県庁おもてなし課

著者 :
  • 角川書店(角川グループパブリッシング)
4.08
  • (1545)
  • (1902)
  • (909)
  • (101)
  • (19)
本棚登録 : 11798
レビュー : 1709
  • Amazon.co.jp ・本 (461ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784048741828

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 有川浩の作品は初めて読みましたが、本作品は非常に面白かったです。
    高知県の県庁おもてなし課を舞台に、役所感覚で、顧客サービス視点での発想が欠如していたところから、その昔、パンダ誘致論で、役所ともめて、役所を辞めた異色の経歴のコンサルタントの顧客視点でのサービスの重要性と、高知県をどう観光としてアピールしていくか?という試行錯誤の末、ようやく、おもてなし課のメンバー達が一致団結して、身の丈に合わせた顧客視点でのサービスを実現していく様が非常に興味深い内容でした。
    地元に根付きすぎると、地元の良さがかえってみえにくくなるというところに対する視点の転換という点や女性視点でのアプローチなど、非常に面白かったです。
    今度、映画にもなるようなので、観に行きたいと思います!

  • 思えば「空の中」の時点で有川さんの地元に
    対する想いは充分に伝わっていましたが、今作は
    その想いが愛と使命感とそして怒りが結晶となった
    テーマが明確かつ、有川節のエンタテイメントが
    融合したステキな作品。

    実際、民間企業ですら規模の大きさや、会社の
    役職が旧態依然体質の年功序列だったりする場合は
    もう、ほとんど役所と変わりなかったりします。
    今作では主人公「掛水」の余りに真っ直ぐな性格が
    彼を中心に人を巻き込んでいく姿が、堂々と正しく
    描かれますが、現実は...そういかない事が...殆どかも。
    でも、今作はドラマ化されるようだし、更には
    そのタイミングで文庫化もされ、更に、もっともっと
    爆発的に売れて、多くの人が読んだ時に...少しだけ
    誰かの心や行動が変わり、勇気になるかもしれない...
    と思わせる「光」がある作品です。やはり凄い。

    本気で何かが変わればいいな...と思うとともに
    有川浩という作家の本気がヒシヒシと伝わってきます。

  • 役所で働いてるわけじゃないけど、すごく解る実情。
    誰もが不毛に思っていても抜け出せない現実。
    まさにこんな感じ。

    だからそんなおもてなし課のメンバーが
    少しずつ変わっていく様子を
    楽しく読むことができた。

    清遠さんと吉門さんが格好良い。


    (図書館)

  • 多紀ちゃんのような立場の仕事をしたことがあるので、
    わかる~、わかる~。とうなづきながら読みました。
    特に私はその前に社会人経験もあったので、
    なんじゃそりゃ??と思うことも多かったです。

    もちろん、掛水さんのような熱い方もいらっしゃいますが…
    全ての地方公務員の方にぜひ読んでほしいです。

    有川さんにしては甘さ控えめ。
    ほんのりスイートです。
    映画も楽しみ!

    • 猫丸(nyancomaru)さん
      「全ての地方公務員の方に」
      ホント!読んで貰うべきですよね。地方も公務員さんも活性化して欲しい(と書きつつ、実際には長い物に巻かれろ的な役所...
      「全ての地方公務員の方に」
      ホント!読んで貰うべきですよね。地方も公務員さんも活性化して欲しい(と書きつつ、実際には長い物に巻かれろ的な役所じゃなくて、上に楯突く民間が大好き!)。。。
      2013/04/11
  • とても面白かった!
    何度も読み返してしまいました(^_^;)
    何かお役所の人~っ!何か頼りなさそう~っ!て感じだった掛水さんが、吉門さんたちと出会って変わっていく過程が良い。

    そして、高知に、行きたくなりました。

    有川浩さんの高知に対する想いが詰まっている作品でした。

  • 生ぬるい役所体質がホントよくわかる。若い世代が少しづつでも変っていってくれるのを期待してしまう。現実的な話しだなぁ。
    そして有川作品には必ずといっていいほど出てくる人たちの性格や立ち居振る舞いに安心感が。

    • 猫丸(nyancomaru)さん
      「生ぬるい役所体質が」
      実は最近、役所って、ある程度ヌルイ方が良いのかも?と思っている。
      民間の遣り方を取り入れて、時間や金に五月蝿くな...
      「生ぬるい役所体質が」
      実は最近、役所って、ある程度ヌルイ方が良いのかも?と思っている。
      民間の遣り方を取り入れて、時間や金に五月蝿くなり過ぎるのも、どうなのかなぁ?
      2014/05/14
  • 有川浩さんの、爽やかで美しい文体が好きです。
    乏しい予算で観光立県を目指す高知県庁・おもてなし課の奮闘記。
    その中で、温かい人情と美しく爽やかな恋愛も織り交ぜてとても心地よい作品だと思いました。
    有川さんの作品は「フリーター家を買う。」「阪急電車」に続き3作目でしたが、やはり期待通りの素晴らしい作品です。
    いつもホッとするような心温まる場面があり、個人的には大好きな作家さんの一人です。

