シャロン―死者は神を語らない (メディアワークス文庫)

著者 :
  • アスキーメディアワークス
3.16
  • (6)
  • (9)
  • (32)
  • (8)
  • (2)
本棚登録 : 180
レビュー : 20
  • Amazon.co.jp ・本 (289ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784048864572

作品紹介・あらすじ

ガス灯が光り輝く19世紀末のパリ。華やかなその街で、連続失踪事件が起こっていた。警察の捜査が難航するなか、パリ随一の腕を持つ遺体修復師シャロンのもとに美しい少女の死体が運び込まれてきた。無残な亡骸に語りかけ、処置を始めようとしたその時、シャロンはある異常に気がつく。少女と失踪事件の謎。それに意図せぬ形で挑むことになったシャロンの前に、パリを蝕む漆黒の闇が立ち塞がる。過酷な運命と共に神の奇跡を宿した青年が、辿り着いた真実とは…。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 遺体修復師が謎を追うというあらすじで、てっきりミステリの探偵ものかと思っていたが、ゾンビをあやつるバトルだった。
    もう少し主人公の普段の仕事風景を読みたかった。
    腐敗した遺体の修復はどのようにするのか気になったり。
    墓地横に自宅のある主人公は無敵だよなと思ったり。

    元美女ゾンビ50体VS犯人は楽しかった。
    バトル中主人公は全裸に腰巻だけ。
    あれだけ暴れれば落ちてると思われるが、誰も気にしない。
    犯人だって全裸だ。

    リュシー可愛い。
    女装メイドのジルも好き。
    シャロンは結局代わりに女装したのだろうか。

    • 久遠の都さん
      ゾンビでバトルってすっごい好きな設定DEATH。
      アンデットナイツみたいなかんじですね。

      エンバーミング技術でも腐敗した遺体の修復は出来な...
      ゾンビでバトルってすっごい好きな設定DEATH。
      アンデットナイツみたいなかんじですね。

      エンバーミング技術でも腐敗した遺体の修復は出来なかったと思うから、他の死体からパーツ交換して修復だと思います。

      とりあえず、この本買ってくるwww
      2012/07/14
    • 神野イオリさん
      コメントありがとうです。
      語尾、無関係な別の作品になっていますよ。

      ゾンビバトルですが、阿鼻叫喚というより酒池肉林があってます。
      貴方の期...
      コメントありがとうです。
      語尾、無関係な別の作品になっていますよ。

      ゾンビバトルですが、阿鼻叫喚というより酒池肉林があってます。
      貴方の期待するゾンビではないので悪しからず。

      腐敗したものは無理でしたか。
      勉強になります。
      2012/07/14
  • イマイチかな…

  • 2014年7月28日読了。

    ミシェル&ジルの退役軍人コンビが好きだわ~♪

  • 2013年7月

  • 19世紀末パリ、遺体修復師シャロンが連続失踪事件に挑む―。
    「ダ・ヴィンチ」での紹介文と表紙イラストに惹かれて読んでみました。

    最初の感想は「あれ?」
    シャロンのイメージが違う・・・
    まあ、表紙の絵から勝手にイメージしていたのでアレですが、乱暴な口調に終始違和感でした。
    そしてニーナとの掛け合いはちょっと狙いすぎかなぁと。
    美形、女心に鈍い、聖遺骸、等々シャロンに要素を詰め込みすぎ感がありました。

    サブキャラもキャラ立ちしているので、漫画化に期待してます。
    ミシェルとジルなんて見事にホイホイされました。
    盲目も退役軍人と、女装のメイド・・・これはぜひイラスト担当の睦月ムンクさんに描いていただきたい。

    内容は思っていたよりグロテスクでした。
    蛆がわくとか皮を剥ぐとか。
    マクシミリアンの狂気が気持ち悪かったです。(褒め言葉)

    『トリニティ・ブラッド』と同じ系統でしょうか。
    シャロンの描写はアベルがクルースニク化したときと似ているなぁと感じました。

  • 表紙のイメージと中身がなんか違う…喋り方が……

  • ラノベ的にキャラクターは揃っているが、少し魅力に欠ける。記憶喪失という着想は面白かったが、身体に染みついたモノを伏線にするとか、冒頭に伏線を張るともっと面白かったのでは。シャロンの聖体の事情が唐突すぎないか?
    街の描写は悪くないので筆力はあるんだと思う。

  • 19世紀末のパリが舞台にしては雰囲気が足りないと感じてしまった。キャラはラノベらしい感じ。キャラや雰囲気がもっとダークでも良かったのでは。

  • そういえば本来この人の専門は西洋史だっけ。魔法士より先にこっち書いてたんかな?
    設定的に続編あると思ったらやっぱり出たよ。

  • シャロンとリュシーのでこぼこコンビが、少女達の謎の失踪事件に挑みます。
    お話としては面白かったんですが、ちょっと説明不足なところが少し残念。
    キャラクターは魅力的でした。ジルのメイド姿はぜひイラストで見たいです(^_^;)

全20件中 1 - 10件を表示

シャロン―死者は神を語らない (メディアワークス文庫)のその他の作品

田名部宗司の作品

シャロン―死者は神を語らない (メディアワークス文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする