県庁おもてなし課

著者 :
  • 角川書店(角川グループパブリッシング)
4.08
  • (1545)
  • (1902)
  • (908)
  • (101)
  • (19)
本棚登録 : 11797
レビュー : 1709
  • Amazon.co.jp ・本 (461ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784048741828

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 海、山、川、それに空。自然いっぱいに描かれる高知に行きたくなる。
    観光立県を目指して発足された「おもてなし課」の奮闘記。
    観光コンサルタント清遠のプランに、公務員のぬるい感覚から脱却して、
    一気団結していくものの、縦割り体質に翻弄されぱなし。
    掛水と多紀の掛け合いなど、土佐弁ベースの人物や会話の描写が絶妙だ。
    掛水と吉門の対談に、著者の構想と愛県心が、感じられる。
    ダメ出しする作家吉門の屈折しながらも、故郷と家族が好きな気持ちが切ない。
    ボロボロに言われても、立ち向かい成長していく掛水が、カッコ良く、読後感が爽快だ。

  • 面白い!やっぱ、有川浩さんが私の一番好きな作家さんです(*´ω`*)

    図書館戦争や植物図鑑と比べると、恋愛要素は控えめですが、
    恋愛小説しか読めない私でも、おもてなし課の話にのめり込んでしまいました∑(・∀・)
    もちろん、掛水と女の子の恋愛シーンも存分に楽しめたし、
    吉門さんと掛水の掛け合いも面白い(最後の方は特に♫)。
    それに、他にも魅力的なキャラクターたくさん!!

    まだ読み終わってはいませんが、高知県がこれからどう変わっていくのか楽しみ!!

  • 高知に行きたい…

  • いやぁ、面白かった!映画にもなった作品だということで、期待感あって読みましたが、期待を裏切らなかった。
    しがらみ、縛りの多い地方行政の中にあって、新しい国起こしのプランを作る県庁おもてなし課。高知県に思いの深い熱い男達女達の奮闘ぶり。まるでその場に居たかのような臨場感溢れて、若い主人公の成長ぶりも好感!。すかっとするこのお話は、高知県の青空のように爽快。

    • 猫丸(nyancomaru)さん
      「高知県の青空のように爽快。」
      地方公務員の方には、是非読んで貰いたいですね!
      「高知県の青空のように爽快。」
      地方公務員の方には、是非読んで貰いたいですね!
      2013/06/26
  • 高知県庁のおもてなし課が、とりあえず作られたお仕着せの部署から、ほんもののおもてなし課になっていくまでの成長のストーリー。
    おもてなし課は実在しているし、作中の小説家が特使を引き受けたものの一か月放置されて呆れたり、おもてなし課を盛り上げるために小説を高知新聞に連載したり、というあたりは、事実と連動しています。

    公務員の体質が散々こき下ろされているので(もちろんフォローは入っているけれど)、連載中は県庁の方々の心境はいかがなものだったろうかと、余計な心配をしてしまいました。
    それでも、作中で吉門が言うとおり、新聞に小説として連載され、さらにこのたび映画化もされたので、これほど効果的な宣伝はないんじゃないかと思います。著者は本当に高知を愛してるんだな、と思いました。自分はアウトドア派ではないですが、実際高知に行ってみたくなったもの。

    素敵な恋愛も織り込まれています。吉門がかっこよくてでも惚れた女の前ではヘタレで、魅力的。主人公・掛水もいい恋愛をしていますが、吉門への屈折した憧れもかわいらしかったです。

  • 作者の本を単発で読んでいるうちは、すごく好きだったのですが、だんだんつらくなってきました。

    有川浩さんの本は正義感に満ちているようで、実は結構偏っているような気がするのは、私だけでしょうか。

  • 一応言っておきますが、映画化されるから読んだわけじゃないよ?!図書館の予約待ちを待ちに待った結果がこのタイミングなんですって!!


    ……コホン。


    それはそれとして、やっぱり有川さんのお話は面白い。
    「おもてなし課は実在しますが、この物語はフィクションです」の但し書きがあったにもかかわらず、お役所(特に上層部)の体質や、PR用のパンフのあいたた感がリアルすぎて、途中からはおもてなし課のドキュメンタリーを読んでいる気分になっていた。
    課長頑張って交渉してきて!ってこぶしを握ったりしてね。
    恋愛要素(もちろん有川さんらしいハッピーエンドでキュンキュンしてましたけどね!)もありつつ、けれど肝は掛水の成長を軸にした、郷里高知県へのあふれる愛。

    三人称で語られながらも、時折挟まれる感情の露出が熱を感じさせる。それが自分の思考回路とかけ離れていないため、心地よいカタルシスとなりさらなる登場人物への共感となる。なんてドライな見方しちゃダメかしら。
    作品に登場する女性がカッコよく、男性もここぞというときに男らしさを発揮するのは、そして作品がカラっとした明るさを放つのは、高知のお国柄なのかな。
    それはそうと、PRのないない尽くしっておもてなし課のオリジナルだったんですね!
    最後のフレーズに、半端ない力強さと希望を感じます。

    映画は観るかどうかは分からないけれど、映画にしたら確かに面白いだろうなぁ、と思った。

    • まろんさん
      永遠ニ馨ルさん、こんにちは!

