血潜り林檎と金魚鉢男(1) (電撃ジャパンコミックス)

著者 :
  • アスキー・メディアワークス
3.93
  • (45)
  • (56)
  • (35)
  • (10)
  • (0)
本棚登録 : 482
レビュー : 45
  • Amazon.co.jp ・マンガ (187ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784048860499

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • この作家さんの発想力ってどうなってるんだろ。あまりに飛び抜けた発想力。でもとても面白い。独特な絵柄も合ってるのかなぁ。
    連載止まってたみたいですが、再開したらしく次巻が楽しみ。

  • この人にしか描けない世界観が好き。

  • タイトル通りで困る。

    ホラー調のナンセンスものだが、ヒロインがスク水だったり色々スゴい。センスを眺めるのが正しいのかな。

  • この作品のジャンルカテゴリが分からないww
    それだけ色々な要素を含んでいる。ホラーのようでもあり、
    ギャグ要素もあり、スクール水着というマニアックなちょいエロ感もあり、
    そしてアクションシーンもあり…。
    とにかく初めて出会うタイプの作風であり、面白い。

  • なんだか不思議な漫画。
    独特の世界観、続きが気になる。

  • (1)~(3)

  • 昔はこういうの好きだったのだが、あんまりハマらなかったです。

  • 絵が可愛いです。

    世界観が独特でほのぼのさも感じます。
    とても良い漫画家さんに出会えてうれしいです。

  • 見どころは、なんといっても林檎が昊介と協力して金魚を「すくう」シーン!
    天然ドジっ娘でまだまだ新米の林檎と血潜りですらない昊介がタッグで事件を解
    決しようとするも、失敗や予想外のアクシデントで、いつもピンチに…!
    いつもギリギリの二人に、緊張感は絶えません。
    しかし平時の描写はといえばどこか気が抜けていて、独特の画風も相まって不思
    議な雰囲気を感じさせます。

    描写やシーンにメリハリがありつつも、どのページからもあふれ出る謎の日常
    感。。。日常ものが好きな人、アクションが好きな人の両方にオススメできます!
    突っ込みどころ満載なシーンや、見事な場面転換はさすが。
    主要キャラクターだけでなく、モブキャラにもところどころ変な奴が登場しま
    す。しかもいたって普通に…


    ちなみにこの作品は第15回文化庁メディア芸術祭マンガ部門の推薦作品に選出さ
    れており、今とても期待の大きい作家さんです。
    他の作品「少女奇談まこら」や「バニラスパイダー」も店舗にあるので、ぜひ読
    んでみてください。(自分もまだ読んでいないのでしっかりチェックしておきま
    す…!)


    金魚になってしまった昊介の妹やたくさんの被害者達を助けるために、二人は立
    ち上がります。
    果たして彼らに金魚はすくえるのか…
    ぜひご一読を!

  • かわいい

全45件中 1 - 10件を表示

阿部洋一の作品

血潜り林檎と金魚鉢男(1) (電撃ジャパンコミックス)に関連するまとめ

血潜り林檎と金魚鉢男(1) (電撃ジャパンコミックス)を本棚に登録しているひと

ツイートする