新フォーチュン・クエストII (1) 僧侶がいっぱい! (上) (電撃文庫)

著者 : 深沢美潮
制作 : 迎夏生 
  • アスキー・メディアワークス (2013年4月10日発売)
3.86
  • (14)
  • (12)
  • (16)
  • (2)
  • (0)
  • 本棚登録 :151
  • レビュー :12
  • Amazon.co.jp ・本 (280ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784048914741

作品紹介・あらすじ

こんにちは、パステルです!ヒュー・オーシの依頼で初上陸したトゥルース大陸での大仕事を終え、パントリア大陸に戻ろっか、と帰りかけたわたしたち。でも、ヒュー・オーシに『せっかくここまで来たんだから新大陸で冒険しろ!』とハッパをかけられ(ついでにダンジョンでレアアイテムを取ってこい、とおつかいも押し付けられ)、新大陸での冒険続行!意気揚々と向かった町は、文字やモンスターが異形に変わる呪いがかけられてしまっていた。解呪のため、伝説の僧侶を捜して山奥の僧院へ行くことになったんだけど、一行(主にわたし)に思わぬ試練が降りかかり!?新しい出会いと冒険いっぱいのセカンドシーズン、スタート。

新フォーチュン・クエストII (1) 僧侶がいっぱい! (上) (電撃文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 新大陸での冒険。
    呪われた町の呪いを解くため、伝説の僧侶を探しに大きな僧院を訪れたパステルたち。
    その僧院に入るには坊主にしないといけなくて、もれなくみんな坊主に。
    いやー、笑った。
    そして伝説の僧侶も見つけて、呪いをかけた悪玉の館に潜入!という所で上巻はおしまい。
    悪玉にどんな事情があるのか楽しみ。

  •  そうかもう24年もたつのかぁ~作中の時間はさほど経っていないのに、読んでる此方は…いやいや、この変わらないドタバタ感がフォーチュンなのよ! 
     今回トラップがレベルアップしましたが、誰かがレベルアップしたのって久しぶりな気がする。後、気のせいだろうけどイラストが何だか少なくなってたような?

  • 立ち寄った町は何だかおかしい。話を聞いてみれば、呪いをかけられてしまったという事で、パステルたちは呪いを解こうと…。
    新キャラ続々!どの人も個性的で引きこまれてしまう。

  • 今更ながら第2シーズンだそうで。安定したおもしろさ。なんとなくだけど、フォーチュンはこのまま完結しないっていうのもアリなのかなぁとか思ってしまった。

  • いつも読みやすくて頭の休憩にはとても助かっております。新大陸での冒険第二弾。博打と心理戦とつるつる・・・うん、つるつるだな。

  • 先月発売されていたことを水曜に知り、Amazonさんでポチり、翌日コンビニで払い込みを済ませ、金曜日夕方に漸く出荷され、土曜のお昼に届きました!!

    これまで入金した翌日に届くのが当たり前だったので不安になりましたが、お急ぎ便の利用が増えていると言うのもあるんですね。なるほど。

    さて、新章って言うんですか。ここへきてシリーズタイトルにⅡがつきました!!

    まあでも読んでみるとこれまでと内容は変わらないと言うか、前作からの流れで読めます。新大陸での冒険その2ですね。

    このところのFQは私が大人になってしまったからか、少し物足りなさがあったのですが、今回は久々にワクワクするものになるかも知れない、と言う予感はありましたね。

    クエスト自体の質って言うんでしょうか。

    これだけ長く続いたらそりゃ大変だと思うんですが、このところのFQは冒険中の熱くワクワクする感じ、薄れてたと思うんです。どちらかと言うとゲーム性が強かったり、ゲストキャラの力で呆気なく終了したり。え!これでおしまい?!みたいなね。

    デュアンと比べてこちらは冒険<キャラたちの生活感を楽しむシリーズではあるのですがね。やはり本作もまるで旅行エッセイを読んでいるかのような気分にさせてくれましたし。

    共感と馴染みやすさはやっぱり素晴らしい。

    ただちょっと、年のせいかパステルにもうちょっとしっかりしてくれ、と思う面も増えたけど、そうなったらなったで展開が面白み無くなってしまうのかな。迷子率の高さとかね!まあ私も方向音痴なんでわかるけど!あれは直らない!

