狼と香辛料(14) (電撃コミックス)

著者 :
制作 : 支倉 凍砂  文倉 十  文倉 十 
  • KADOKAWA
3.90
  • (1)
  • (7)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 78
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・マンガ (162ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784048923415

作品紹介・あらすじ

デバウ商会の政争に巻き込まれたロレンス。新貨幣発行のための地金獲得方法をめぐり、派閥対立が激化しているという。ロレンスは、未知の採掘技術が記された禁書を、商会の重役・ヒルデに渡すことにするが――!?

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ラノベのコミカライズ作品って(語れるほどたくさん読んでいるわけではありませんが)なんとなく影が薄い印象があります。でも、この作品は、原作終了後も5年以上孤軍奮闘を続け、頑張っているところに原作の新シリーズという援軍が駆け付けるという、今そんな熱い展開が繰り広げられています。(このまま「狼と羊皮紙」も引き続きコミカライズしてもらえると嬉しいのですが…。)

    この巻は大団円の直前、ロレンスが買おうとした店の命名をホロに任せようとしたところから一転、ロレンスとホロの時間の流れの違いをホロが嘆くという泣かせどころがあります。

    「末永く幸せに暮らしましたとさ」の後どうするの、というテーマはほぼ一貫してホロとロレンスの間に横たわっていますが、この巻のホロはずっとこのことで悩んでいます。「俺の目が黒いうちは大丈夫だ」と啖呵を切ったつもりが「死んだら もうわっちのことなどどうでもいいのかや?」と返されます。先に逝く者が、自分が死んだ後のことに関して思考停止してしまうのは仕方がないことかもしれませんが、残される、それも長い長い間一人で残される者からはそれは残酷なことなのでしょう。

    そんな脳天気(というか、ノーデリカシーというか)なロレンスは、相変わらず厄介ごとに巻き込まれて(というか、わざわざ火中の栗を拾いに行って)います。デバウ商会のやろうとしていることを察したところまではよかったのですが、内紛に巻き込まれてしまいました。

    そして、そのせいで中盤からホロがお遣いに出てしまいました。この巻の最大の欠点です。ホロ抜きで後半を読まなければならないのは寂しかったです。

全2件中 1 - 2件を表示

狼と香辛料(14) (電撃コミックス)のその他の作品

小梅けいとの作品

ツイートする