うさたまの霊長類オンナ科図鑑

  • 角川書店
3.24
  • (1)
  • (6)
  • (21)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 59
感想 : 10
  • Amazon.co.jp ・本 (214ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784048839334

作品紹介・あらすじ

嘘吐き、おねだり、媚び、自慢。オンナの業はかくも深い-。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 女の女に対する媚を姥皮として姥皮に対する考察を深めていくのはさすが中村うさぎ。

  • これをただの『女が女の悪口を言う本』ではないと思う。
    女の世界における特有の共感力、ナルシズム、滑稽さなど女の生態というものを鋭く観察していておもしろい。
    こういうおかしな女になっていないか、自分を客観的に見つめるためにもいいきっかけになるかも。

  • 文章も面白いが画がすごく面白い。

    画を見ただけで内容が理解できる。

  • 図書館にて。
    うーん、女の分析がすごすぎ。女の敵ってやっぱり女なのね。
    こういう人いるいるって笑えた。

  • かなり偏ってるけどおもしろい!つい笑ってしまう。

  • …参考になります^^;

  • 「女が大嫌いで大好き」中村うさぎの発言。共感。女の人って本当におもしろい。だから私は女の人が好き。興味深い生き物です。

  • これといって・・。

  • 友人に借りた。なかなか鋭いことが書いてある。どれにも当てはまらないオンナはいないだろう。

全10件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

小説家・エッセイスト

「2018年 『ぼくは、かいぶつになりたくないのに』 で使われていた紹介文から引用しています。」

中村うさぎの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ツイートする
×