らない。
    準備していた曲は全部弾いてしまったので、彼女の好きなアニメを必死に思い出し
    即興でアレンジして弾きまくる私に、式場係の女性が目顔で送ってくれた励ましと
    「あとちょっと!」 「そろそろ弾き終えて大丈夫!」の合図が素晴らしくて。

    そんなことを懐かしく思い出しながら、
    ハプニングに見舞われても決して諦めず全力で対処し、
    晴れの日を温かく支えるウェディングプランナーの世界に惹きこまれました。

    双子の片割れとしてではなく、愛する人にだけは
    「世界にたったひとりの私」として見つめられたい、ややこしい花嫁。
    わがままでいつもケンカ腰、要望に沿うよう努力を惜しまないプランナーに対して
    感謝はおろか、自分がミスしても絶対に謝らない、クレーム魔の花嫁。
    大好きな叔母がいかにも怪しい相手に嫁ごうとしているのを
    なんとか阻止して守らなくては!と思いつめている小学生の男の子。
    愛する妻がいるのに、生来の調子の良さから、浮気相手と
    賑々しく結婚式を挙げる破目になり、当日になってぶち壊しを目論む花婿。

    何事においても成功まちがいなしのはずの大安吉日に押し寄せるハプニングの数々を
    登場人物の誰ひとりとして救いようのない悪者にはせず、
    心温まる解決に導く辻村さんの筆が鮮やかです!

    なぜだかツキに恵まれて、嫌なテストも学校に雷が落ちたことで免れてしまった過去とか
    評判のグラタンが生焼けだったりとか、あいかわらず伏線のさりげなさも絶妙で。

    「勘弁してよ」とつぶやきながら、「ややこしい子」を深い愛情で包む
    花婿の映一さんにきゅんきゅんしながら
    物語に関わった全ての人を祝福するように鳴り響くウェディングベルが
    本当に聞こえてくるような大団円に、歓びがこみ上げます。

    結婚式に夢を抱いていて、予算に余裕のあるカップルは
    日本経済のためにも、思う存分お金をかけて。
    ちょっぴり懐がさみしいカップルは、創意工夫で思い出に残るふたりだけの式を。
    そして、今、片想いに胸をこがしているひと、恋を失ったばかりのひとは
    いつか最愛の誰かと素敵な式があげられますように、と
    祈らずにいられなくなる物語でした。

    • まろんさん
      マリモさん☆

      最初はにこやかに弾いていたのですけれど、
      後半では青ざめて、キャンドルサービスの進行ぶりをちらちら気にしながら弾く私に
      いち...
      マリモさん☆

      最初はにこやかに弾いていたのですけれど、
      後半では青ざめて、キャンドルサービスの進行ぶりをちらちら気にしながら弾く私に
      いち早く気付いて、励ましの笑顔や絶妙な合図を送ってくれた
      式場係さんの頼もしかったこと!
      弾き終えたあと、うわ~ん!と飛びつきたくなる衝動を必死にこらえました(笑)

      そうそう、文体も展開も、作者名が伏せられていたら、
      辻村さんとは気づかないような雰囲気がありましたね。
      でも、登場人物の過去の些細なエピソードとか、
      結婚式場らしい、ごく当たり前の出来事として読み飛ばしてしまうようなところに
      周到な伏線を張っておいたり
      いちばんどうしようもない重婚騒ぎの花婿にも救いを用意するあたりが
      やっぱり辻村さんらしくて、やられた~!と思いました。
      「愛がある」だなんて書いていただいて、
      今月生まれの私にとっては素敵すぎるプレゼントをいただいた気分です♪
      マリモさんのコメント、娘に「見て見て見て!」と見せびらかしてしまいました(*'-')フフ♪
      2012/12/04
    • tiaraさん
      メッセージ頂きありがとうございました。

      結婚式のエピソードステキですね。
      この物語も心が温かくなって、わたしも好きです。

      すごく丁寧にレ...
      メッセージ頂きありがとうございました。

      結婚式のエピソードステキですね。
      この物語も心が温かくなって、わたしも好きです。

      すごく丁寧にレビューを書かれていて、本を愛しているんだなぁと。
      これからも楽しみに拝見させてもらいますね。
      2012/12/05
    • まろんさん
      tiaraさん☆

