なにかのご縁 ゆかりくん、白いうさぎと縁を見る (メディアワークス文庫)

著者 :
  • アスキーメディアワークス
3.73
  • (38)
  • (70)
  • (74)
  • (8)
  • (0)
本棚登録 : 617
レビュー : 71
  • Amazon.co.jp ・本 (317ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784048916202

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ほっこり。な言葉が良く似合う本だと思う。可愛いうさぎさんの親父声と身近に居そうな大学生達。ハラハラやドキドキでは無いけれど、心地良く手に取れる本。自身でも色んな縁を感じる日々、うさぎさんと一緒に見てみたいものです。

  • 話の内容は嫌いじゃない。
    縁についての考えた方?が印象的だった。

  • ■お人好しの青年と不思議なうさぎが織りなす一風変わった『縁結び』の物語。

    大学の自治会で忙しく働く毎日を送っていた青年・波多野ゆかりくんは、あるとき謎の白うさぎと出会いました。いきなり喋った彼もとい「うさぎさん」は、なんとその自慢の長い耳で人の『縁』の紐を結んだり、ハサミのようにちょきんとやったり出来るのだそうです。そしてうさぎさんは、ゆかりくんにもその『縁』を見る力があると言います。そうして二人は、恋人や親友、家族など様々な『縁』のトラブルに巻き込まれ……?誰かの『ご縁』をめぐってゆかりくんとうさぎさんが大活躍!? とても愉快でちょっと切ないハートウォーミング・ストーリー登場。

  • 大学生の波多野ゆかりは、ひょんなことから、人の「縁」をつないだり切ったりする神様(のようなもの)であるうさぎさんに出会う。
    うっかり切られた自分の縁を再びつないでもらうため、ゆかりはうさぎさんの仕事を手伝い、人の縁を繋ぐべく奔走する。

    文体は軽く、サクサク読める。
    随所にシュール系の笑いを織り交ぜてくるが、若干の上滑り感が拭えない。
    「縁」というテーマは面白いけれど、欲を言えば、ストーリーにもう一捻り欲しかった。

  • 考える事もなかったけど、いろんな縁がのびてるのかもね…と思えた作品でした。可愛いだけじゃないうさぎさんが私にはツボ。

  • これがまた「2」のようにつながるであろうことはわかってる。しかしそれにしても面白くなかった。シュールな笑いは健在。

    思ったけど一度手の内がばれている以上、また「2」のような展開はこないのでは。ちなみにそのときのタイトルは「Re:2」だと思う。

  • 2013 5/22(くらい?)読了。Amazonで購入。
    野崎まどの新刊・・・にしては、拍子抜けと言ってもいいくらい、タイトルと表紙に偽りのないなんかハートフルな話。
    人の縁を見たりつないだり切ったりできるウサギに遭遇した青年が、自分も人の縁が見えるようになり、色々奮闘したりする話。
    最後の1話、死人との縁は非常に強い、っていう描写の部分の怖さはちょっと野崎まどらしさもあったけど、全体的にはどんでん返しもそんなになく、あれあれ?? 
    むしろ次に出す小説の中でこれのどんでん返しがあるんじゃないかとか疑ってしまう・・・。

  • 野崎まど?

    っと思ってしまった(笑)
    普通の大学生の普通に青春のはなし。でも、人のためにのみ頑張る話。

    今までが今までだったので、気合い入れて読み出してしまってちょっと驚きましたが、
    普通に青春っていいなって、頑張れって思いました。

    大学時代ももっと青春したかったな。単科じゃ難しいか。

  • 何といってもかわいい表紙に惹かれました!
    かわいい「うさぎさん」がいるうえに、その「うさぎさん」がしゃべりだせば、もう癒されまくりです。
    ハートウォーミング・ストリー❤です。

  • 縁のお話
    あまりにも今までの作品と毛色が違っていて
    あれ?自分は今、野崎まど読んでるんだっけ?
    と困惑してしまった
    だからといって内容に文句があるわけでもなくほっこりした


    少し楽しみにしていた作者紹介欄が意外な程普通だったのが残念

全71件中 51 - 60件を表示

著者プロフィール

『[映]アムリタ』が第16回電撃小説大賞《メディアワークス文庫賞》を受賞、同作品にてデビュー。『know』が第34回日本SF大賞にノミネート、『バビロン』がTVアニメ化。ほか、TVアニメ『正解するカド』、劇場アニメ『HELLO WORLD』の脚本も手がけるなど、多方面で活躍中。

「2019年 『舞面真面とお面の女 新装版』 で使われていた紹介文から引用しています。」

なにかのご縁 ゆかりくん、白いうさぎと縁を見る (メディアワークス文庫)のその他の作品

野崎まどの作品

ツイートする