笑い猫の5分間怪談(8) 悪夢の化け猫寿司

  • KADOKAWA
3.00
  • (0)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 9
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (184ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784048921503

作品紹介・あらすじ

回転寿司にやってきたミサキとアミ。そこにはミサキの初恋の人・栗林先生もいて超ラッキー! と思ったら2人組の強盗が現われアンラッキー! さらに笑い猫も登場し、毛だらけの大トロをにぎりながら怪談話を始める

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 毛つきマグロは想像しただけで気持ち悪い…。
    衛生的にどうなの…。
    人間の解体ショーも言葉だけでも精神衛生上よくない。

    笑い猫の喋り方とか行動が暴力的でやっぱり苦手かな。

    ねこなめ町のにぼしより大間のマグロを選んだというセリフでいきなりシリーズ完結?!と思ったけれど違った。

    「じいさんに血の金曜日」はいちご大福とかダジャレが入っているけれどストーリーとしてはよく分からなかった。
    「あべこべ保育園」は鏡の中の自分が鏡の世界に戻らなかったらどうなるのだろう…。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

1959年浜松市生まれ。著作に『ペーターという名のオオカミ』(小峰書店、産経児童出版文化賞、坪田譲治文学賞)など多数。日本ペンクラブ会員。日本YA作家クラブ会員。青山学院女子短期大学非常勤講師。

「2017年 『古事記 日本の神さまの物語』 で使われていた紹介文から引用しています。」

笑い猫の5分間怪談(8) 悪夢の化け猫寿司のその他の作品

那須田淳の作品

笑い猫の5分間怪談(8) 悪夢の化け猫寿司を本棚に登録しているひと

ツイートする