野洲スタイル

著者 : 山本佳司
  • 角川書店 (2006年12月発売)
3.48
  • (7)
  • (6)
  • (26)
  • (1)
  • (0)
  • 本棚登録 :79
  • レビュー :11
  • Amazon.co.jp ・本 (167ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784048839709

野洲スタイルの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 野洲高校の全国優勝までの道のり、監督としての考え方のみの話ではなく、指導者としてのサッカー観について描かれている第4章「山本流プレーヤーズファースト」は必読!!パス=預ける。この考え方はものすごく共感( ^ω^ )今までの自分の考え方と一致していたのだから。

  • 勝つための方法を選び抜いた上で辿り着いたのが今までの高校サッカーの常識を覆すテクニックをストロングポイントにしたスタイル。目的のための常識にとらわれない手段。

  • 高校サッカーから世界を目指す。高校サッカーを変える。確かに高校という世界だとその世界で完結してしまいがち。人生はそれからの方が長いのに。

  • セクシーフットボール。
    そんな言葉がサッカー界に存在する。
    野洲高校のサッカーが全国の頂点にたった2005年。
    それまでは、「子どもっぽい」「ふざけている」との声もたくさんあった。
    山本監督が野洲高校に赴任して9年間。
    山本監督が目指した「魅せるサッカー」「お金をとれるサッカー」についてかかれています。

  • 山本佳司監督の育成術!野洲が野洲スタイルを確立するまで。

  • サッカー指導者必読の書です。
    サッカーに無縁でも、何かを指導する人、コーチングに興味のある人には随所で宝物を見つけられるでしょう。
    久しぶりに読み終わってすぐ読みなおしました。

  • 全国優勝時の最後のゴールで泣いたので購入。
    こんな指導者がもっと増えたら代表戦も面白くなるかな。

  • 中町783

  • サッカー関係の書籍のなでもピカイチの内容。
     他の著書のように面白みに欠ける理論、戦術論のような理屈っぽい内容は全くない。広い視野と高い目線の世界基準のサッカーを。。。
    必見の価値あり

全11件中 1 - 10件を表示

山本佳司の作品

ツイートする