俺ミーツリトルデビル!〈3〉ひと夏のフェニックス (電撃文庫)

  • 46人登録
  • 3.29評価
    • (2)
    • (4)
    • (4)
    • (4)
    • (0)
  • 5レビュー
制作 : 犬洞 あん 
  • アスキーメディアワークス (2012年3月10日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (283ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784048864596

作品紹介

芽亜のもとに、母である夕星宛ての手紙が届く。魔力の残るその手紙に誘われ、芽亜たちは海水浴がてら海を訪れることに。もちろん巧馬の脳内は女子の水着妄想でいっぱいだが、そこで彼らを待ち受けていたのは、エルハームと名乗るフェニックスだった-。フェニックスの血を狙う祓魔師との戦いの最中、エルハームは人間の少女の姿になってしまう。同時に過去の記憶も失ったらしい彼女を、芽亜と巧馬は寮へと連れて帰る。そして迎えた夏休み。なぜだか巧馬の実家で、3人の同居生活が始まってしまい!?半熟悪魔×妄想少年で贈る、甘美系学園ラブコメ第3弾。

俺ミーツリトルデビル!〈3〉ひと夏のフェニックス (電撃文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 前巻の冗長さとは打って変わってさまざまな伏線が一気に回収されたところは良かった。
    タイムスリップが出てきた時点で何でもアリになってしまったのでご都合主義が気になったが、うまくまとめていたと思う。

    しかし、唐突に出てきたラスボスがあっけなくやられたのには笑った。

  • 面白くなってきたところで、最終巻。残念ですね。主人公がかっこよくなるのは、お約束。

  • あっさりと完結編。帯とかに事前情報が無いのは良かった。それなりに伏線とか回収しているし、綺麗に纏まったと思う。主人公が変態的ではあるものの筋は通っているし読みやすいシリーズだったので、ゆるゆる続いて欲しかった様に思うがこれはこれありな終わり方。
    唯一フランケンシュタインの伏線だけは完全に放置になりましたね。全体の構成で見ると余計なエピソードだっただけに、構成見直しに失敗したのかな?

  • 2012 3/25読了。WonderGooで購入。
    芽亜のところに届いた一通の手紙が元で海に向かった一行。
    そこで出くわしたフェニックスが転生した幼女(後に少女)を育てることになった芽亜と琢馬の一夏の話。
    ・・・と思ったら芽亜の母親の件の真相や魔物が消え去った謎もすべて明かされる、唐突なシリーズ最終巻。

    最後展開が急ピッチになるのはさておき・・・峰守ひろかずさんは『ほうかご百物語』がいい感じに続いたので今作も期待していたのだけれど、けっこう短めにまとまったなあ。
    『ほうかご~』に比べると西洋の話とはいえあんまり取材に基づく感じでなかったのが痛かったか。
    これで同時期にファミ通文庫でやってた夢魔さっちゃんも含め、夢魔ものラノベはいずれも短命というジンクスがついてしまったなあ。
    次回作には期待したい・・・妖怪ものはかなり面白かったので路線はあってると思うんだけどなあ・・・。

  • サイドテール夢魔の芽亜かわいいよ。53ページの水着イラストも素敵。右側(芽亜)だけでいい!

全5件中 1 - 5件を表示

俺ミーツリトルデビル!〈3〉ひと夏のフェニックス (電撃文庫)のその他の作品

1-B01MS9FU8Qの詳細を見る Kindle版 1-B01MS9FU8Q 峰守ひろかず

峰守ひろかずの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

俺ミーツリトルデビル!〈3〉ひと夏のフェニックス (電撃文庫)はこんな本です

ツイートする