      こちらこそ、ありがとうございます。
      幸せな気持ちになれる本が大好きなので、
      この本はまさに理想そのもの♪
      読んだ後何日も...
      tiaraさん☆

      こちらこそ、ありがとうございます。
      幸せな気持ちになれる本が大好きなので、
      この本はまさに理想そのもの♪
      読んだ後何日も、頭の中でウェディングベルがリンゴンリンゴンと鳴っていました。
      tiaraさんのレビューも、わくわくしながら楽しみにお待ちしています(*'-')フフ♪
      2012/12/06
  • 大安吉日。
    一生に一度の一大イベント。
    そんなおめでたい日に不穏な空気が胸騒ぎを感じさせる。

    4組のカップルそれぞれの結婚式で巻き起こるハプニングにハラハラ。
    最後にはうまくまとめあげられた洗練されたエンターテイメント作品でした。

    結婚式に何度か出席したことがあり、やはり花嫁のドレス姿に憧れはある。
    しかし、現実的にそれほどの費用をかけてまですることなのかと疑問に思ってしまう。
    この本を通して結婚式の意義を考え直させられた。


    We can’t stop wishing them happiness when every couple gets married.
    They have to be happy.
    I wonder when I can find people whom I want to live with.

  • 先の展開が気になりすぎて、あっという間に読み終わりました。

    大安でも問題が起こる時は起こる!

    同時進行で進む、当日に結婚式を挙げる4組の新郎新婦のお話。
    特に、一卵性双生児のそっくり姉妹の加賀山妃美佳と鞠香のお話が
    お互いが嫉妬や執着などで拗らせすぎてて、人間味あって面白かったです。
    親でも騙せるくらいに似ている双子姉妹でも、すぐに結婚相手の妃美佳だと認識できる映一さんはただただ凄い…!

    ウエディングプランナーの山井さんの仕事に対するプライドがとてもカッコ良かったです。

    相手の考えてることなんて分からないんですよね。
    辻村深月さんってそういう細かいこと、すれ違いとか複雑な感情を書いてる多いイメージあります。
    それがなかなか面白いんですよね〜

    ハッピーエンド万歳!

  • 老舗結婚式場ホテル・アールマティ。

    大安の日、挙式予定のカップルが4組。

    美人双子の片割れ 加賀山妃美佳と眼鏡がクールな相馬映一。

    ギャル風でワガママな大崎玲奈と年の差婚の十倉氏。

    白雪姫になりたい薬剤師 白須りえと年下で頼りない東誠。

    軽薄なホスト顔の鈴木陸雄とその想い人。

    それぞれの画策や秘密に山井多香子や岬らプランナーまで巻き込み、無事式は進行されるのか!?

    ややこしく面倒くさい双子たちやどこまでも自己中心なギャル嫁に女たらしに……悪巧みの匂い。。

    途中ハラハラしたが、小気味良い展開で見事に辻村深月ワールドへ引き込まれる。2人が佳き日を迎えられるまでには本当にたくさんの人の想いやお金が動くんだなぁ…。その全てに応える意味でも新郎新婦は幸せになる責任がある。

  • 憧れの高級結婚式場で、同日に行われる四つの結婚式。それぞれの思惑と事情が臨界点に達したその時…

    四つのストーリーが複雑に絡み合う。人名や関係性や時系列が最初は混乱しましたが最後まで楽しく読めました。エンターテイメントって感じです。

  • さすがの辻村作品。一気読みしました。
    毒と優しさが程良く混ざり合って、全体としては、善を信じたくなるお話です。

    登場人物はみな多面的というか一筋縄ではいかないややこし系が多い中、相馬映一氏は突出した感ある。東マコト君はよくある、理解されないモッサリ男で、比較的理解できるような。

