ようこそ、フェアリーズ・インへ! (電撃文庫 お)

著者 :
制作 : 得能 正太郎 
  • アスキー・メディアワークス
3.21
  • (2)
  • (7)
  • (10)
  • (4)
  • (1)
  • 本棚登録 :77
  • レビュー :9
  • Amazon.co.jp ・本 (317ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784048862509

作品紹介・あらすじ

さえない駆け出し冒険者のラウル。彼が居候している宿屋の女将が病気で倒れてしまう。ツケをためても許してくれていた女将がいなくなり不安だった彼だが、新しくやってきた女将はびっくりするぐらい純粋で美しい少女だった。その少女-ミリーは魔法学院に通う才媛、家事も万能、人を疑うことを知らないきれいな心の持ち主ときている。ラウルが鼻の下を伸ばさないわけがない。しかも、本来なら相手にされないはずのラウルのことをミリーが、偉大な冒険者と勘違いし!?魔王も倒さず世界も救わない、日常ほんわか冒険ファンタジー。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 表紙が可愛くて。
    でも、内容はあまり好みではない。
    新たな展開があるのかどうか、といったところ。経過観察。

  • 凡庸な冒険者と、大して特徴のない魔法使いと、ようわからん部族が出てきて、たいした成果も上がらへん話。
    ぱっとせんな。

  • 主人公のヘタレっぷりが特筆モノ。
    たぶん初期値でLUK全振りしたんじゃないかというほど運がいい。
    近々2巻も出るからどう展開するか楽しみ。

  • 主人公のヘタレっぷリは少々見ててもやもやさせられるところがあったけれど、ヒロイン達は個性的でかわいいです。魔王も倒さない、世界も救わない、
    日常ほんわかファンタジー。確かにその通りかもしれません。ストーリー的には楽しめました。今後主人公がどう成長していくのかに期待です。

  • ホントに何もない主人公ですな。やたら強運なくらいか。何もない割に性格が少し…そこもある意味普通の人間っぽさなのかな。今後成長がある方が読みやすいんだけど、これはこのままでもいいような気もするし微妙なところ。あ、ヒロインズは挿絵も相俟ってそれぞれいい感じでした。

  • 近所の御用聞きのレベルの冒険者譚。
    とはいえ、運がよいだけの初心者キャラなので一発芸には違いない。

    この先のばすのはきついかもなぁ。

    とはいえ、特殊能力もたせると、なんかコンセプトがかわるような気もするが。片鱗があるのでもしかしたら折込済みかもしれんが。

    マッドサイエンティストなヒロインはいい味だしてるけど。

  • ルフィはアリス風味でかわいいけど、年齢不明。マッド・エンチャンター属性はポイントが高い。

全9件中 1 - 9件を表示

小河正岳の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

ようこそ、フェアリーズ・インへ! (電撃文庫 お)はこんな本です

ツイートする