君は月夜に光り輝く (メディアワークス文庫)

著者 :
  • KADOKAWA
3.66
  • (90)
  • (147)
  • (162)
  • (31)
  • (4)
本棚登録 : 2161
レビュー : 158
  • Amazon.co.jp ・本 (324ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784048926751

作品紹介・あらすじ

この圧倒的感動に、山口幸三郎、綾崎隼も大絶賛!
読む人すべての心をしめつけ、4,878作品の頂点に輝いた、最高のラブストーリーがここに――。

大切な人の死から、どこかなげやりに生きてる僕。高校生になった僕のクラスには、「発光病」で入院したままの少女がいた。月の光を浴びると体が淡く光ることからそう呼ばれ、死期が近づくとその光は強くなるらしい。彼女の名前は、渡良瀬まみず。
余命わずかな彼女に、死ぬまでにしたいことがあると知り…「それ、僕に手伝わせてくれないかな?」「本当に?」この約束から、止まっていた僕の時間がふたたび動きはじめた――。

「しっとりと心に染み渡る、美しい恋物語」「参りました。泣きました。生きていく――そのための力を読者にプレゼントしてくれる」と、なみいる選考委員も涙した、第23回電撃小説大賞≪大賞≫受賞作。
刊行にたずさわったみんなの心を揺さぶった、“今を生きる”すべての人に届けたい感動のラブストーリー。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 君は月夜に光り輝くは映画化されているので、
    その予告編を見て面白いと思い読んでみました。
    この物語は比較的に易しいので、スラスラと
    読めました。
    なので、この本は読書が苦手な人でも読みやすいと
    思うのでオススメします。
    また、物語の内容を大体把握又は理解してから
    読書したいという方はYOUTUBEで絵映画化されて
    いる予告編を見てはいかがでしょうか?

  • 『君の膵臓をたべたい』と人気を二分する美少女系闘病小説、『君は月夜に光り輝く』を読んでみた。これも新進気鋭のクリエーターloundrawのカバーイラストが表紙なので、それもこの本を手に取った理由。

    本書の内容としてはどストレートの正統派です。
    物語は、美少女が「発光病」という不治の病に冒され、同級生の男の子と恋をし、そして死んでしまうという超正統派闘病小説です。もう種も仕掛けもないです。
    『君の膵臓をたべたい』は終わり方がちょっとトリッキーでしたが、『君は月夜に光り輝く』はまさに正統派な終わり方です。まあ、想像通りです。泣けます。

    本書で特筆するべきは、架空の病気「発光病」を使ったところですね。

    病気が重くなるにつれて身体が光ってしまうという若者しか罹らない致死率の異常に高い病気。身体が光るっていうのは脳内再現する際、ビジュアル的に美しいです。
    さらに架空の病気を使うことによって、リアルな医学に引き摺られることなく、ヒロインを自由に描くことができるのが小説として非常に有利。
    例えば、末期癌だと、余命数か月の時の症状は「こうじゃない」とか、抗がん剤の副作用で髪の毛は全部抜けてしまうはずだとか、いろいろあるよね、小説の描写として。

    実際の病気を設定してしまうと病状と矛盾した描写や行動を作中でヒロインに取らせることができない。あえて、それを無視すると小説としてリアリティが無くなってしまう。どちらも作家泣かせです。

    こういったヒロインの行動制約をすっきり取っ払えるところが、架空の病気を設定した最大の利点。このアイディアは思いつかなかった。これだったらリアルな医学の知識もいらないしね。

    「じゃあ、『君の膵臓をたべたい』と『君は月夜に光り輝く』のどっちが良かった?」
    と言われると、難しい。

    「トリッキー」と「正統派」なので、ここは好き嫌いが分かれると思うけど、極めて偏った個人的な意見で判断すると、
     ① 小説としての興味深さ
     これはラストのトリッキーさとかヒロインが恋する男の子の名前をヒロインの心情を通して変化させるという新しいアイディアを満載している『君の膵臓をたべたい』かな。

     ② ヒロインの魅了
     この点でも『君の膵臓をたべたい』。
    これは、『君は月夜に光り輝く』のヒロインの渡良瀬まみずが病院の外に出られないので、彼女の行動がすごく制約されてしまっている。
     ここは凄く損していますね。せっかく病状を自由に設定できるのにもったいない。
     でも逆にそれでヒロインが恋する男の子にいろいろと「死ぬ前にやりたいこと」をやらせる理由になるのだからしょうがないか。

    ③ ヒロインの恋する男の子の魅力
     この点は、完全に『君は月夜に光り輝く』の岡田卓也君に軍配が上がります。
     彼のいろいろな悩みを抱えながらも、一途にヒロインの為に行動するっていうキャラクターは、『君の膵臓をたべたい』の【秘密を知ってるクラスメイト】君は足下にも及びません。ただ、ヒロインとの会話のセンスは『君の膵臓をたべたい』の彼の方が一枚上手です。(これは作者のセンスか・・・)。

