夢 命を懸けたV達成への647日

著者 :
  • 角川書店
3.67
  • (11)
  • (9)
  • (24)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 80
レビュー : 11
  • Amazon.co.jp ・本 (213ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784048838511

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 単純に阪神ファンだから星5。

  • この本は元阪神タイガースの監督、星野仙一がチームを優勝へ導いたまでの話である。この本を読むまでは私は正直星野監督が苦手であった。私からすれば星野監督はただの怒りっぽい監督であると、そんなイメージでしかなかった。あんなまわりの選手にまで必要以上のプレッシャーを与える人がチームを引っ張っていけるのか?そう思っていたが、この本を読んでその印象・考えは吹き飛んだ。この本を読んで星野仙一という男がどんな男でどんなに選手のこと、チームのことを思っていたのか。星野仙一という闘将のことを再認識させられた一冊であった。

  • 見習うべき人。背中の77が輝かしい人。

  • ・元気を出したいときに読む本

  • (単行本 - 2003/10/3)

  • 尊敬してます!

  • 「弱気は相手を強気にさせる」  強気の大切さを感じました。

  • 4年前タイガースを18年ぶりの優勝に導いた星野監督の著。

    この頃は一回生で暇だったから家に帰って試合見るのが何より楽しかったし、本当に強かったです。
    この人が成功したのは外見から窺い知れない冷静さと緻密さを内面に持っていたから、と言う事が分かります。

  • 影響されやすい私は、これを読んで星野さんがけっこう好きになりました。

  • 星野 仙一 / 角川書店 (2003/10/03)

全11件中 1 - 10件を表示

星野仙一の作品

ツイートする