句集 旅懐 角川俳句叢書 日本の俳人100

著者 :
  • KADOKAWA
0.00
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 1
感想 : 0
  • Amazon.co.jp ・本 (216ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784048844536

作品紹介・あらすじ

句集名『旅懐』は、晩唐の詩人、杜荀鶴(と じゅんかく)の三体詩「旅懐」から得たもので、「旅中のおもい」という意味合いの言葉である。
父・森田峠から主宰を継いだ数年間は、海外出張を繰り返しており、海外で仕事と共に句作をせざるを得ない状況だった。
たくさんの人に支えられたこの期間の自身の軌跡を残したいという思いも籠められている。

著者プロフィール

昭和28年12月1日大阪市生れ。昭和51年3月同志社大学経済学部卒業。昭和61年3月「かつらぎ」へ投句開始。平成6年1月「かつらぎ」同人。米国赴任を経て平成14年 第一句集「マンハッタン」刊行。平成25年 主宰継承。令和元年 6月 第2句集『祖国』 上梓。令和3年4月 俳人協会理事・関西支部長。大阪俳人クラブ常任理事。兵庫県俳句協会常任理事。

「2021年 『句集 旅懐 角川俳句叢書 日本の俳人100』 で使われていた紹介文から引用しています。」

森田純一郎の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×