ペルソナ4 (7) (電撃コミックス)

著者 : 曽我部修司
制作 : ATLUS 
  • アスキー・メディアワークス (2012年11月27日発売)
3.97
  • (11)
  • (12)
  • (12)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :173
  • レビュー :6
  • Amazon.co.jp ・マンガ
  • / ISBN・EAN: 9784048911344

ペルソナ4 (7) (電撃コミックス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 久保美津雄が連続殺人の首謀者であったと自白し、警察に連行される。その後、連続殺人事件の特別捜査員として現れた「探偵王子」こと白鐘直斗に会う。だが、終わったはずのマヨナカテレビに彼の姿が映る。事件は終わっていなかった。

  • 修学旅行と直斗編。
    あぁこんな敵いたなぁ・・・結構苦戦した気がする。

    奈々子パートもうまく絡んできてよかった。

  • 原作にはない菜々子の修学旅行中の話がよかったですね。

  • 今回番長が良い思いばかりしているような(笑)ようやく直人が仲間になりました。

  •  番長、男らしいわ・・・*^.^*

  • 直斗編、すっごいよかったああああああ!(´;ω;`)
    主人公が男前すぎてやばい…

全6件中 1 - 6件を表示

ペルソナ4 (7) (電撃コミックス)のその他の作品

曽我部修司の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
アトラス
有効な右矢印 無効な右矢印

ペルソナ4 (7) (電撃コミックス)を本棚に登録しているひと

ツイートする