おどろ町モノノケ録 2 (電撃ジャパンコミックス オ 1-2)

著者 :
  • アスキー・メディアワークス
3.85
  • (3)
  • (5)
  • (5)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 62
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・マンガ (160ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784048869300

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • オバケと人間が共存する日常が壊れる日。
    人間の業の深さを思い知る。
    ちょうど移民問題について考えていたので、移民受入ってこんな感じなんだろうなと思った。
    よいオバケもいれば、悪いオバケもいる。当初は想定していない、とんでもない輩が乗り込んでくる可能性もある。そして、最後は取り付かれてしまい、日本人が受け入れてもらう側になる。

  • ヤケクソか趣味か、前巻から想像もつかない衝撃の展開また急展開! こんな気の抜けたオブ・ザ・デッドを描けるのは作者だけだろう。

  • この人のギャグは、通じにくいだろうけどある特定の人にはスゴく良いのは確かだ

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

1979年神奈川県川崎市出身。
1998年に週刊「ヤングマガジン」に掲載された『マサシ!! うしろだ!!』でデビュー。
その後紆余曲折あったが、ホラーギャグ『でろでろ』、化け物の類いが出てこないホラー漫画『ミスミソウ』、少年時代とゲームを題材にした『ピコピコ少年』、アクション巨編『ゆうやみ特攻隊』、自分の母親の半生を描いた『HaHa』とジャンルに縛られない作品を世に送り出し続けている。
現在、月刊「ビッグガンガン」にて『ハイスコアガール』、「漫画アクション」にて『ぎゃんぷりん』を連載中。

「2018年 『狭い世界のアイデンティティー(2)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

おどろ町モノノケ録 2 (電撃ジャパンコミックス オ 1-2)のその他の作品

押切蓮介の作品

ツイートする