日本人はなぜ足元を見られるのか? 「お人好し民族」の悲哀 (アスキー新書)

著者 :
  • アスキー・メディアワークス
2.80
  • (0)
  • (1)
  • (2)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 15
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784048869676

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 日本人はお人よしというよりも、まともに対外的な交渉をせずにきてしまった(外圧などによって変わる)ために、国家単位でも個人単位でも未熟なままきてしまったと分析する一冊。

    で、どうすればお人よし民族から脱却できるかという点に関しては不明、というか明確なビジョンが見られなかった。

  • 読了。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

1946年、愛知県生まれ。元日本航空機長。1969年、慶應義塾大学法学部卒業後、日本航空入社。DC8、ボーイング747(ジャンボジェット)、エンブラエル170などの機長として、オセアニア、東南アジア、中国、米州線に乗務。ボーイング747飛行時間では、1万4000時間という世界一の記録を保持する。2002年、機長1万時間無事故表彰。首相フライトなど、政府要請による特別便の乗務経験も多い。安全推進部在籍時には、「スタビライズド・アプローチ」など、航空界の安全施策を行うとともに、数々の著作で、航空機事故を検証するなかで、ハイテク機への過信への警鐘を鳴らしている。写真家としてのキャリアも長く、写真集を出版するほどの本格派。日本エッセイスト・クラブ会員。
著書に『危ういハイテク機とLCCの真実』(扶桑社)、『ジャンボと飛んだ空の半世紀』(交通新聞社)、『プロフェッショナル・パイロット』(イカロス出版)、『機長の告白――生還へのマニュアル』『機長の「失敗学」』『高度1万メートルからの地球絶景』(以上、講談社)などがある。

「2014年 『マレーシア航空機はなぜ消えた』 で使われていた紹介文から引用しています。」

日本人はなぜ足元を見られるのか? 「お人好し民族」の悲哀 (アスキー新書)のその他の作品

杉江弘の作品

日本人はなぜ足元を見られるのか? 「お人好し民族」の悲哀 (アスキー新書)を本棚に登録しているひと

ツイートする