よつばと!(12) (電撃コミックス)

  • KADOKAWA
4.56
  • (752)
  • (328)
  • (87)
  • (2)
  • (1)
本棚登録 : 4679
感想 : 329
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・マンガ (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784048913522

作品紹介・あらすじ

待望の最新12巻が登場! 「よつばととらこ」「よつばとあおいろ」「よつばとハロウィン」「よつばとキャンプ」などを収録。今日も新しい毎日を繰り広げます。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 「きょうは なにしてあそぶ?」
    キャンプの朝。
    昇る太陽と沈む月を見てわくわくする、そんな朝。
    ココアを飲んでにっこり微笑んでよつばが言うこの言葉に何故かすごく感動してしまった。

    よつばのキラキラ輝く毎日と私のマンネリだと思っていた毎日は、きっとおんなじだ。
    私は生まれてからずっと遊んでたし、きっとこれからもそう。
    勉強とか仕事とかやらなきゃいけないからやってたわけじゃなかったんだ。
    私、遊んでたんだ。
    たぶんそんなようなことが、ばぁっと駆け回ってすごく幸福な感覚になった。

    この気持ちずっと忘れたくないな。
    いつもの朝をよつばが迎える朝のようなまっさらで気持ちのいい朝にしたい。
    今日を何でも出来る1日にしたい。

    「よつばと!」はそういう気持ちにさせてくれる漫画だなって、12巻でようやく気がついた。
    これからもよつばにいろんな遊び方を教えてもらわなきゃ。

  • よつばと!12巻。

    あさぎがお出かけ中に綾瀬家のお留守番。虎子と遊ぶよつばちゃん。リボン結びを教わって、虎子の頭に結んだ時にあさぎが帰ってくる。
    「あらかわいい。」似合っているような、似合っていないような(^-^;

    よつばとハロウィン。よつばちゃん改造計画実行中のふーかとしまうー。カボチャの仮装をしたよつばちゃんと、魔女のしまうー(つくつくぼうしとよつばちゃんに間違えられた)、幽霊のふーかで、かーちゃんにお菓子をもらいに……(*^^*)
    みうらのママにももらって、ハッピーハロウィン。もうちょっとはやく読むべきだった〜。

    よつばとキャンプ!初めてのキャンプ。私は行ったことないな。えなちゃん、みうら、ジャンボ、とーちゃんと……追加でヤンダ。むすっとしたよつばちゃん。
    カレーを作ったり、ヤンダに驚かされたり、寝袋で寝たり……(*^▽^*)

  • 1〜12巻を一気読み。
    素敵な作品です。
    始めは登場人物の設定が気になったのだけど、巻が進むとそんなことはどうでもよくなってきて。

    よつばを取り巻く人達があたたかい。
    今はSNSで会わずとも相手のことを知ることができるし、ゲームとかで1人の時間を紛らわせることもできる。
    でもこの作品ではそういったものは見かけない。家族や友達、ご近所さんと語らったり遊んだりするシーンが多い。時々大変な目に遭ってもお構いなし。

    ひとり時間が増えている私に忘れてしまった何かを思い出させてくれるような漫画。
    続きが楽しみ‼

  • よつばの成長が感じられた。

    やんだの成長が感じられない作品だったw

  • 相変わらずおもしろいし、絵もどんどん丁寧になる。だけど、ここ数巻なんだか違和感を感じる。不思議に思って1-3巻あたりを読み返してみた。

    そうだった、昔はこういうマンガだった。誰もよつばを「教育」していない、大人も子供も対等の人間として一緒に遊んでいる。こういう付き合い方があるのか、と新鮮な思いがしたものだ。たとえばジャンボが「ああ、こいつ拾われっ子だから」と普通に言っちゃうような。

    一方、12巻の大人たちはちょっとみない間に、びっくりするほどちゃんとした大人になった。大人として子どもたちと遊んでやる。たぶんこのジャンボは人前で不用意な発言はしないだろう。やんだだって子供じみた喧嘩はしないはず。とうちゃんはよつばを教育し、いろいろな思い出を作ってやることだろう。
    それに合わせてよつばたちもちゃんとした、普通の子供になった。
    「変」で「最強」ではない。

    なんか淋しい。

  • 「よつばと!」を読むといつも、人の善意を信じたくなる。

  • 待ってました、最新刊。
    思わずくすっ!って笑っちゃいます。
    親目線でなんか、ほろっときちゃうところも。

    ゆ~~~っくり大きくなってね、よつばちゃん。

  • あずま きよひこ
     アスキー・メディアワークス (2013/3/9)
       (電撃コミックス)

    いやあ!楽しかった
    待ってました!一年三か月
    げらげら笑って 泣きそうになって ほかほかして
    やはり大大大好きな「よつばと!」です
    最高です

    大人と子供 それぞれがそれらしくって そしてまざりあってて
    本当にすばらしい世界です
    描かれる人物 風景 引き込まれます

    あ~また一年以上先になるんですね 13巻
    私の至福の時間

    ≪  朝がきて なにしてあそぶ? きょうもまた ≫

  • 「これは おこられることですか?よつばは いまからおこられますか?」よつばがしでかした今巻最大の悪戯に対するとーちゃんの対応が素晴らしいです。
    あとやんだくんは基本子供目線なんですが、今回ちょっと大人だなあ、と思いました(^^)。そしてよつばもほんの半歩ずつだけど成長していて、嬉しいような寂しいような。
    ああ、私も秋キャンプに行きたくなってきた。まだ春になりたてだから我慢我慢。

  • この本とっても面白いよ。みんなも読んでみてね!

全329件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

あずまきよひこ:マンガ家。代表作『あずまんが大王』『よつばと!』

「2021年 『よつばと!(15)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

あずまきよひこの作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×