句集 恒心 角川俳句叢書 日本の俳人100

著者 :
  • KADOKAWA
0.00
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 0
感想 : 0
  • Amazon.co.jp ・本 (220ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784048844352

作品紹介・あらすじ

平成27年から令和2年までの392句を収めた第8句集。
「中学生の頃、肺浸潤を患い2年間休学したのを契機に俳句を始めた。句作に集中することにより、病を克服することができた。もしあのとき病に罹らず俳句に出合わなかったら、たぶん私は俳句とは無縁の人生を過ごしている。今や俳句は私の生きるよすが、まさに禍転じて福となるである。(あとかきより)」

著者プロフィール

昭和12年、佐賀県生。同34年、大野林火に師事。平成6年、「百鳥」創刊主宰。句集に『朝の舟』『百鳥』『大地』(俳人協会賞)、著書に『現代俳句の山河』(俳人協会評論賞)ほか。現在、公益社団法人俳人協会会長。NHK学園「俳句春秋」選者を務め、NHKの俳句番組に度々出演。その他、朝日新聞、愛媛新聞の新聞俳壇選者や俳句総合誌「俳句界」「俳句αあるふぁ」の選者も務める。

「2021年 『句集 恒心 角川俳句叢書 日本の俳人100』 で使われていた紹介文から引用しています。」

大串章の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×