ディエゴの巨神 (電撃文庫)

著者 : 和ヶ原聡司
制作 : 黒銀 
  • KADOKAWA (2016年11月10日発売)
3.25
  • (1)
  • (0)
  • (2)
  • (1)
  • (0)
  • 15人登録
  • 2レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (392ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784048924894

作品紹介

新大陸の発見に沸き立つ変革の時代。海洋国家スピネイア王国に住む青年ディエゴは、違法とされる陰陽術の研究を進めていた。そのことで彼は、力の出所を疑う謎の娘に襲われ、さらには神聖教会にも目を付けられてしまう。打つ手のないディエゴは、腐れ縁の友人アルバロと共に、新大陸遠征軍の船に乗り込むことを決める。
 黄金の大樹がそびえ立ち、巨神が森を守る新大陸。そこで二人を待ち受けていたのは、水の檻に囚われた少女レラだった。遠征軍のホアキン船長の命令で、陰陽術を使い少女を檻から出す方法を探るディエゴ。だがレラの目覚めと共に、スピネイアで襲撃してきた娘ローゼンが現れる。彼女が駆るのは、森の巨神“タンカムイ”。ディエゴは海洋国家と原住民族との大いなる戦いに巻き込まれてゆくことになり――?

ディエゴの巨神 (電撃文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • コロンブスの新大陸発見をモチーフにしたハイファンタジー。
    題名どおりゴーレムっぽい巨人が登場し戦闘場面もあるけれど、物語の主題はそこではなく、侵略するものとされるものとがどんな未来を作っていくかというお話。

    『はたらく魔王さま』の作者の物語らしく、一筋縄ではいかない展開と、それぞれの立場のぶつかり合いがイイ具合に描かれている。
    こう言う、いろいろあったけど収まるところに収まってハッピィエンドなお話はやっぱり好き。
    そりゃまあ、この後もいろんな大陸の国が押し寄せてくるのに、そんなうまくいかないだろうとか、あの陰陽術の使い方はどうなんだとか、いろいろツッコミどころはあるんだけど(笑)

    個人的にはやっぱり人の想いの部分に心を動かされた。
    ディエゴが出自を明かしたときのローゼンの激情。
    幼い頃出逢い引き離された少女を助けたいと想い続けたディエゴの優しさ。
    誰かのために自分にも出来ることがあるならやってみたいと決意するアルバロ。
    やっぱり、いいよね。

    それにしても後書きにあるけど、もしかして続編書く気満々ですか?
    見てみたい気もするけど、さて。

  • コロンブスもの。
    単発で終了やろな。

全2件中 1 - 2件を表示

ディエゴの巨神 (電撃文庫)のその他の作品

ディエゴの巨神 (電撃文庫) Kindle版 ディエゴの巨神 (電撃文庫) 和ヶ原聡司

和ヶ原聡司の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

ディエゴの巨神 (電撃文庫)はこんな本です

ツイートする