• Amazon.co.jp ・本 (198ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784048831901

著者プロフィール

えとう・じゅん(1932・12・25~1999・7・21) 批評家。東京生まれ。1957年、慶應義塾大学卒業。大学在学中の56年、『夏目漱石』を刊行。偶像化されてきた漱石像をくつがえし、その後の漱石研究の方向を示す。62年から数度にわたりアメリカに滞在、『アメリカと私』を生むとともに、のちの「国家」への関心や敗戦・占領期研究の契機ともなった。主な著書に『小林秀雄』『成熟と喪失』『漱石とその時代』『一族再会』『自由と禁忌』『閉ざされた言語空間』他がある。

「2019年 『オールド・ファッション 普通の会話』 で使われていた紹介文から引用しています。」

江藤淳の作品

女の記号学を本棚に登録しているひと

新しい本棚登録 1
新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
ツイートする