    ④ ラブストーリーとしての魅力
     ラブストーリーとしては、『君は月夜に光り輝く』かな。
    『君の膵臓をたべたい』は「ラブ」までに至らない、愛のようなものという感情で終わってしまう。まあ、そこが胸キュン(←死語)で『君の膵臓をたべたい』の良いところなんだけどね。その点では『君は月夜に光り輝く』は正統派なので、お互いの愛を高め合うところまで描かれるので泣けます。

    という訳で結論としては、どちらの小説も好きです!って結果になりました。(おいおい)
    最近、こういうヤングアダルト系にはまってしまいまして、いい歳して困ったものです(笑)。
    ちょっと周回遅れで中二病に罹ったようなので、トーストかじりながら走ってきますね!

    • くるたんさん
      こんにちは(o^^o)

      毎回クスッと笑えるレビューをありがとうございます♪♪

      膵臓と比較されたレビュー、おみごとです!

      すごく参考にな...
      こんにちは(o^^o)

      毎回クスッと笑えるレビューをありがとうございます♪♪

      膵臓と比較されたレビュー、おみごとです!

      すごく参考になります(*≧∀≦*)
      2019/06/14
    • kazzu008さん
      くるたんさん、こんにちは!
      うれしいコメントありがとうございます。
      いや~お恥ずかしい限りです。
      でも、そう言っていただけると、もの凄...
      くるたんさん、こんにちは!
      うれしいコメントありがとうございます。
      いや~お恥ずかしい限りです。
      でも、そう言っていただけると、もの凄くうれしいです!
      がんばってレビューした甲斐がありました(笑)。

      でも僕なんかのレビューより、くるたんさんのレビューいつも素晴らしくて感動しています。
      特にこの前の『月とコーヒー』のレビュー。あまりに素敵すぎて、僕の脳内の読みたい本リストのなかで『月のコーヒー』が圏外からいきなり1位に躍り出ましたよ。
      ぜひ、また素敵な本の紹介よろしくお願いします!ありがとうございました!
      2019/06/14
    • くるたんさん
      いえいえ、ありがとうございます♪
      ほんと、kazzu 008さん♪は丁寧に作品を読み込まれているんだなぁって…。それがとても伝わってくるレ...
      いえいえ、ありがとうございます♪
      ほんと、kazzu 008さん♪は丁寧に作品を読み込まれているんだなぁって…。それがとても伝わってくるレビューで毎回読むのが楽しみなんです(o^^o)

      こちらこそまたよろしくお願いしますね(*^^*)♪
      2019/06/14
  • みんなが泣いた、圧倒的感動がここに…
    大切な人の死から、どこかなげやりに生きてる僕。高校生になった僕のクラスには、「発光病」で入院したままの少女がいた。月の光を浴びると体が淡く光ることからそう呼ばれ、死期が近づくとその光は強くなるらしい。彼女の名前は、渡良瀬まみず。余命わずかな彼女に、死ぬまでしたいことがあると知り…「それ、僕に手伝わせてくれないかな?」「本当に?」この約束から、止まっていた僕の時間が再び動きはじめた。今を生きるすべての人に届けたい最高のラブストーリー。

  • 好きです。
    好きな物語です。

    この頃、ビジネス本ばかり読んでいた。
    ひさびさに青春でほろ苦く温かな物語に触れた。

    死から逃れない まみず。
    そんな彼女に振りまわされていく、そして変わっていく卓也。

    素直な物語が流れていっていました。
    先が読めてつまらないと言う人もきっと多いでしょう。
    でも素直にセリフや行動を受け止めながら終わりに近づいていく物語が好きでした。

    読んで良かったです。

  • 読み始めた時は、やっぱり私にはもう高校生+病気で死ぬ話(そしてライトノベル)は無理だと思ってサクッと読もうとしてたんだけど、終盤になるとちゃんと読みたくなっていた。

    宇宙の話。
    どんなものにも終わりはあって、地球だって宇宙だって終わる、そんなこと分かってるし、実際人間が生きてきた年数なんて宇宙の歴史から見たらほんの一瞬。だからいつ人間が滅びてもおかしくないし、あり得るだろうと思ってはいたけど、滅びるならじゃあ、生きてきた何かを残せば良い、残ると思っていたのだけど、もし地球ごと滅びたら確かに文化も言語も文献も、何にも残せない。そうなると人間が誕生した意味、存在価値は何なんだと問われると、答えられない。
    でもどんな些細なことでも「有る」のと「無い」のでは違うと思う。人間が生きているだけで、宇宙に何か作用しているんだって私は思ってる。

    ロミオとジュリエット。
    香山がまみずとジュリエットを重ねて泣くところ。この辺りから読んでいて悲しくなった。
    高校生が、ほとんど話したこともない好きな女の子が病気で死ぬからって、こんなに悲しむものなんだろうか。他人で、損得勘定もなく悲しんでくれる人がいるって、とんでもなく幸せ者だと思う。