  • 錦戸くんと堀北真希ちゃんが映画をするということで緊急で借り、読みました!
    おもてなし課本当にあるんですね。おもしろい!
    私としては作家の吉門さんが、とてつもなくタイプです!
    ぱんだ誘致とかのユニークな意見がだせるような人間になりたいです。

  • 県庁おもてなし課
    有川浩


    うーん、やっぱり有川浩は面白い!

    「フリーター、家を買う。」「阪急電車」「図書館戦争」などなど、 数ある代表作の中でも、特に、私はこの作品をおすすめします。
    えぇ、イチ押しです。

    物語の舞台は、高知県庁「おもてなし課」。
    観光立県を目標として新設された同課の若手職員 掛水と、高知県出身の人気作家 吉門。
    このふたりの出会いこそ、全ての始まりだった。
    今、高知県の、そして掛水の、「挑戦」が始まる。

    物語に溢れているのは、「地元」に対する愛情と、目標に向かって突き進んでいく力強さ、そして、勇気。
    じたばたともがきながら、それでも絶ゆまず前へ、前へと進んでいく彼らは、 文句なしに、かっこいい。
    読んでいる間ずっと、どきどき、わくわくが止まらなかった。

    有川浩といえばやっぱり「ベタ甘」なストーリーも見どころ。
    恋愛のもどかしさとか、切なさとか、幸せな気持ちって、 何回味わってもやっぱり飽きるってことないね。
    相変わらずのベタな展開に、今回もいっぱいきゅんきゅんしました。
    個人的にハマッたのは、吉門さんでした。
    普段はそっけなく、自分勝手なようでいて、 本当は優しい。
    こういうの、ツンデレっていうのかな?
    ギャップ好きの女子には堪らないキャラです。

    言うなれば、地方行政へのカンフル剤的な小説。
    仕事に対するモチベーションがぐんっと上がりました。
    私も、頑張らなくちゃ。

    最高の読爽感を味わえます。
    ぜひ、ぜひ。


    内容(「BOOK」データベースより)

    地方には、光がある―物語が元気にする、町、人、恋。とある県庁に突如生まれた新部署“おもてなし課”。観光立県を目指すべく、若手職員の掛水は、振興企画の一環として、地元出身の人気作家に観光特使就任を打診するが…。「バカか、あんたらは」。いきなり浴びせかけられる言葉に掛水は思い悩む―いったい何がダメなんだ!?掛水とおもてなし課の、地方活性化にかける苦しくも輝かしい日々が始まった。

  • おもしろかった。
    有川さんって高知の方でしたか~どうりで土佐弁を
    活字で書いても違和感ないくらいうまいわけだ~。

    自分の(いらっとした?)体験をここまでしっかりと小説に仕上げてしまうなんてすごいな。おまけに壮大な「パンダ誘致論」をおったてて干された、ちょっとかっこよすぎる関わり方の清遠さんのモデルがお父上とは!!!

    四万十川や馬路村に行きたくなります。
    観光特使としてこの一冊で素晴らしいお働きだと思います。

全1709件中 31 - 40件を表示

著者プロフィール

有川 浩(ありかわ ひろ)
1972年高知県生まれ。PN由来として、「有川」は書店に本が並んだ時に「あ」から始まる名前として、著者五十音順で棚の最初のほうにくるから。「浩」は本名から。
2003年『塩の街 wish on my precious』で第10回電撃ゲーム小説大賞を受賞。2006年『図書館戦争』で「本の雑誌」が選ぶ2006年上半期エンターテインメントで第1位を獲得し、さらに2008年には同シリーズで第39回星雲賞日本長編作品部門を受賞。映画化もされた代表作となる。
『植物図鑑』で第1回ブクログ大賞小説部門大賞、『キケン』で第2回ブクログ大賞小説部門大賞を2年連続で受賞。2011年には『県庁おもてなし課』で「ダ・ヴィンチ BOOK OF THE YEAR 2011」で総合1位と恋愛小説1位、第3回ブクログ大賞小説部門大賞を3年連続で受賞。2012年『空飛ぶ広報室』が「ダ・ヴィンチ BOOK OF THE YEAR 2012」で小説部門第1位。
その他、ドラマ化作『フリーター、家を買う。』、映画化された『阪急電車』『県庁おもてなし課』『植物図鑑』などが代表作。

県庁おもてなし課のその他の作品

有川浩の作品

ツイートする