観光

  • 角川書店
3.20
  • (1)
  • (1)
  • (7)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 27
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (246ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784048750134

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 文化が飽食で躁状態の時代に
    「はみだそう、はみだそう」としている、ある道の「最先端」対談集。

    ワクを作っては壊し、ワクにはめられては否定し...
    世の中の風潮に背を向け、新しい位置づけへの模索の旅。

    だけど結局これも「ニューアカ」「ポストモダン」という括りの中の出来事だったのかな。

    当時、YMOからの細野ファンはどう思っていたのだろう。
    オカルトからスピリチュアルな方向へ向かって行く細野さんを。

    編集:後藤繁雄、AD:奥村靫正という当時のゴージャスな顔ぶれ。
    坂本教授も最後だけチラっと飛び入り。

    ハードカバーは装丁もバブリーで素敵です。

  • 何度読んだかな。実際行ったところも。
    発売されてすぐ読んだので。いまだにぼろぼろでも持っています。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

1947年、東京生まれ。音楽家。69年にエイプリル・フールでデビュー後、はっぴいえんど、ソロ、ティン・パン・アレー、YMOで活動。ワールド・ミュージックやアンビエント・ミュージックを探求する一方、歌謡曲のプロデュースも。

「2017年 『HOSONO百景 いつか夢に見た音の旅』 で使われていた紹介文から引用しています。」

細野晴臣の作品

ツイートする