Web制作の現場で使うjQueryデザイン入門[改訂新版] (Web Professional Books)

著者 : 西畑一馬
  • KADOKAWA/アスキー・メディアワークス (2013年3月7日発売)
3.95
  • (6)
  • (11)
  • (3)
  • (2)
  • (0)
  • 本棚登録 :159
  • レビュー :7
  • Amazon.co.jp ・本 (312ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784048913911

作品紹介

Web制作に必要なjQueryの使い方を効率よくしっかり学べる。スマートフォン、HTML5、jQuery 2.0など最新のトレンドにも対応。商用利用OK・改変自由・著作権表示不要のサンプルを100本超提供。デスクサイドですぐ見られるjQuery 1.9対応特製チートシート付き。

Web制作の現場で使うjQueryデザイン入門[改訂新版] (Web Professional Books)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • あんま使わなかったかも...他の人の評価が高いんですが、今の時代、ネットで事足りるかもしれません。

  • レファレンス的によく使用しています。

  • 以前webサイトを作った時に、jQueryが苦手で苦労したので本格的に勉強したいと思い、選びました。

    *図書館の所蔵状況はこちらから確認できます*
    http://opac.lib.kitami-it.ac.jp/webopac/catdbl.do?pkey=BB50102744&initFlg=_RESULT_SET_NOTBIB

  • さすが西畑さん。

    安定感以外の何物でもないです。
    素晴らしいエンジニアにも関わらず、こういった本も出せるあたり、只者ではない。

  • 背中に黄色シールを貼った図書のコーナーに並んでいます。

  • 全て読み終わりました。やはり、この一冊では理解は浅い。

    ただ、今現在あるjQueryのライブラリで何をやっているのかはすこしわかるようになり、実験的に改変してみようという気は起こるようになった。

    ただ、エンジニア視点で友人に指摘されたのが、書き方に無駄があると言われた。
    入門書なのでそうなってしまうのはいたしかたないのかなとは思うが、実務によせるにはこの本だけだけだと足りない。

  • jQueryくらい押さえておくかということで、とりあえず入門本を購入。

    ”xxx人が選んだ”みたいな本は得てして信用ならないのだが、入門本としては特に問題はない。
    JavaScriptやHTML、CSSに多少素養がある人間にはさくさく読める。
    最近よく見かけるUIの実現方法のパートまでくるとCSSハック的なことがさらっと書かれており、追加で調べないときちんとは理解できないところもある。

    本の内容というよりjQueryの強力さに脱帽。これだけ巷を賑わせているだけある。
    UIの挙動という観点からすると、.NETを使ってしまえばわざわざjQueryでごりごりスクリプトを書かなくてもけっこう実現できてしまう。
    けれど、オープンな技術のみでここまで簡単にWebページに対して自由な操作が可能になるという意味でAPIとしての凄さを感じた。

全7件中 1 - 7件を表示

Web制作の現場で使うjQueryデザイン入門[改訂新版] (Web Professional Books)のその他の作品

西畑一馬の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
佐々木 圭一
たにぐち まこと
有効な右矢印 無効な右矢印

Web制作の現場で使うjQueryデザイン入門[改訂新版] (Web Professional Books)はこんな本です

Web制作の現場で使うjQueryデザイン入門[改訂新版] (Web Professional Books)を本棚に登録しているひと

ツイートする