    今回のゲストキャラはサブタイトルからもわかるように、僧侶!!
    パーティと行動を共にすることになる“~ッス”口調の青年ペペスと、完全なるクーデレ風解呪師美女のカルカル。

    カルカルさん、ちょっと雰囲気がデュアンシリーズのルルフェとダブりますが、好きなタイプのキャラになって欲しい…!!
    基本ああ言うキャラ好きなはずなのに、私がアニエス推しだったばっかりにルルフェは嫌いになってしまったので。カルカルさん、お願いします。

    今回あまりキャラクターたちの内面的な変化など見られませんでしたが、これまでより前向きに?こう、アグレッシブに…向上心に目覚めた感はありますね。

    あと、ノルがいつもより長く喋ってたのが新鮮。未だにノルは私の中で口調など定まってません。同じ仲間でも気を遣う相手、みたいな存在。
    いい人ってそうなんだよね。大人になってから出会った相手って大体そうだけど。

    本編短く感じたな~!
    すぐ読了してしまって、読んでる最中から“もうこんだけしかない…”って。

    モンスターポケットミニ図鑑からのあとがき、広告が結構頁ありますので!
    次はいつ発売かなぁ。

    ストレスフリーで読める本作。
    電子書籍化も進んでいるようなので、暇な時など初期作から辿るのもオススメ。

    そろそろルーミィの一族と、シロちゃんの成長期?に関する進展が見たいなー。

  • 【請求記号】 B/913.6/フ-1/3-1
    【登録番号】 11746
    【資料ID】 1001011746

  • 他の人がレビューしているように、一言で表現するなら「相変わらず」だなぁっと。

    パステルは迷うし、キットンはモンスター図鑑を開いても弱点から話さないし、トラップは賭け事するしスネるし……。

    冒険がメインであるものの、この世界を生きる冒険者たちの日常物って言ってしまって良い気がします。

    ドキドキするような楽しさはないけど、飽きもない。たまに食べたくなるスナック菓子。まさにライトノベルの名にふさわしいんじゃないかな。

    欲を言えば、新フォーチュンも電子書籍化してほしかったなぁ。

  • セカンドシーズン開始…らしい?

    まだ竹アーマーだったり、全員LV一桁だったり……。

  • 相変わらずの面々。
    お話の展開としてもいつも通りなのだが、
    今回からセカンドシーズン突入、らしい。
    まあ、長くなりすぎたので、ここらでひとくぎりってとこなんだろう。
    美潮さんがあとがきで、飽きたっていう人もいるかもしれないけど
    それでも、また戻ってきたらそこにいつもどおりばたばたしてるパステルたちがいる、そんな風でいてもいいかなっと思っている、というようなことを
    書いてらしたのだけれど、
    まさにその通りだなあっと。
    実際、私も、ちょいともういいかなーっと思った時があったんだけど、
    でもなんか、やっぱこの子たち好きだなーっと、読み続けてる。
    確かに長くなりすぎて、パステルの迷子っぷりっとかクレイの不幸っぷりっとかいろいろネタ的になってるとこはあるのだけれど、
    それも含めてフォーチュンかなあっとも思ったり。
    今後はメンバーの秘密が明らかになり、成長も、とあったけど、
    それはやっぱルーミィのことなんでしょうねえ。他、はみんな解決してるし。
    あの謎の行商人とのからみもあるしなー。
    一気に大人になったりして・・・。
    でもそーするとパステルが寂しいかも。
    パステルってみんなのまとめ役って感じだけど、冒険者スキルとしては
    あまり高くない。マッパーだけど方向音痴だし、結構すぐパニくるし、
    冒険者になりたいってゆー夢を本当に叶えちゃうってゆー行動力はすごいけど、これからみんなのレベルが上がっていくとすると、
    そのへんの力の落差、みたいなのにどうしても悩んじゃうとこはあるんじゃないかなー。まあ本人はなるべく前向きに考えようってしてるし、
    あんまシリアスな方向にはいかないとは思うケド。
    でももしこのシリーズが終わるとしたら、
    それはパステルが冒険者をやめる時かなって思う。

    さて、新大陸での冒険。
    なにやら空恐ろしいモンスターにかけられた街の呪いを解くため、
    モンスターと戦う!のではなく、人探し。
    上巻、とゆーけれど、まあおはなしの前哨戦って感じ。
    下巻、でいよいよモンスターとの対決、になるわけだが、
    新しいメンバーも加わって、どうなるか楽しみ楽しみ。
    僧侶、は新メンバーとなるのか??
    でも、もう今更新メンバーはないかなーっとも思ったり。
    モンスター妹の病を治せるのか?つーかそのへんは
    キットンあたりが大活躍しそうだが。(笑)
    パステルたちがシルバーリーフに帰れるのは当分先になりそうだな。

全12件中 1 - 10件を表示

新フォーチュン・クエストII (1) 僧侶がいっぱい! (上) (電撃文庫)のその他の作品

深沢美潮の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

新フォーチュン・クエストII (1) 僧侶がいっぱい! (上) (電撃文庫)に関連する談話室の質問

新フォーチュン・クエストII (1) 僧侶がいっぱい! (上) (電撃文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする