このままではいられない (B‐PRINCE文庫)

制作 : 氷栗優 
  • アスキー・メディアワークス
3.20
  • (0)
  • (2)
  • (2)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 24
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (257ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784048869966

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 初読み。合いませんでした。受けがあまりに自己中心的なことと、文章全体から漂う90年代感(?)が…結局タイトルの、どうしてこのままじゃいられないの?って部分の解決は何一つされていない気がしました。

  • 幼なじみの二人が再会。恋人になるまでの葛藤や恋人になってからの距離感がリアルに描かれている作品です♪
    巻末SSでは就活を前にどうすれば周以と離れずにすむか悩む樹に萌えました( ´艸`)

  • 初作家さん。うーん…。
    幼馴染もので攻が実はずっと主人公を好きだった、で主人公は何でこのままじゃダメなのっていうよくある話だったのですが、むしろ何で恋人じゃダメなの?っていう。何で「これはダメだ」って攻を拒むのかが全く書かれてなくて、何でダメなの??ていうはてなだらけでした。いやいきなり同性の幼馴染から迫られて戸惑うとかは解るのですが、それもあんまり拒否する理由的には書かれてないし、男同士だからダメだとかすら大して書かれてなくて、ちらっと一回出て来たかなって程度で、ただダメだダメだとしか書かれてなくて、何でダメなのかがさっぱり解らなかったので全然移入出来ませんでした。
    恋人になるのはダメなのに失いたくないって、失いたくない理由も正直、ただの便利な都合の良い人扱いにしか思えなくて。なんか攻ばかり可哀想だなっていうかあれだ、主人公に全く魅力がなかったです。だから何で攻はこんな主人公が好きだったんですかねー。てのもあってうーんとなったんでしょうね。
    でもやっぱりなぜ拒否ってるかが解らないというのが最大の要因でした。「このままではいられない」、主人公が守りたい「このまま」というのはどういうものか、どれだけ貴重なのか、そしてそれをどんな風に主人公が大事に思ってるかが描かれてなかった。だから世界が崩壊すると何度も書かれて深刻になられてもちっとも深刻さが伝わりませんでした。ただ上っ面だけでダメダメ言われて、中学生向けみたいな。ビープリのカラーと言われてしまえば仕方ないですが。
    続編も、なんだか甘ったれな、やっぱり攻は都合の良い人扱いだし、好かれてないって攻が思っても仕方ないと思いました。好きさが伝わらない。あんだけ拒否ってたのに、今度はころっと恋人関係に依存だしなんだかなぁと。
    文章が微妙に読み辛かったです。なんだろ、時代を感じる?90年代ぽい感じ。
    そして挿絵…苦手なの判ってて買ったのですがやっぱり厳しかったー。癖が強い方は主張しすぎて正直邪魔かなと…。
    あとがき、何してたか知りたい人もいるでしょうがそこまで個人的な事を書かれるのも微妙かなーと思いました。割りと余韻のまま読むので一気に覚めるというか、作品についての語りなしか!ていう。個人的な事はブログとかで良かったんじゃないかしら。

    デビュー時に挿絵で気になって買おうか迷ったままにしてたらそれ以降全く見かけず、6年振りに名前を見て、挿絵が氷栗さんだったのでスルーしてたのですが店頭で見かけて今度は買っとくかぁと買ったのでした。

全3件中 1 - 3件を表示

このままではいられない (B‐PRINCE文庫)のその他の作品

おのにしこぐさの作品

ツイートする