あなたの街の都市伝鬼! (電撃文庫)

著者 :
  • アスキーメディアワークス
3.53
  • (9)
  • (15)
  • (14)
  • (5)
  • (2)
本棚登録 : 122
レビュー : 21
  • Amazon.co.jp ・本 (319ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784048862752

作品紹介・あらすじ

民俗学者を目指して都市伝説を調べている高校生・八坂出雲。「ムラサキカガミ」の研究をしながら誕生日を迎えた彼のもとに、伝説と同じ怪奇現象が発生!そして出現したのは『都市伝鬼』ムラサキカガミを名乗る少女だった。都市伝説を愛する出雲は、彼女たち都市伝鬼を一冊の本に編纂することになるが…それを聞きつけた伝鬼たちが、続々と出雲の前にやってきた!愛らしくも血みどろの和装童女から凶暴な武器を構えたお姉さん、超高速で追いかける少女に生首まで…次々と怪奇現象に襲われて、恐がりな出雲はどうなる!?少し怖くて、とっても可愛い都市伝鬼たち山盛りで贈る、ほんわか怪奇譚。第18回電撃小説大賞"金賞"受賞。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 「都市伝説を集める」という設定で、MFの『101番目の百物語』などと印象がかぶりますが、今後どれくらい独自色を出せるかな、といった感じ。

    内容自体は、時間の経過の描写が引っかかる以外は適度に勢いがあっておもしろいです。

    追記
    第18回電撃大賞 金賞受賞作。

    (一部ネタバレ)
    主人公・八坂出雲が、人の形を取った都市伝説"都市伝鬼"をに出会い、それらを成果としてノートに書き綴ることで「都市伝説を規定する」というおはなし。
    ある大学の付属校に通う主人公。民俗学の権威で、尊敬する大学教室の研究室に入り浸っていたところ、その教授から「都市伝説をまとめないか」という誘いを受けることから物語は始まります。提案を受けた主人公は、4年後の大学ゼミの正式登録の際に完成させることを約束。そこからどんどん都市伝説(や妖怪など)が現れるようになります。

    設定というか、あらすじを読んだ段階ではサイトウケンジ氏の『101番目の百物語』シリーズとほとんど同じでは?という印象。あれは都市伝説を「ロア」と称し、そのロアを行使することで新たなロアを得、百物語を完成させる、というストーリーですが、こちらのロアを「都市伝鬼」と置き換えただけでかなりの部分が一致、とまではいえませんが、似たような印象があります。もちろん、独自の展開や設定はありますので、次巻以降でどれだけそれを有効活用し、膨らませることが出来るかが鍵となると思います。

    あと気になったことは、最初に登場したムラサキカガミのサキが、単に「4年というリミット装置」の役となってしまっていることでしょうか。

    評価 4/5 次巻に期待。

  • きっちり作内4年後まで続くといいね

  • みんななんかいい。
    いやなキャラはいないです。
    一番は…コトリかな?…一番怖いのもコトリだけど。
    次点はサキさんで!
    あと冷蔵庫の生首も気になるけど。

  • 巷にあふれる、怪しげな都市伝説。
    4年後に向けて集め始めた主人公の前に
    その都市伝説達がやってきた!?

    これをすべて、身を持って体験せねばならんとは…という
    恐ろしい現実が待っているわけではありますがw
    紫の鏡、は聞いた事あります。
    ジェットは…言われてみれば?
    ベットの下の、は怪奇ホラーではなく
    都市伝説だった、というのを知りました…。
    まったく知らないのは、コトリバコ、だけです。

    しかしというかなんというか。
    話がそこに流れて行くとは。
    確かに伝えて知られる事が大事、とは
    最初から言ってましたが。
    結局、すべての存在は、神様と同じく
    信じなければ力がでない、という事??

  • 良くも悪くもラノベだなあ。気負わずさらっと読めます。女の子たちも可愛いし、まあ無難。

    ちょっと文句をつけますと、無難すぎて特に目新しさや突き抜けた面白さはないです。うーん・・・金賞受賞作がこれなのかぁ。正直、もっと面白いのあったんじゃないのかって言いたくなるけど。
    無難なら無難なりに表現がうまいとか、設定やストーリーがよく練りこまれてるとか、そういう感じも無いです。
    都市伝説を題材にしているのはいいんですが、使うならもうちょっと新しい解釈やアレンジがあってもよかったかな、と。都市伝説を美少女にして怖くなくしよう!って発想は2chのSSなんかで散々既出ですしね。
    よく知られているものばかりで特に捻りもなく…ハーレム物というわけでもないなら全員女の子なのもなんで?となるので。

  • 都市伝説を調べて纏めて一冊の本にしようとしていると
    いろんな都市伝説の鬼,都市伝鬼が我こそはアピールしてきて….
    ムラサキカガミ,ベッドの下の斧女,ジェット女,コトリバコ….
    そんな都市伝説ちゃんたちとイチャイチャしつつなんだかんだ.
    都市伝説も妖怪も,人から忘れ去られると消滅してしまう.
    そんな話,そういえば最近読んだような….
    まぁ,アレとは方向性もジャンルも違うんでどうでもいいか.
    面白かったよ.
    続きも気になるなぁ….

  • 電撃小説大賞金賞受賞作品。

    開始1ページで、「ああ、この作者好きだな」って思った。

    実際、キャラは立ってるし使い方も上手い。
    グロくなりがちな描写もさらっとまとめて不快感が出ない。
    しっかりと自分の哲学を持って作品に挑んでる所に好感が持てます。

    ただ、日常パートというか、ほのぼのパートになると、
    急に地の文が減ったりして会話のリズムが肌に合わなくなる。
    あと、全部無駄に女の子なのも不満。
    まあ、長く続けるつもりないならいいけどさ。

    でもその辺はこれからに期待ってことで。
    次作品も手を出してみませう。

  • 最近、都市伝説系が多いな。

  • 選考員のコメ読んだが設定パクりなの知らないらしい。昔バカテスパクって回収されたやつも選考員奨励賞だったし、どうかしてるな。応募者が報われん。

  • 都市伝説を美少女に擬人化してハーレムにしたもの
    設定に無理がある

    淡々と都市伝説の話の内容を紹介されただけな印象
    しかも全て有名な知っている話ばかりなので
    何の面白みもなかった。
    どこが評価されて金賞になったのか全くわからない

全21件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

第18回電撃小説大賞〈金賞〉受賞。同受賞作『あなたの街の都市伝鬼!』でデビュー。他のシリーズに『ネトゲの嫁は女の子じゃないと思った?』シリーズがある。

「2020年 『ネトゲの嫁は女の子じゃないと思った? Lv.21』 で使われていた紹介文から引用しています。」

聴猫芝居の作品

ツイートする