からだを揺さぶる英語入門

著者 :
  • 角川書店
3.18
  • (1)
  • (6)
  • (24)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 94
レビュー : 11
  • Amazon.co.jp ・本 (236ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784048838085

作品紹介・あらすじ

超一流の朗読者によるダイナミックな朗読CD付き。反復練習のためのポーズが入っている。オールカラーの英文テキストは総ルビ付き。音読・復誦のために特化したわかりやすい構成。ハミングから野口整体まで、揺さぶりから出発して英語のなじむからだがつくれる。取りはずせる便利な別冊のテキスト付き。からだを使った反復練習、これが最強の英語上達法。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  •  身体を動かして英語を話せる体勢を作ってから英語を学習する方法。ムービングイングリッシュというらしい。
     日本人が昔から行ってきた素読や武道(スポーツ)の要素を取り入れた英語習得法、とも言えます。
     武道の観点から見ると、腑に落ちる方法であって素晴らしいと思います。
     この方法を英語を学び始めた頃に知っておきたかった。
     第二外国語を始める時に使えそうです。

      
     本書に収録されているテキストは格調高い原文であります。
     あまり簡単すぎるものでは意味がないということで、格調高い重厚なテキストが選ばれているようです。難しい単語も使われていて、今までの学校英語で見たことないような単語も出てきます。
     これを本書で述べられているように歩きながら素読のように繰り返し声に出して読むのです。CDには追従できるようにポーズが入っています。

      
     学習法としては素晴らしい。
     ただ、学習者の性格やTPOという要素もあります。
     私の性格としては声に出して読むよりもひたすら読み・聞くのみの方が合っています。
     また、近いうちに英語で会話する必要があるのならばこの方法を取る必要もあるのですが、幸か不幸かその必要性もないので、今のところ英語は趣味の範囲でリーディングとリスニングだけやっておこうというところです。

      
     そのため、本書で英語学習することを早々にあきらめ、別の本を使うことにしました。
     その別の本に収録されているテキストのレベルが私にとって丁度良く、テキストの内容も文学系寄りの私の性格に非常に合っています。
     英語学習は性格や目的意識に合った方法で行うべきだと分かる事例です。
     その、私に合ったテキストについても一通り終了後に紹介させて頂くつもりです。
       http://d.hatena.ne.jp/nazegaku/20171204/p1

  • Our marth to freedom is irreversible.(ネルソン・マンデラ)
    エジソン蓄音機、初の宣伝文句
    I have a deam

    身体のモードチェンジ

  • 目次
    英語の身体メソッド(英語には英語に向いた身体性がある
    なぜ歩くのがいいのか
    実際にからだを動かそう
    深い呼吸・歌う身体
    英語学習よりもっと大きな問題への処方箋)
    英語の身体テキスト(イントロダクション
    リズムにのって楽しく軽やかに
    演劇的に語りかける・対話する
    ゆったりと思いをはせる
    力強く訴える)

  • ホテルカリフォルニアが例文として載ってます。それだけでうれしい本。

  • 2008.12.23買取

  • 日本語と英語ではモードが違う、というのは分かる。そのモードチェンジのために身体をゆさぶる、というのは齋藤氏らしい発想。理論編はやや冗長。声に出して読みたい英語テキスト編は名文ばかりだが、付属CDはリピートのポーズがあるので、練習用。ポーズのない、生スピーチがあるとよかった。

  • ・購入した理由:
     斎藤孝さんの本だったから
     今は売った本。理由は今はやらないため必要になった時にまた買えば良いと思ったから

  • スクリプトの色分けが「BIG FAT CAT」に似てるので、それに慣れてる方は楽かも。

  • 速読速聴と比べるとすごく優しい。理論を長々と述べてあるが、巻末の英文を読むことに価値があると思われ。

全11件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

齋藤 孝(さいとう たかし)
1960年静岡県生まれ。東京大学法学部卒業後、同大大学院教育学研究科博士課程等を経て、明治大学文学部教授。専門は教育学、身体論、コミュニケーション論。学者、作家、文化人の役割で多くのメディアに登場している。
2001年『身体感覚を取り戻す』で第14回新潮学芸賞を受賞。2001年発行の『声に出して読みたい日本語』は250万部を超えるヒットとなり、第56回毎日出版文化賞特別賞を受賞。
その他、『語彙力こそが教養である』など多くの著書があり、発行部数は1000万部を超える。『こども孫子の兵法』など監修作のヒットも多い。NHK Eテレ「にほんごであそぼ」総合指導。

齋藤孝の作品

からだを揺さぶる英語入門を本棚に登録しているひと

ツイートする