Newtype Library 冲方丁 カドカワムック373 62483‐76 (カドカワムック 373 Newtype Library)

  • 角川書店(角川グループパブリッシング)
4.29
  • (11)
  • (5)
  • (5)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 71
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (194ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784048850858

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • angelaのコメントと、「冲方丁のギャンブル人生」全話が載ってると聞いて購入。

    「蒼穹のファフナーHAE」「マルドゥック・スクランブル 圧縮」公開当時のムック本。
    当時までのファフナーやシュヴァリエの記事再録中心。

    「ギャンブル人生」はコラム連載当時や、購入時はこんなことになるとは思わなんだ…(遠い目)
    今読むとめちゃくちゃ重いですが(ネタの大半が当時の奥さんと一人目のお子さんネタでおむつ)、連載当時は爆笑ものでした。
    残念ながら、ページ数に収めるために挿絵カットと異常なまでの豆字です。 ルーペ必須。

    KATSUさんのコメントではさらっと「もらい泣き」の題材になったことに言及してます(笑)

  • 蒼穹のファフナー劇場版の書き下ろし小説ほか。

  • 『マルドゥック・スクランブル』が好きだから手に取った冲方丁のムック本。
    触れられているのは、主にアニメ版の『マルドゥック・スクランブル』と『蒼穹のファフナー』。そしてアニメワーク。

    ただ、冲方丁と富野由悠季の対談(過去のNewTypeの再掲)はかなり読む価値があると思う。

    私はガンダムが嫌いなので富野由悠季の仕事は知らないのだけど、この対談でのこの人の言葉は重みがある。日本の現状を分析してる様は、言い得て妙なのです。

  • まさかファフナーの新作を読めるなんて思っていなかったので、書き下ろし短編は凄く嬉しかったです。しかも120枚なんて…!!

    単行本未収録が2本、マルドゥックの書き下ろしもあって、非常に贅沢なムック本だと思います。中身は昔のNewtype記事の再録なので、作品に関して目新しい事は無いんですが『冲方丁のギャンブル人生』が全掲載されていたのは嬉しかったです。冲方さんの書くコラムは何故あんなに面白いのか…!

全5件中 1 - 5件を表示
ツイートする