    私は読んでいて、作者はもしかして似たような体験をしたんじゃないかと思っていた。だってそうじゃなければ、「生きてても死んでるような気がしてた」とか「生きているのが後ろめたい」なんて心情を描写できるだろうか。これは身近な人が(たぶんあまり納得できない形で)亡くなった人が考えることじゃないだろうかと思っていた。
    だからあとがきを読んで納得した。
    私にはそんな経験もない故にそんな考えに至ったことがなかったから。

    生きている人と、もうすぐ死ぬ人だったら、たぶんもうすぐ死ぬ人の方が引力が強いんだと思う。だから生きている人はしっかり自分の力で立っていないと、死に近い人に吸い寄せられてしまうんだと思う。死ぬと分かっていると、後悔や未練があるのに無理にでも無くさないといけないから、色んな意味でエネルギッシュになるんだと思う。それが生きている人から見たら、しかも生きる意味も分からず生きている人だとしたら、魅力的に輝いて見えてしまうのも無理はない。

    もしかしたらまみずは、卓也を引っ張ってしまうのかと思ったけど、ちゃんと卓也に生きる意味を与えた。自分の代わりに誰かが生きてくれることで、死んだら終わりにしない。この考え方はとても良いと思った。

    それにやっぱり、生きている限りは自ら死んだらダメだと思う。生きなければならない。1分1秒でも、亡くなった人が生きたかった命だと思うから。
    それに、死後の世界や輪廻転生などあり得ない以上、途方もなく長い宇宙の歴史の中で、気の遠くなるような確率で、奇跡の連続が起こって生まれてきた、貴重で、唯一無二の命だから。
    自分という命は、もう二度とこの先何が起ころうと、生まれてこないのだから。

    続編があるのか…どうしよう。

    20200524

  • リコさんと岡田が仲いいからまみずが妬いている・・・?まみずライバル自分で作ってるー。              まみずに死を教えようとまでする岡田は本当にまみず好きなんだな〜

  • 泣きました。
    死と生は隣り合わせだと、改めて思いました。

    命について色々考えたり、軽んじてた時代が誰にもあったと思う。そんなときに読むと良いなと思う本です。
    素直に読めないと思いますが…

    でも、親からしたらそんな心情は不安で堪らないな。と

  • 紀伊国屋で目立つ位置にあり何となく気になったので読んでみました。
    「君の膵臓を食べたい」や「世界の中心で愛を叫ぶ」的な
    病気の女の子と恋する男の子という構図でそれなりに
    使い古されている設定なのですが「発光病」という実在しない病気を使っていたり
    スマホのビデオ通話なんかを使って現代風にすることでオリジナリティを出していて
    それなりに楽しめました。というか白状するとのめり込んで寝られなくなりました。
    結末も分かっているのにどうして面白いんですかね。

    主人公は身近な姉の死を経験したことで死に憧れていて
    その死に直面したまみずに惹かれていくのだけれど
    まみずの死を受け入れるプロセスを経て生を肯定していくという分かりやすい
    前向きな感じが心地よいんでしょうね。

    全体を通してライトノベルな感じですが物語のキーともなる
    中原中也の詩
    「愛するものが死んだ時には、
    自殺しなきゃあなりません。」
    なんかが効果的に使われており深みも持たせています。
    ちなみにこの詩、文中には一部しか出てこないのですが
    気になったので全部読んでみました。
    もっと陰鬱な詩なのかと思っていたのですがとても明るい
    感じのする前向きな詩でした。

    あと全然関係ないですがこの小説でかなり印象に残ったのが
    顎に肘をくっつけることが出来ないというくだり。
    やってみると確かに出来なくてハッとさせられました。

  • loudraw氏のイラストに惹かれて読んでみました。帯は誇大広告だと思うけど、話はそれなりに楽しみました。全体の文はかなり平易で含みも少ないので、短時間ですんなり読めます。

  • 架空の病気の症状がヒロインのラストシーンをとても幻想的にしている。
    大まかなストーリーはよくあるようなもので、病気に少しファンタジー要素があるけれど、ファンタジーになりすぎずに丁度良いバランスだった。

全158件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

佐野徹夜(さの てつや)
1987年、京都府生まれの小説家、ライトノベル作家。同志社大学文学部卒業。『君は月夜に光り輝く』で第23回電撃小説大賞大賞を受賞しデビュー、実写版映画公開が決定し、『ダ・ヴィンチ』で漫画化される代表作となる。ライトノベルでの活動が多いが、2019年2月、『文藝』に「透明になれなかった僕たちのために」を寄稿、活動の幅を広げている。

佐野徹夜の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
恩田 陸
住野 よる
米澤 穂信
辻村 深月
宮下奈都
有効な右矢印 無効な右矢印

君は月夜に光り輝く (メディアワークス文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×