ネトゲの嫁は女の子じゃないと思った? Lv.12 (電撃文庫)

著者 :
  • KADOKAWA
4.00
  • (5)
  • (5)
  • (5)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 55
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (360ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784048924528

作品紹介・あらすじ

ゲーム内の家って、建てたはいいけど使い道なくない?
 そんなユーザーの声に応え……ネトゲ内の「西村家」に追加された家具は『トラップ』『タワー』『ガーディアン』に……『車輪』? なんぞこれ? 一体何が始まるんです?
「家に家以外の使い道を求めるのは変だと思うんですが……」
 残念美少女・アコのそんな疑問をよそに、ゴールデンウィーク限定のモンスター襲撃イベントがスタート!
 しかも、それと時を同じくして玉置夫妻(※両親)が夫婦で仲良く旅行に出発。後を頼まれた英騎とアコの、期間限定同棲生活もスタートしてしまい!? まずい、ゲームの家と一緒にリアルの家も守らなきゃ……果たして二人は大事なお家を守り切れるのか!? あと、英騎の貞操とか大丈夫?
 残念で楽しい日常≒ネトゲライフ、鉄壁防御の第12弾!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 外堀は完璧に埋まっている主人公。
    わりとまじめにリアルが進んでいるのがタイトル詐欺に近いかも。

    合宿扱いとはいえ男一人は保護者つけないとな。いろいろときつそう。

  •  ルシアンらは二年次最初の大型連休であるGWながらも、今回は各々の都合がつかずに合宿はなし、しかもアコの両親が旅行に行くとのことでルシアンはアコが自堕落にならないようお泊りを余儀なくされる、そんな12巻となっている。ネトゲではハウジングシステムを利用した「モンスター襲撃イベント」が展開され、主にルシアンとアコの二人が奮戦する物語となっている。
     物語的には、これまでの「ギルメンの関係の変化」という流れに整理を付けるような形で展開されている。各々の都合でネトゲに専念できないながらも、各々がネトゲ部のことを大事にしている様について秋山さんが評したように、変化はあれど、彼らの関係は大丈夫だろう、ということで一つまとめられている。
     この辺は、ネトゲを通じて知り合った彼らが、ちゃんと普通の高校生の仲間として関係を深める青春物語として展開されている部分であり、オタクを変に戯画化しない本作らしい内容だろう。
     また、終盤改めて話し合われたルシアンとアコの関係は、図式そのものは変化していないが、そこで深められたものは大きい。挿絵でも描かれた通り、一つ進展した部分もまた、味わい深いものがあった。

     物語の盛り上がりとしてはやや弱かったため、星四つ半相当と評価している。
     ただ、以前も「気づかない方がいいんだろうけどな」と感じた某ラスボスに対するルシアンの寝ぼけた発言など、伏線として機能しそうな部分もちょろちょろあった。これからに期待したいところだ。

  • ネトゲ嫁シリーズ12巻。ルシアン、アコのおうちにお泊まりするの巻。

    若夫婦っぷりが板に付いた二人ににやにやが止まらない。時間をかけて仲良くなって、意見が合わないことがあっても二人で話してと、安定した二人の関係がたまらん。近付いたと思ってもまだまだ知らないことがあって、また少しずつ近付く二人が良い。特にラストの西村がアコを抱きしめながら話している場面は想像するだけでにやにやした。こうやって二人がもっと近付くのを少しずつ見ていくのもいいな。

    タワーディフェンス系の期間限定イベントとリアルがリンクする展開はさすが。ネタも相変わらず冴えており「チャリで来た」→「チャリはいいぞ」のコンボはずるいでしょうw

    ネトゲの楽しさと西村&アコアベックのにやにやさが楽しめる一冊。楽しかったー!!

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

第18回電撃小説大賞〈金賞〉受賞。同受賞作『あなたの街の都市伝鬼!』でデビュー。他のシリーズに『ネトゲの嫁は女の子じゃないと思った?』シリーズがある。

「2019年 『ネトゲの嫁は女の子じゃないと思った? Lv.20』 で使われていた紹介文から引用しています。」

聴猫芝居の作品

ツイートする