FORTHシリーズ 連射王<下> (電撃文庫)

著者 :
  • アスキー・メディアワークス
3.95
  • (5)
  • (10)
  • (4)
  • (1)
  • (0)
  • 本棚登録 :89
  • レビュー :4
  • Amazon.co.jp ・本 (546ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784048915069

作品紹介・あらすじ

ついに一区切りとなる目標を果たした高村・昴。だがその時、彼が感じていたのは達成感よりも喪失感であった。「君は、ここで降りますか?」その問いに対する答えが見いだせぬまま、ついにゲーマ"竹さん"が大連射2との計り知れぬ勝負に挑む日がやって来た。降りるか、続けて行くか?その答えは-。「君が問うところ、ゲームは必ず待っています」『GENESISシリーズ境界線上のホライゾン』『AHEADシリーズ終わりのクロニクル』の川上稔が贈る、異色の青春"ゲーマー"小説"下"巻。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 一度どん底まで落ちて、そこから這い上がってくるっていうこの展開が盛り上がる!
    ファーストプレイワンコインクリアなんて、聞いた時は絵空事だと思ったけど、読み進めていく内にアレ?行けんじゃねって思える不思議。
    思わずシューティングゲームがやりたくなるけど、実際プレイしたら現実に打ちのめされそうw

    ゲームセンターの独特な雰囲気と、そこに集まる人々の空気感。好きだなぁ・・・。

  • バトルもなければ魔法もなく、ボケもなければツッコミもないひどくまじめな青春小説。

    題材がシューティングゲームというただ1点で直木賞には触れないだろうなぁ、と。

    やはりこの人はファンタジー書くべきではなかろうか。
    残念ながら読んでもシューティングゲームに興味はわかなかった。

    ・・・・自分も年とったもんだ。

    時に、シューティングゲームで最終面のボス倒したら2週目始まるんじゃなかなかろうか?

  • 悪くはない。
    けど希釈されてて薄い。いつものことか。
    川上さんの真っ当な青春を読めたのは幸せか。

  • 小学生ぐらいのころ、スーファミでやってた縦シューティングを思い出した。
    あのころはまったくクリアできなかったが、今なら、できるような気がしてくる。
    ・・・読んだだけなのに。

全4件中 1 - 4件を表示

川上稔の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

FORTHシリーズ 連射王<下> (電撃文庫)はこんな本です

ツイートする