ラブライブ! School idol diary ~高坂穂乃果~

著者 :
制作 : 室田雄平  音乃夏  清瀬赤目 
  • KADOKAWA/アスキー・メディアワークス
4.06
  • (7)
  • (6)
  • (4)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 111
レビュー : 7
  • Amazon.co.jp ・本 (96ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784048915830

作品紹介・あらすじ

ラブライブ!公野櫻子が贈るオリジナルストーリー。第1巻は、μ'sのリーダー高坂穂乃果がつづる"活動日誌"。スクールアイドルを目指して日々奮闘している彼女の日常とは?

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 978-4-04-891583-0 95p 2014・4・14   6版

  • 海未ちゃん2回コメント残してる……

  • 真姫ちゃんみたいに勉強ができるわけでもなく、裁縫が得意なことりちゃんみたいにこれといった特技はない。

    でも、「スクールアイドルで音ノ木坂学院を廃校の危機から守る」といったアイデアを思いつき、ハードルは高いけれど諦めずに頑張るパワーは、穂乃果ちゃんならではのスキルなのだと思います。

    穂乃果ちゃんの前向きで元気で素直な性格は、読んでいるこちらまでポジティブで元気な気持ちにさせてくれます。

    どんな自己啓発本にも負けないくらい、仕事などでくじけそうになった時の支えになります。

    実際に穂乃果ちゃんみたいな人は、他の人に元気を与えるパワーがある。
    私もそんな穂乃果ちゃんみたいな人になりたい!とさらに思えるようになりました。

  • 原案の公野櫻子が描く"ラブライブ!"の小説版。μ'sの活動日誌を各メンバーが担当するという形式で書かれています。第1巻はμ'sのリーダー、そして発起人である高坂穂乃果です。漫画やドラマCDの設定を受け継いでいるので、アニメだけだとちょっと違和感を感じるかもしれないですね。穂乃果はそこまで大きくキャラがぶれていないので大丈夫かもしれないですが。それでも、穂乃果がスクールアイドル活動を通して考えていること、感じていることがダイレクトに感じられて、とても良かったです。雪穂との関係も良いですね。

  • スクールアイドルを立ち上げたμ's9人の物語を1冊1人に焦点を当てて描き出すシリーズ・School idol diaryの1冊目。タイトルの通り、焦点を当てられたキャラがdiary―活動日誌を記入する、というスタイルで描かれている。一人称視点で様々な思いをリズムよく表現していくのですんなりと読めるとともに、口調や感情表現でその可愛さを存分に楽しめるというのがやはり公野櫻子らしく魅力を感じる。現実に日誌、として見せるためにイラストを使った小ネタなんかも使われているのも楽しい。

    厚さに比して値段が高い点は難点だが、そこはフルカラーの魅力に尽きる。全編通して非常に可愛らしいデフォルメの挿絵がいくつも挟まっているのでそれを眺めているだけでもなかなか楽しい。

    1冊目はμ's結成の立役者である高坂穂乃果。時に弱気なるけど無理矢理でもがむしゃらにでもポジティブに進む穂乃果の姿が要所要所に描かれているため、アニメ版で穂乃果の魅力がわからなかった人にむしろ読んでほしい所である。穂乃果の視点で語られるが結成当初から9人揃った後、という時間の流れがこの1冊の中にもあったり、他の8人の動向が間接的に語られたりと穂乃果ファン以外も一見しておくべきポイントは幾つもあるので、ラブライブ!に興味がある人は皆一読すべきかと思われる。

  • うん、絵日記だこれ。μ's活動日誌第1弾。
    原作といっていいものか分からないが設定はG's寄りでアニメとは少しキャラが違う。とはいえ穂乃果の全力前向きな性格は変わらずニヨニヨできる内容。文章は幾分上級者向けだが挿絵も可愛く楽しめる。
    これから毎月1巻メンバー全員分発売予定。長い戦いになるがアニメ2期決定では継続不可避。

全7件中 1 - 7件を表示

ラブライブ! School idol diary ~高坂穂乃果~のその他の作品

公野櫻子の作品

ラブライブ! School idol diary ~高坂穂乃果~を本棚に登録しているひと

ツイートする