      どうしようもなく高知に行ってみたくなる本ですよね!
      高知にしろ、自衛隊にしろ、有川さんほど優秀な広報官はいな...
      永遠ニ馨ルさん、こんにちは!

      どうしようもなく高知に行ってみたくなる本ですよね!
      高知にしろ、自衛隊にしろ、有川さんほど優秀な広報官はいないのでは、と思う今日この頃。
      この本の映画化、『阪急電車』のスタッフが手掛けているらしいので
      きっと原作のイメージを損なわず、丁寧に仕上げてくれるのではと期待しています(*'-')フフ♪
      2013/05/01
    • 永遠ニ馨ルさん
      こんにちは、まろんさん♪
      高知は一度だけ行ったことがあるのですが、
      龍馬目当てだったので、違う視点でまた行きたくなりました。
      確かに有川さん...
      こんにちは、まろんさん♪
      高知は一度だけ行ったことがあるのですが、
      龍馬目当てだったので、違う視点でまた行きたくなりました。
      確かに有川さんほど優秀な広報官はいないかも!

      『阪急電車』も映画を観ていないのですが……
      自衛隊のは(ドラマですよね?)観てますよ~!
      こちらは原作を読んでいないという、見事なアンバランスぶりです(´▽`;

      手始めに、『空飛ぶ広報室』を読もうかな!
      2013/05/02
  • 今回は学びの視点と、物語を楽しむ視点、両本を意識して読んでみた。と、いうか読むうちにそういう視点を持たされた。想像力を働かす・気づきを養う、そういうこと、大切ですね。
    高知県だけじゃなくて、日本全国にも言えることが、有川先生らしく、遠慮せず書いてある。自分が旅行するのも楽しみ、県民として「ようこそ」を言える楽しみができました。

  • 有川さんの書く、最初はグズグズだった主人公が、いろいろあって成長していく話、好きだな。
    おもてなし課って何するんだろ?実在するって書いてあるけど、どんな人が働いてるんだろ?折しも少し前にフジテレビで高知のドラマあったなぁ、いろいろ想像しながら読んだ。
    掛水さん、グズグズかもしれないけど、怒られても怒られても、喰い下がってヒントもらって前に前に進む姿は好感がもてる。
    途中から入り混じっってくる登場人物達の恋愛模様には、驚く部分もあり、展開が気になり読む楽しみが増えた。
    ラスト読み終え、あとがき、巻末収録分まで読むと、これはそうだったのか!と2度おいしく、内容も染みてくる。

    • dekohamuさん
      私も、映画楽しみです(^_^)俳優さんがイメージに合ってる感じがするので、かなり期待してます(^_^)
      私も、映画楽しみです(^_^)俳優さんがイメージに合ってる感じがするので、かなり期待してます(^_^)
      2013/04/27
    • 猫丸(nyancomaru)さん
      「俳優さんがイメージに合ってる感じが」
      予告編観たのですが、なかなか良い感じでした。明日5/11公開!いつ観に行こうかなぁ~
      「俳優さんがイメージに合ってる感じが」
      予告編観たのですが、なかなか良い感じでした。明日5/11公開!いつ観に行こうかなぁ~
      2013/05/10
    • dekohamuさん
      この5月公開っていうのも、さわやかな気候が私の中ではいい感じです。私もいつ観に行こうかな~(^ ^)
      この5月公開っていうのも、さわやかな気候が私の中ではいい感じです。私もいつ観に行こうかな~(^ ^)
      2013/05/12
  • この「おもてなし課」は実在するみたいだ。おもてなし課という、ネーミングセンスは素晴らしいと思う。私の住んでいる市にもこの様なユーモアのある課があれば楽しいのにと思う。
    パンダ誘致って大変みたい。町の活性化って、こんなにも頭を捻らなければいけないものなのね(°∇°;)

全1709件中 21 - 30件を表示

著者プロフィール

有川 浩(ありかわ ひろ)
1972年高知県生まれ。PN由来として、「有川」は書店に本が並んだ時に「あ」から始まる名前として、著者五十音順で棚の最初のほうにくるから。「浩」は本名から。
2003年『塩の街 wish on my precious』で第10回電撃ゲーム小説大賞を受賞。2006年『図書館戦争』で「本の雑誌」が選ぶ2006年上半期エンターテインメントで第1位を獲得し、さらに2008年には同シリーズで第39回星雲賞日本長編作品部門を受賞。映画化もされた代表作となる。
『植物図鑑』で第1回ブクログ大賞小説部門大賞、『キケン』で第2回ブクログ大賞小説部門大賞を2年連続で受賞。2011年には『県庁おもてなし課』で「ダ・ヴィンチ BOOK OF THE YEAR 2011」で総合1位と恋愛小説1位、第3回ブクログ大賞小説部門大賞を3年連続で受賞。2012年『空飛ぶ広報室』が「ダ・ヴィンチ BOOK OF THE YEAR 2012」で小説部門第1位。
その他、ドラマ化作『フリーター、家を買う。』、映画化された『阪急電車』『県庁おもてなし課』『植物図鑑』などが代表作。

県庁おもてなし課のその他の作品

有川浩の作品

ツイートする