ビブリア古書堂の事件手帖7 ~栞子さんと果てない舞台~ (メディアワークス文庫)

著者 :
  • KADOKAWA
3.93
  • (271)
  • (591)
  • (307)
  • (23)
  • (2)
本棚登録 : 3165
レビュー : 473
  • Amazon.co.jp ・本 (354ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784048926409

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 7巻目が最終巻ということで、とても楽しみなんだけど、読み終えるのが寂しい…そんな思いの間でなかなか読むことができなかったのですが、とうとう読んでしまいました。

    シェイクスピアのファーストフォリオという貴重な本をめぐる謎解きは、推理小説さながらの面白さ。
    誰も人が傷つかないという点では推理小説以上かもしれません。

    そして、何よりも楽しみなのは栞子さんと大輔くんの物語。お互いにまっすぐで、思いやりがあって素直。二人のそんな穏やかな関係をみているととても幸せな気持ちになります。

    いつまでもこの小説の登場人物たちと一緒にいたいなぁと思わせてくれる物語です。
    できることなら、この素敵な二人の物語、二人の成長を読んでみたいものです。

  • シリーズ第7弾、最終巻。
    今までの家族の謎が全て明らかになり、栞子の母のこともわかる。
    シェイクスピアをテーマに色々な面倒ごとが起こり、それを調べていくと、祖父がはった罠にはまっていく。
    罠とわかっていながらもやるしかなく、調べていくとだんだん家族のことがわかるようになっていく。
    前作までの話をもっとよく頭に入れてから読むと、より面白い。
    最後に親子の対決になるが、どこまでが罠でどこまでが違うのか最後までハラハラして面白い。






    ここからネタバレです。
    栞子の母はどうやってあの本を見分けたんだろう?
    栞子は触ったりして気づいたというのはわかるが、触れもせずになぜわかったんだろう?
    あの色が何か母に関わっていた色なのかな?
    ラストのあれは、勝ちを譲ったのかしら?
    娘の学費くらい親が・・って思ったのかな?


  • 栞子さんの母親篠川智恵子が何を考えているか謎で最後までハラハラドキドキしながら読みました。
    毎回ここまで調べて書くのは大変だろうなと思います。今回はシェークスピアでしたが作品について深いところまで知る事ができて本の世界が広がる大好きなシリーズです。

  • 今回はシェークスピア。久しぶりだったから、今までの内容覚えているかなぁと思ったけれど、結構丁寧になぞってくれていたから数冊前から読み返さなくても済んだ。

    またも、癖のある古書店主の登場で面白い。大輔もなかなか頼りになるようになってきたし。
    後半の振り市ではあまりの値段の吊りあがりにハラハラしたわぁ、こちら読んでるだけなのに。
    そして、最後にスカッと!

    あとがきによると、また2人の活躍にいつか会えそうで楽しみだわ。

  • ホームズ栞子とワトスン大輔のコンビネーションが変わらず健在。というのも、語り手ワトスンの察しが悪くて、込み入ったところを丁寧に説明しなおすから、前巻までのブランクを埋められる親切設計になっている。題材も、古書中の古書シェークスピアなら、最終章にふさわしい。"この世は舞台、人は皆役者にすぎない" by「お気に召すまま」。。。ミステリ度は低めでも、ラブラブ度とうんちくネタは十分。続きも出ず終わりもしない生煮えラノベシリーズが多い中で、ちゃんと完結しただけでも評価に値する。お幸せに。

  • 回る舞台に役者が揃い、自分の人生を演じる。舞台の上ではそれぞれが主人公であり、他の人をサポートする脇役だったり。自分らしさを表現する人生舞台。

  • シェイクスピアのファーストフォリオを題材に,過去の家族と未来の家族が描かれる.これにて大団円.終わりの盛り上がりを,本に夢中になることでかき消す演出も納得.

  • 相変わらず面白かったけど、シリーズはこれで完結なんだよね。残念。
    ハッピーエンドで良かった
    スピンオフ作るとは書いてあったけど、そちらも出たら読んでおきたい

  • 奇妙~日常~絆~顔~時~さだめ~そしてラストの舞台は…果てない母娘・夫婦へこめられた丸ーく・丸くの完結刊。

  • シリーズ第7弾にして完結巻

    惰性で読んでるシリーズだったのだが、
    ひとまずの区切りがつくという事で手に取ってみた

    とりあえず綺麗に終わったのではないかなと思う
    ただ、シリーズを通して栞子さんの巨乳設定は本当に不要だったなと思う
    なんか作者の性癖が感じられて少し嫌だ

    スピンオフが今後も刊行されるようだが、
    読むかどうかは微妙

全473件中 91 - 100件を表示

著者プロフィール

1971年、神奈川県横浜市生まれ。 武蔵大学人文学部社会学科卒業。中古レコード店、古書店勤務を経て、『ダーク・バイオレッツ』で2002年デビュー。2011年に発表した古書ミステリー『ビブリア古書堂の事件手帖』が人気作になる。同作は2012年に本屋大賞にノミネート。2012年、「足塚不二雄『UTOPIA 最後の世界大戦』(鶴書房)」(『ビブリア古書堂の事件手帖2』に収録)で第65回(平成24年度)日本推理作家協会賞短編部門にノミネート。2014年3月14日、『ビブリア古書堂の事件手帖4』(メディアワークス文庫)で第67回(平成26年度)日本推理作家協会賞長編および連作短編集部門にノミネート。

ビブリア古書堂の事件手帖7 ~栞子さんと果てない舞台~ (メディアワークス文庫)のその他の作品

三上延の作品

ツイートする