ビブリア古書堂の事件手帖7 ~栞子さんと果てない舞台~ (メディアワークス文庫)

著者 :
  • KADOKAWA
3.93
  • (271)
  • (591)
  • (307)
  • (23)
  • (2)
本棚登録 : 3161
レビュー : 473
  • Amazon.co.jp ・本 (354ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784048926409

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 長かったシリーズもついに完結。
    今回はシェークスピアがテーマなので戯作に興味のない私はちょっと引き気味だったが、なかなか面白く読めた。

    そして完結編に相応しい高値取引と競りの駆け引き。
    親子の確執、祖母の不倫に祖父の悪行、ドロドロした人間関係と、対照的な栞子・五浦のおままごとみたいな恋愛と、それぞれにも決着がついた。

    古書もまたアンティークを巡る厭らしい駆け引き満載で、栞子のような純粋な女性がやっていけるのか?と心配だったが、さすが智恵子の娘だけあって強かさも見せてくれたし、本が読めない鑑定も出来ない五浦もサポートしていた。

  • はぁーー終わった!
    終わってしまいました!
    古書をめぐるミステリ、ここに完結

    今回話の中心となるのは、誰もがその名を知っているであろう
    シェイクスピア
    その幻の稀覯本を中心に手に汗握る頭脳戦、駆け引きが繰り広げられる

    悪どい商売人の手によって、資金調達に悩まされるビブリア
    それはヴェニスの商人をなぞるよう
    様々にあばかれる、
    秘密、思惑

    最後に勝ちを取るのは
    いったい誰なのかーー?

    最後まで目が離せない展開




    ****以下ネタバレあり****


    とりあえず綺麗にまとまって良かった
    スッとした
    最終的な取引額はなんだかすごくもったいない!と憤りもしたけども
    至るところの母子の関係も修復に向かい
    2人の結婚も決まり
    大団円!

    英子が脅されたことを写真一枚でスパパッと見抜いたところは
    シビれた

    実在するものを題材にするのは本当大変だろうなぁ…
    調べるだけで頭が痛くなりそう…
    苦しみながら話を書くというのも頷ける…

    今後関連作品も展開されるようだし、
    まだもう少しだけビブリアの世界を堪能できるのが楽しみ

  • うわーッ今回は洋書だ!シェイクスピアだ!Σ(×_×;)!と少し焦ったけれど、よく考えてみたら、今まで登場した本もそんなに親しんでいた本じゃなかった(^^;)と気を取り直して読み進む(^^)そしてグイグイ話に引き込まれ、ハラハラドキドキ(゜_゜;)久しぶりに登場した志田さん!おいしいとこ持っていったなぁ♪いろいろあったけれど、1年間に起こった出来事だったんだぁ~(*´-`)まだまだ読み続けたいから、スピンオフ大歓迎\(^o^)/

  • 2017.0603読了 ビブリオ古書堂シリーズ最終巻。新聞の広告で見つけて、本好き、本屋好きとしては読まなければ、と思い、まさかの続きもの。あれから6年。全ての謎が解決はしていませんが、ひとまず終了。

  • 待ちに待った…
    ビブリア古書堂の事件手帖、完結編。

    毎回、作家別のテーマが用意されているようだが、今回はシェークスピア。
    栞子さんの親族のしがらみや謎、伏線が一挙に回収される。

    赤か白か!
    時限爆弾の、どちらのコードを切るか?
    間違えたら爆発するよ!
    …というような緊迫感を持った、入札。
    そして、マトリョーシカーーー!!!

    魔物は去り、呪われた系図は穏やかに終息へと向かう。
    スピンオフ作品は用意されているようですが、本編はこれで完結、寂しい気もします。
    けれど、大輔がビブリアで働きはじめてから、たったの一年しか経っていないらしい。
    ずいぶんいろんな事がありました。
    今まで楽しませてくれたお話に感謝します。
    またはじめから読み返したいです。

  • 面白かった。
    シリーズの始まりからさかのぼり、登場した人物が次々と現れ、収束していく。もろもろを回収していく内容で、シリーズ完結編にふさわしかった。
    シェイクスピアや、ファースト・フォリオのうんちくも、魅力的で楽しかった。
    栞子さんと大輔の成長と結末にも、ほっこり。
    「あとがき」によれば、本編完結後も、番外編やスピンオフを続けるとのこと。そちらもまた楽しみにしたい。

  • 終わりましたね。
    イラストに魅せられ手にとった頃が懐かしい。

    ファーストフォリオに纏わる闘争はなかなか面白かったです。
    捻くれた愛情の母でしたね(笑

    栞子さん、大輔さんの関係にも決着がつきました、期待通りに進む安心感も読後感良かったです。

    本編は終わりましたがスピンオフ作品は続くようです。
    続編は気楽に待ち、ふと手にとることになりそうです。

  • やっとこのシリーズも完結を見たと言うことで、ひとまずほっとした。結局は破産をかけた買い叩きの話になってしまい、大輔も役の立てたのは結局は金かいと突っ込みたくはなったが、今回は本に対するウンチクも大してなくちょっと寂しい気もした。これからいくらでもスピンオフが出てきそうだが、とりあえずアニメ化が楽しみだ、実写映画化はTVでやや失敗しているので心配だ。ところで栞子さんの父親ってどんな人だったっけ、もう忘れてしまっているのか、忘れられているのか定かじゃない。

  • 終わりましたね、ビブリア古書堂。
    正直、途中の説明がわかりづらいところもありましたが、一旦締まった感。番外編とかスピンオフも書かれるとのことですが、そっちの方が伸び伸び書けるのではとか、思っちゃいました。

  • 前回からかなり時間が経っているのと、引っ越しに合わせて6巻までを手放してしまったので、読むのを諦めていた最終巻。
    図書館で見つけたので借りてきました。


    記憶が曖昧なところが多くて残念ですが(読んだ本の内容はけっこうすぐ忘れるタイプ)楽しく読めました。
    ライトノベルというくくりにするには読みやすいシリーズだなあ、というのが最後まで読んだ感想(笑)
    無駄な文章が少なくて、適度な描写、適度なセリフ。バランスがいいなぁ。

    内容も興味深い。ファーストフォリオなんて聞いたこともなかった。シェイクスピアも読んだこともない。
    でもなんとなく雰囲気を味あわせてくれるのはさすが。

    一区切りはついたけど、まだまだ色々描けそうなキャラたちなので、また続編を見かけたら読みたいな。

全473件中 31 - 40件を表示

著者プロフィール

1971年、神奈川県横浜市生まれ。 武蔵大学人文学部社会学科卒業。中古レコード店、古書店勤務を経て、『ダーク・バイオレッツ』で2002年デビュー。2011年に発表した古書ミステリー『ビブリア古書堂の事件手帖』が人気作になる。同作は2012年に本屋大賞にノミネート。2012年、「足塚不二雄『UTOPIA 最後の世界大戦』(鶴書房)」(『ビブリア古書堂の事件手帖2』に収録)で第65回(平成24年度)日本推理作家協会賞短編部門にノミネート。2014年3月14日、『ビブリア古書堂の事件手帖4』(メディアワークス文庫)で第67回(平成26年度)日本推理作家協会賞長編および連作短編集部門にノミネート。

ビブリア古書堂の事件手帖7 ~栞子さんと果てない舞台~ (メディアワークス文庫)のその他の作品

三上延の作品

ツイートする