なにかのご縁 ゆかりくん、白いうさぎと縁を見る (メディアワークス文庫)

著者 :
  • アスキーメディアワークス
3.73
  • (38)
  • (70)
  • (74)
  • (8)
  • (0)
本棚登録 : 617
レビュー : 71
  • Amazon.co.jp ・本 (317ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784048916202

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 大学の生徒会的なところでデキる先輩・西院さんにコキ使われている主人公ゆかりくんは、ある日唐突に人と人とを結ぶ「縁」が見えるようになり、その縁を結んだり切ったりする神様のような「うさぎさん」と出会う。
    …うっかり自分と繋がっている誰かの縁を切られてしまったことから、それを結び直して貰うためにうさぎさんの手伝いをすることに。
    学園内の様々な、縁にまつわるエピソード。

    乙一でいう「白乙一」に相当するような、「白野崎まど」的なほっこり系作品。裏読みとか必要なく、適宜出てくる会話のセンスが野崎作品だなあと思いながらまったりする感じの。
    コンセプトはラノベの「神様の御用人」シリーズにちょっと似てるかなあと思った。

  • 面白くって一気に読んでしまいました!
    うさぎさんもゆかり君も大好きです。第2巻も買います!

  • 最近実際には見えないことや、聞こえないこと、ありえないことなどを題材にした物語を読むことが増えてる気がします。
    これも なにかのご縁でしょうか?

  • これも野崎まどさんの作品なのかと疑ってしまう、ほっこりした作品。ちょっとした描写、ほんの短いセリフの掛け合いで、思わず笑ってしまいます。第4話(西院さんのお話)はオススメです。
    うさぎさんの耳使いを見てみたいので、京都アニメーションで映像化して欲しい作品です。

  • 読み終わりました!

    うさぎさん。。かわいいですね//▽//
    ほのぼのしていて、シュールなところもあって面白くて


    だけど時に切ないのもあったりもして・・・
    ラストはもっと切なかった。:゚(。ノω\。)゚・。



    縁ってすごいですね。。
    私もなにかと繋がっているのかな
    繋がっていたらいいな・・・と色んなことを思わせてくれる
    不思議な本でした(〃^^〃)



    第2巻もあるみたいなので、続きがとても楽しみです!




    うさぎさん。。面白いです♪
    ゲームをするなんて、とってもシュール・・・

    それに意外とグルメなんですね。。
    「・・・このお肉美味しいのぉ」ってうさぎさんが言って
    ゆかりくんが「それ、うさぎのお肉なんですけど」という場面を
    つい想像しちゃいました(苦笑)



    うさぎさん「おかしくないか、おかしくないか」と突っ込んでたけど、
    ゆかりくんが通う学校、サークルの数すごいですね。。
    他にもどんなのがあるのか気になりました^^





    どうして喋る動物とか
    ほとんどおっさんみたいな喋り方なのでしょうか(笑)
    つい夏目友人帳のニャンコ先生を
    思い出してしまいましたww


    読んだ後に表紙を改めてみると分かるトリックも
    面白いです!
    まるで『オーダーは探偵に』の表紙のようで
    楽しめました☆

  • 答えが知れたら楽だと思うけど、知れないからこそ面白い。
    人と人の縁が見えるようになったお話。
    死人の縁、そういう形の縁もあるんだなって思いました。

  • 主人公以外には、普通のうさぎにみえるっぽい生物?とのはなし。

    ひも状に見える縁を切ったり、結んだり。

  • きれいな野崎まど。大学生活のあの怠惰で無限の可能性に満ちたワクワク感が縁というテーマで繋がってて清々しい気持ちになれた。

  • いいなー、ウサギ。

  • ある日、目に不具合を感じた。
    ある日、妙なものをみかけた。
    ある日…喋るうさぎと出会った。

    そしてうっかり太い縁を切られた(笑)
    それを修復してもらうため、がんばる主人公。
    そしてふと、切られたのに…という現実に気がつく。
    すぐに気がつかなかったという事は
    かなりの善人です。

    そして喋るうさぎは、日々の生活のグレードアップ化が
    素晴らしいほどうらやましいです。
    というより、貢ぎさんになっている彼女の手腕が
    突っ込みたいほど素敵です。
    これ、後でばれても正攻法でどうにかしそうな…。

    次々と繋いでいく縁。
    そしてすっかり忘れていた
    うさぎのもうひとつ出来る事。
    解放される、とは、まさにこの状態です。
    きらきらとした思い出になって
    いつかそっと取り出して。
    ゆっくりと、時間が流れる事でしょう。

    ……という綺麗な〆ではありましたが
    根本が解決されていません。
    結んで終了かと思ったら、まさかの捜索が!?w

全71件中 11 - 20件を表示

著者プロフィール

『[映]アムリタ』が第16回電撃小説大賞《メディアワークス文庫賞》を受賞、同作品にてデビュー。『know』が第34回日本SF大賞にノミネート、『バビロン』がTVアニメ化。ほか、TVアニメ『正解するカド』、劇場アニメ『HELLO WORLD』の脚本も手がけるなど、多方面で活躍中。

「2019年 『舞面真面とお面の女 新装版』 で使われていた紹介文から引用しています。」

なにかのご縁 ゆかりくん、白いうさぎと縁を見る (メディアワークス文庫)のその他の作品

野崎まどの作品

ツイートする