トカゲの王 (4) ―インビジブル・ライト― (電撃文庫)

著者 :
制作 : ブリキ 
  • KADOKAWA/アスキー・メディアワークス
3.59
  • (4)
  • (13)
  • (13)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 166
レビュー : 11
  • Amazon.co.jp ・本 (248ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784048911306

作品紹介・あらすじ

自身の目の色を自在に変える、ただそれだけの偽りの力『リペイント』で、偽りの『王』を演じた五十川石竜子。彼は、カルト宗教教祖の少女・シラサギを打倒するため、同じくカルト宗教団体で教祖が不在となった『ニュートラル友の会』の制覇に乗り出した。カワセミから受け継いだ白装束を纏い、新教祖を名乗って布教に励むトカゲ。そんな彼の前に、復讐対象であるシラサギがやってくる。彼女の目的は、トカゲとのデート!?一方、もう一人の復讐者・殺し屋ナメクジは猪狩友梨乃との奇妙な付き合いに辟易していた。他人の考えを読む友梨乃に苛立ちを覚え、限界を感じていたそのとき、『最強の殺し屋』の一人、ミミズが襲来する。強大な超能力を駆使してナメクジを追い詰めるミミズ。能力を持たないナメクジは、懸命に逃げようとするが、その先にデート中の少年少女がいて…。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • トカゲパートとナメクジパートが逆方向に向かい始めた作品。トカゲは明るい方向へと進んでいくのに対し、ナメクジはどこまでも憎しみに捕らえられていく印象。このシリーズで私が好きなのはナメクジ(の恨み)なのだが、今回も色濃いキャラ描写が表れていて楽しめた。

  • 相変わらずえぐい表現がお好きな感じ。
    なんかこの巻で…というより3巻もそんな感じだったかもだけど、いろんなキャラを絡めようとしてる。
    マッドサイエンティスト的なやつ出てきて能力バトルのほうもどうなるんだろー。
    てかナメクジさんこんな中心人物なのね。嫌いじゃないけど。すごい魅力的なキャラってのがなかなかいないかも。

  • 4
    最後まで読んでタイトルを理解。
    ナメクジが頑張る話。

  • トカゲくんよりナメクジや猪狩友梨乃の動向が気になる。

  • 大きく物語が分岐する。復讐をパーソナリティにするナメクジと、「普通」にコンプレックスを抱いた成実が能力に目覚めた。


    途中から能力を開花させるのは作品初。それを今後どのように持って行くのか。特に成実は姉と同じ能力のようだが‥‥。

  • 2012.11.29読了
    新興宗教の教祖になったトカゲとミミズに追われることになったナメクジ、巣鴨に関わったがばかりに事件に巻き込まれる成瀬
    いくつかの視点からの話が入り混ざってる話

    救われない話ばかり。ナメクジの話は王道と言えるんだろけど、部位欠損的な話は個人的にダメ。私グロに弱いです。

    一番救われないのは、間違いなく成瀬。もうなんか今後、自分の大嫌いな展開になる気がして、ゾッとしない。頼むから敵にならないで。

    みーまーとは少し違う方向にえぐい話だ。

  • 相変わらずあまり面白くないですが、若干面白くしようかな?という印象を受ける。

    なんともみんな能力が限定的に場面のみに強くてダサい感じにまとまるのが良いですね。欠陥だらけである。故に人間らしい。

  • 金で雇われた殺し屋たちが殺し合う中、目の色を変えるしか取り柄のない少年が生き残り復讐を謀ろうとする話の4冊目。主人公は教祖さまになろうとしているし、殺戮と欺しあいで混沌としてます。

  • 色々と物事が動き始めた感。
    シラサギさんのキャラが一気に際立った巻だった。
    しかもプラス修正。

    ミミズ老人が結構好きだっただけに、退場は残念。
    結局白黒イラスト一枚すらも無かったなあ。。
    まあそりゃそうか。

    相変わらずブレない巣鴨が危険過ぎて大好きすぎる。

    成実がここまで物語に関わってくるとは思ってなかったので、むしろ今後が心配。
    何しろ長瀬殺すような作者だからなあ。。

    それにしてもブリキ氏がこんなに実力派だとは思ってもみなかった。
    カラーもさることながら白黒イラストがまた凄く良い。

  • 入間作品で一番ハマっている作品になりました。
    単なる能力バトルではなく、ほとんどの登場キャラの能力は限定的で、言ってしまえば「微妙」な物ばかりです。
    特に主人公の【リペイント】は目の色を変えるだけ、だがその力で世界を塗り替えていく(といいな)。
    W主人公の形がすっかり形成され、むしろナメクジさんオンリーになりつつある今巻のバトル描写は特に素晴らしかった。最強の能力者の一人ミミズとのバトル及びブリキ様の挿絵は是非見ていただきたいです

全11件中 1 - 10件を表示

トカゲの王 (4) ―インビジブル・ライト― (電撃文庫)のその他の作品

入間人間の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

トカゲの王 (4) ―インビジブル・ライト― (電撃文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする