脱サラ農業で年商110億円! 元銀行マンの挑戦

著者 :
  • 角川書店(角川グループパブリッシング)
3.26
  • (4)
  • (6)
  • (7)
  • (4)
  • (2)
本棚登録 : 83
レビュー : 9
  • Amazon.co.jp ・本 (234ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784048850414

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 銀行出身でMBAの著者が農業にビジネスロジックを持ち込んで農業再生を目指す足跡や事例、問題意識の紹介。著者の考え方はよくわかり共感できるのだが、事例紹介があまりなく、タイトルの年商110億円も推移や内訳がなく、たんにタイトルインパクトだけになっているため、腹落ち感がない。著者の会社のホームページを見ても、事業内容がよくわからなく、食イベントのプロモーターに見えてしまう。

  • 農業の問題点、改善点に対しての考察及び作者の農業への思いが書かれている。

    現在の農業問題を学ぶ導入的な本。

  • ㈱ナチュラルアート代表取締役・鈴木誠著。
    慶応大商学部卒・東洋信託銀退社。
    2010年2月初版・234ページ。

    タイトルが安っぽい割には、内容的にはしっかりしているところが印象的。
    元々銀行マンからの転身のため、
    「農業に経営を」という視点が色濃く、
    また、銀行マンという性質上、カバーする経営オプション・視野が広い。

    「日本の農業を元気にしたい!」

    という志を、志のレベルから実際の経営レベルまで包括的に書いている。
    農業の現状を知り、また今後どのようにしていくべきか、考える上で良書。

    また、文章が平易な表現で噛み砕いているので、とても読みやすい。

著者プロフィール

鈴木 誠(すずき・まこと)
1960年、愛知県安城市生まれ。愛知大学地域政策学部教授。
1989年3月、愛知大学大学院経済学研究科博士課程満期退学。
その後、岐阜経済大学経済学部専任講師、助教授、教授を経て、2011年4月、愛知大学地域政策学部教授、現在に至る。
この間、日本地域経済学会理事長(2011-17年、現在常任理事)、コミュニティ政策学会理事(2000年-現在)を務める。
専攻:地域産業政策、コミュニティ政策

「2019年 『戦後日本の地域政策と新たな潮流』 で使われていた紹介文から引用しています。」

脱サラ農業で年商110億円! 元銀行マンの挑戦のその他の作品

鈴木誠の作品

ツイートする