妖怪ウォーカー (Kwai books)

著者 :
  • 角川書店
3.33
  • (2)
  • (5)
  • (16)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 40
感想 : 8
  • Amazon.co.jp ・本 (263ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784048837606

作品紹介・あらすじ

日本の妖怪に会いに行こう!全国妖怪スポットを紹介!妖怪フィールドワーク・コースガイド、妖怪温泉スポットなど情報満載。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 妖怪に焦点を当てた旅のための一冊。とても良い。
    取り扱う妖怪は鬼や河童、狐や狸など、比較的メジャーどころがそろっている。全国的に伝承が残っていると言い換えることもできるだろう。
    簡易地図やアクセス方法なども書かれており、是非、よりディープな続刊を希望したい。

  • カテゴリー別にさまざまな妖怪を紹介している。

  • 私世代はぬーべーが流行ったため、妖怪について明るい人が多い。
    そのため好きな妖怪ベスト3などをやると、こあな妖怪が混ざっていたりする。

    この本では、比較的メジャーだと思われる妖怪の伝説が残る土地を紹介している。よくぞ調べたなという一冊。

  • 地元ではそんなに有名かは微妙ですが行って確認したくなります。妖怪スキーにはたまらない本です。

  • 所持者の名前みたいなサイン入り!
    妖怪会議@八日市でゲットしましたー!
    かわいい!!!!
    そして携えて出かけたくなる。

  • 妖怪探訪お勧めコースに遠野市のモデルコースもあり。妖怪スポットと、その場所にまつわる伝説を簡単に紹介。

  • 「妖怪馬鹿」村上健司氏における妖怪好きな人達のための妖怪探訪ガイドブック。日本各地の妖怪スポットを妖怪のジャンルにわけて紹介しています。「鬼」「狸」「鵺」「河童」「石」「怪獣」「天狗」「猫」「狐」「猿神退治」など妖怪も多岐に渡り、おまけに温泉の紹介までしてくれるという至れり尽せりな一冊。所在地や行き方も全て載っているのですごく便利です。また、遠いところだけではなく、自分の地元にどんな妖怪がいるか調べるのも楽しいかも。私も新しい発見がありました。頻繁に見るおみやげのあんころがまさか天狗から作り方を教わったものだったとは…!知らないことって本当に多いのね…。

全8件中 1 - 8件を表示

著者プロフィール

1968年、東京都生まれ。妖怪探訪家、フリーライター。幼い頃から妖怪に興味を持ち、妖怪伝承地を取材。水木しげるとの共著『日本妖怪大辞典』、京極夏彦・多田克己との共著『妖怪馬鹿』『妖怪旅日記』をはじめ、『妖怪事典』『日本妖怪散歩』『手わざの記憶』『怪しくゆかいな妖怪穴』『妖怪ひみつ大百科』『がっかり妖怪大図鑑』など著書多数。

「2022年 『ひどい民話を語る会』 で使われていた紹介文から引用しています。」

村上健司の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×