• Amazon.co.jp ・本 (219ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784048837637

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • コレコレコレコレ!
    オイラが知りたかった巨人水木しげるじゃなくて水木しげる大先生(おおせんせい)のエピソード集!
    呉智英が最後に書いた
    「山下清と同年同月に生まれた水木しげるが、その山下清と対決するのを、私はみてみたかった」
    って位の巨人なのだなぁ。と思った
    佐野 史郎、京極 夏彦、南 伸坊、大泉 実成、南條 竹則、多田 克己、呉 智英、村上 健司、武良 布枝の9人の視点の水木しげる本人と作品を評してみてる本だから、作品から謎に迫ったりもしてておもしろエピゾードだけじゃないんだけどね
    コレで呉智英と水木先生の関係が分かった
    「ゲゲゲの女房」が出版される前だから布枝夫人の長めのインタビューはコレが初めてだったのかも
    編集は恐怖ミステリーというか怪談サスペンスというかおどろおどろしい小説が得意な三津田 信三
    表紙の写真は水木家の玄関で水木先生の帽子をかぶった子泣き爺に土下座してる水木先生の写真

  • 水木大先生80歳記念の豪華本。

  • 水木しげる企画本の中では面白いほう。

    京極夏彦の鬼太郎世界の枠組みについての論と、呉智英の水木しげるの伝説エピソードの話が面白かった。

    過去の写真も面白い。朝ドラの水木しげるがかっこよすぎなのが良くわかる。

  • 佐野さんとは縁があるなあ。
    もっとオバケ関係ででてきてくれてもいいのにとおもいました。(佐野史郎好き)

全5件中 1 - 5件を表示

著者プロフィール

水木しげる(みずき しげる)
1922年3月8日 - 2015年11月30日
大阪で生まれ、鳥取県境港市で育つ。従軍経験で左腕を失いながらも生還。終戦後より紙芝居、貸本漫画などを執筆。1964年に『ガロ』にて商業誌デビュー。2007年、『のんのんばあとオレ』によりフランス・アングレーム国際漫画祭で日本人初の最優秀作品賞を受賞。2010年、文化功労者に選出される。代表作に『ゲゲゲの鬼太郎』『河童の三平』『悪魔くん』『劇画ヒットラー』『総員玉砕せよ!』『のんのんばあとオレ』『日本妖怪大全』など。

水木しげるの作品

ツイートする
×