9S(ナインエス)〈11〉true side (電撃文庫)

著者 :
制作 : 増田 メグミ 
  • アスキーメディアワークス
3.85
  • (11)
  • (13)
  • (17)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :164
  • レビュー :15
  • Amazon.co.jp ・本 (345ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784048865456

作品紹介・あらすじ

地球上の全生物の滅亡が目前に迫る中、由宇がついにその地に立つ。これは偶然か必然か。このシベリアに「遺産」の原点に関わるすべての者が揃ったのだった。峰島と真目家の確執を知る女性スヴェトラーナ・クレール・ボギンスカヤの失われた過去。セルゲイの後継者と目される狂える天才イワン・イヴァノフが握る秘密。彼らと由宇が交わるとき、封じられていた歴史の扉が開かれる!?生存が絶望視される岸田達の消息は?グラキエスから逃れるため、闘真達一行が繰り広げる決死の逃避行の行方は?怒濤の展開に目が離せない。シベリア編、いよいよ佳境。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ・・・ラノベの中では、ストーリーもしっかりしていて断トツに面白い・・・のだけど、
    う~ん、新刊が5年以上でてない。
    ちょいと調べてみたら、作者さんが気に入るものが書けなくて滞っているみたいなので、ここは気長に待つとするか・・・
    もっとすごい人もいますしね・・・

  • 13冊目でシベリア編2冊目。ちなみに現状最新刊。まだまだシベリア編の完結は先が長そう。クレールはきっとまた出てくると信じてる!

  • 旧ツァーリ研究所に忍び込んだ由宇は、その地下でグラキエスの調査を開始する。クレールとともに難民非難する闘真の前には、巨大な壁のようなグラキエスの大群が迫りくる。京都第三条約という公の承認を得て、山岳に隠れたADEMの部隊も踏み込み、旧ツァーリ研究所では人類存亡をかけた闘いが始まる。

    シベリア編も佳境に入ってきた。
    遺産技術満載だった海星編までとは異なり、シベリア編では遺産技術の塊であるグラキエスが象徴的だ。襲われた村々の人々を集めながら安全地帯を捜し歩く闘真とスベトラーナ一行。限られた戦力の中、雪崩れ込んでくる無数のグラキエスとの戦闘は、先が読めずにはらはらしっぱなしだった。絶望的な展開の分だけ、臨場感が増して面白くなるのは著者の技量か。

    八代とマモンの関係も進展を見せます。
    迫りくるグラキエスから一人逃げそびれた八代に、スノーモービルで助けに向かうマモン。危機的状況にヒーローが助けに現れる展開ってありがちだとわかっているけれど、読んでいて気持ちがいい(普通立場は逆だけれど)。海星編では危ない人の印象が強かったマモンだけれど、シベリア編では憎からず八代を想う純粋さが際立っています。

    本巻の終わり方が中途半端なので、次巻への期待はますます高まる。

  • 待たされすぎ。
    って言うか、なかば忘れていたので、11巻が1年も前に出ていたのに気づいていなかった。
    話の内容もかなり忘れていたけど、何度も読み返したシリーズなので、読んでいるうちに何となく思い出してきた。
    それにしても、今回の敵は手強いよね。
    広げた大風呂敷、次巻で回収できるのか?
    そして、次巻が出るのは何年先なのか?

  • 好きなんだけど、今回は待たされた分、評価低め。

    闘真はいつ復活するの?
    弱いまま?
    強いのが次々でてきて、
    でも封印されたままで本気なし。
    アムロっぽい主人公。
    このまま終わらないんだろうけど、封印も解くんだろうけど
    引っ張りすぎなような。

    岸田博士も実はすごい人。
    元凶?


    まだまだ目が離せないんだけど、続きはきになるんだけど
    延命っぽくなってきてちょっと悲しい。


    待ってる間に記憶が薄れる(サタンってどんなだったか記憶が・・・・ない!)から執筆をもう少しだけ早くお願いします。

  • どこにむかっているのかわからない
    おもしろくないわけではないのだけれど

  • 読もうと思いつつ一ヶ月半もほったらかしてたが、ようやく読めた。
    全炭素生物を絶滅に追いやる最悪の遺産災害、珪素生物の大侵攻をどうやって食い止めていくかがメインストーリーで、クレールとその母親の物語が進行していく感じ。闘真があんまり活躍できていないように感じた。多分由宇との絡みがほとんど無かったからだと思う。むしろ八代とマモンの絡みがいい感じにあって、こっちの方がニヤニヤした。
    全体でみると、次でロシア編が終わって新しい章が始まるんだと思うが、そろそろ決着つけてくれ。だいぶ長い期間やってるから、最初の頃のストーリーを忘れてしまった。
    ドラマCDになったのにソコからのメディアミックスがないのはどう言うことなんでしょう?1、2巻ぐらいはOVAでも良いのでアニメ化してくれないかな?

  • 読了。

    イラストが変わったせいもあるのかもしれないけれどロシア編はあんまり好きじゃないな。

    敵が群体なのもあまり燃えない。
    一段落してもっと闘真と由宇を出して欲しいな。

  • 2年半ぶり!なので 上下巻構成だと思ってたらまさかの続く(゚Д゚)
    よって評価は保留~

  • ほほう

全15件中 1 - 10件を表示

9S(ナインエス)〈11〉true side (電撃文庫)のその他の作品

葉山透の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

9S(ナインエス)〈11〉true side (電撃文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする