アクセル・ワールド〈11〉超硬の狼 (電撃文庫)

著者 : 川原礫
制作 : HIMA 
  • アスキーメディアワークス (2012年4月10日発売)
3.94
  • (54)
  • (92)
  • (62)
  • (2)
  • (0)
  • 本棚登録 :737
  • レビュー :40
  • Amazon.co.jp ・本 (301ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784048865210

作品紹介

ブレイン・バースト内を暗躍する謎の組織≪加速研究会≫。その総本山≪東京ミッドタウン・タワー≫の頂に鎮座する、≪大天使メタトロン≫。完全無敵の神獣(レジェンド)級エネミーによって守護されている≪加速研究会≫を打倒するため、七王会議が開かれた。
そこで導き出された秘策とは、シルバー・クロウの新アビリティ≪理論鏡面≫獲得作戦だった。
メタトロンの放つ絶対即死極太レーザーにも耐えるアビリティを習得する命を受けたクロウだが、≪心意技≫がイマジネーションによって生み出されるのに対して、≪アビリティ≫は行動をトリガーに発現する。そのため、今までのハルユキの強いイメージだけでは、≪理論鏡面≫アビリティは習得できない。
いっこうに糸口が見えないハルユキに対し、≪アーダー・メイデン≫こと四埜宮謡が哀しい過去を語り始め──。

第15回電撃小説大賞<大賞>受賞作の11巻。2012年4月よりTVアニメ放映開始!

アクセル・ワールド〈11〉超硬の狼 (電撃文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • シリーズ第十一巻、七王会議の場で災禍の鎧の浄化も認められ、加速世界からの追放を免れたハルユキだが、それもつかの間ISSキット打倒のために〈理論鏡面〉なるアビリティの獲得を目指すことに。謡の過去に触れつつアビリティ獲得への糸口を掴もうとするハルユキの前に現れたのは、巷で話題のレベル1ニュービー〈ウルフラム・サーベラス〉だった。
    災禍の鎧編もひと段落し、新たなライバル?との対戦をきっかけに原点に立ち返るという展開で、久しぶりに対戦格闘ゲームとしてのブレインバーストを意識させる話で楽しめた。ブレインバーストで過ごした時間の長さから大人びた言動をするキャラクターたちが多い中で、特異な境遇から年相応のあどけなさを見せる綸ちゃんは相変わらず魅力的、文化祭イベントには期待できるのだろうか。

  • 物理無効か…先が長そうです

  • 加速世界に生きる少年・少女の物語の第11弾。
    災禍の鎧浄化時に現われた大天使メタトロンを打倒するために七王会議が開かれ、その白羽の矢がたったのがクロウだった。
    それの策を会得するために色々やっている時に、レベル1のリンカーが現れた!

    災禍の鎧シリーズが終えて、新シリーズが始まりましたね。
    シリーズ序章としては満足。
    ニコもパドさんもでてきたし、新たな敵も出てきたしね。
    これからの展開に期待大!

  • 鎧の干渉から開放されたハルユキに、賞金首にしようかとしていた王たちが、新しい技を習得するように命じる。
    それは本来いるはずのない場所にいるものを退治する作戦に必要不可欠だという。
    もしも鎧がまだハルユキに残っていたとしたら、王たちの間でどんな風に意見が割れて、どんな決断をされたのだろうと思ってしまいました。

  • 本作でまた新キャラ、ウルフラム・サーベラスが登場する。話がどんどん広がっていて、どうやってケリを付けるんだろうと少し不安になる。『あんたは夢枕獏かっ!』などと突っ込んでもしょうがないけど。

    このウルフラム・サーベラスも謎だらけで、妙に強くて異常なくらい清々しい。とても魅力的なキャラクターだと思うし、今後ハルユキにとって敵になるのか味方になるのか、気になる存在になりました。

  • 災禍の鎧も浄化して一安心かと思いきや、大天使メタトロン討伐のために『理論鏡面』アビリティを習得しろとか言われてなかなか気の休まる暇のないハルユキ。
    新たなライバルも登場して色々物語が動き出した感じ。
    このウルフラム・サーベラスの真の姿と、加速研究会との関係性が今後の見所か。

    もっとイチャイチャしていいんやで。

  • 加速研究会を倒すためハルユキに新たなタスクが課されたりういういの悲しい過去が明らかになったり、新たな謎ライバルが現れたりな新章スタート。

    とまれ冒頭、妙なフラグが立ってたニコとういういがあっさり出会ってたのは拍子抜けしつつもとりあえず良かったなあと思ったことであるよ。

  • 加速研究会に繋がる新たな敵・・というパターンになるのかな。今回は起承転結の起の部分で、進展は少ない。メンバーのイチャイチャ鈍感もあまりなかったし・・「さぁ、どうなる!次号に続く」という終わり方で、やや欲求不満。ただ、問題が残ったままで先の楽しみは大きい。それにしても、謡とニコに関しては不吉な伏線があったと思うが・・顔合わせが済み、これからかな?ちなみに、どっちも好きです(笑)

  • 新章始まる。
    アッシュローラーとの一戦が、今回のツボ。
    綸ちゃんを誘っているところもなかなか。

  • Wが出てくる話。
    電熱線にして焼き切ってしまえ。

全40件中 1 - 10件を表示

アクセル・ワールド〈11〉超硬の狼 (電撃文庫)のその他の作品

川原礫の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

アクセル・ワールド〈11〉超硬の狼 (電撃文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする