歌集 露台亭夜曲 (まひる野叢書 第 376篇)

著者 :
  • KADOKAWA
0.00
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 0
感想 : 0
  • Amazon.co.jp ・本 (212ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784048843911

作品紹介・あらすじ

昭和の香(エスプリ)のただよふ憧憬。ふと浮かび来る忘れられぬものたち。世の中に靡きも流されもせず、今宵も歌を口遊む。渾身の第8歌集。

著者プロフィール

1950年、神奈川県横浜市生まれ。名古屋市在住。歌誌「まひる野」運営委員。中日新聞歌壇選者。1975年横浜市立大学文理学部日本文学専攻卒業、「まひる野」に入会、窪田章一郎に師事。1982年早稲田大学大学院博士課程中退。愛知淑徳大学文化創造学部教授、副学長を経て、2011年より学長。古典の教養を背景としながら、現代の消費社会を露悪的・批評的に表現する過激な歌風が特徴。2010年、『蓬歳断想録』で第15回若山牧水賞受賞。2011年、『蓬歳断想録』で第45回迢空賞、第1回中日短歌大賞受賞。ほか受賞歴多数。

「2020年 『歌集 露台亭夜曲』 で使われていた紹介文から引用しています。」

島田修三の作品

歌集 露台亭夜曲 (まひる野叢書 第 376篇)を本棚に登録しているひと

新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
ツイートする
×