    連載時からは相当加筆されたのだろう、と思うくらい、映画的なカット割で、ドラマ版も見てみたくなった。

    結構式をドタキャンされた三田あすかさんだけは、不憫な役回りでした。。

  • ウエディングプランナーの多香子が勤めるホテルで行われる4つの結婚式にまつわるお話。

    11月のある大安の日に、4組のカップルが結婚式をとりおこなわれた。
    1組目は、双子の美人姉妹の妹と、眼鏡の奥の瞳に冷たい光がさす男性(どうやらずいぶんややこしい性格の持ち主らしい)の物語。
    この一卵性の双子である姉妹は、顔はそっくりなのだが、性格がずいぶん違うようだ。
    華やかで積極的、存在感があり仲間内の意思決定に常に関わる姉。
    子どもの頃のある日を境に、地味でおとなしく、姉に庇護される立場を甘んじて受け入れるしかなかった妹。
    どちらもこの立場を求めて落ち着いたわけでなく、そのようにふるまうことで絶妙なバランスを保ち、あたかもそれが正解であると生きてきた。
    誰よりも仲良く、太陽と月のように対となってどちらも決して欠けることなく、分かち難い2人。けれど、実際はそれぞれがお互いを強く意識し、自分が相手を出し抜き、自分こそが絶対の愛を手に入れたことを相手に突き付けたいと思っている。
    その企みは、結婚式当日に予想もしない形で実行された・・・。
    表向きの振る舞いとは違う心の奥の奥に気づいているのは、結婚相手の映一さんだけ。それは、最後に明かされるのだが。

    うーん。
    兄弟、親子の人間関係って難しい。
    いい話ももちろん多いけれど、複雑で依怙地になって、ひりひりした辛い感情を含むものも、あれこれ思い浮かぶ。
    (最近読んだ本では「ビブリアシリーズ」にもありましたね)
    なにしろ、長年にわたってじわじわと環境を変えずに既成事実化していくわけだから、何か雷に打たれてショックを受けるようなことでもなければひっくり返りにくいんだろうね。

    3組目の話に登場してくる甥っ子の真空くん。
    情報の混乱により、誤解が生じ、末端にいた彼は一人苦しむことに。
    ボタンのかけ違いからくる思い込みや勘違い、間違った方法で点と点をつなげて事実をゆがめてしまうことの恐ろしさ。
    真空くんのお母さんも妹のことを思っているからこそなんだけど。

    だんだん年をとり、敬語で話しかけられることも多くなってきて
    つい経験から決めつけてしまうこともあったと反省。
    視野を広く。知らないことの前では、謙虚にならねば。

  • 数年前に読んだ記憶があったけど内容ど忘れしてた。

    めちゃくちゃおもしろかった(^○^) お話を読む中で自分も結婚式を挙げた時の様子を思い出しながら読んでました。
    妃美佳と鞠香、真空くん、山井さんのお話しは良かったです。
    鈴木陸雄には腹が立ちました笑 貴和子よく耐えたなと思う(^^;;

  • 4組の新郎・新婦の結婚式までの心情の変化の描写は具体的で素晴らしかったのと、新郎・新婦のキャラ立ちが明確で4つのお話しはブレずに読み応えがありました。一方で、この本で何か得たかと考えてみると、あまり得るものがなかったかな?多分、感情移入が全くできなかったのが原因かな?本の説明に「エンタメ史上最強の結婚式小説! 」とあるが、それは納得。他人の結婚式って、やっぱり他人事なんだよね。4つのお話しに共通項(単に同一日に結婚式のみ)を設定し、それを劇的に押し通して欲しかったのですが、それが見えず残念だった

全821件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1980年山梨県生まれ。2004年『冷たい校舎の時は止まる』で第31回メフィスト賞を受賞しデビュー。11年『ツナグ』で第32回吉川英治文学新人賞、12年『鍵のない夢を見る』で第147回直木三十五賞、18年『かがみの孤城』で第15回本屋大賞を受賞。『ふちなしのかがみ』『きのうの影ふみ』『ゼロ、ハチ、ゼロ、ナナ。』『本日は大安なり』『オーダーメイド殺人クラブ』『噛みあわない会話と、ある過去について』『傲慢と善良』『琥珀の夏』『闇祓』『レジェンドアニメ!』など著書多数。

「2023年 『この夏の星を見る』 で使われていた紹介文から引用しています。」

辻村深月の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×