ソードアート・オンライン オルタナティブ ガンゲイル・オンラインVI ―ワン・サマー・デイ― (電撃文庫)

著者 :
  • KADOKAWA
4.05
  • (11)
  • (24)
  • (9)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 293
感想 : 16
  • Amazon.co.jp ・本 (376ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784048927451

作品紹介・あらすじ

第三回スクワッド・ジャムの死闘から約一ヶ月。
全国各地に散るSJプレイヤーのもとに、ある一通のメールが届く。それは、過去三度開された大会の上位入賞チームのみが参加できるという新ゲーム、“20260816テストプレイ”への招待状だった。
GGOの運営会社《ザスカー》からの依頼によって開催されるスクワッド・ジャムとは全く趣旨の異なるゲーム。そのミッションとは、最新AI搭載の敵NPCが守る“拠点”を攻略するというもので――。
SHINCと交わした再戦の約束を果たすため、消極的ながらも参加を決意したレン。彼女が目の当たりにするNPCの脅威とは。
時雨沢恵一&黒星紅白が贈る“もう一つのソードアート・オンライン”第6弾が登場!!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • やっと読めた。
    いつもどおりドンパチ痛快アクション+イイハナシダナーありで大変面白かったのですが、一番面白かったのがあとがきって言うね。

  • 今回もゲームならではの設定とそれを利用した戦いぶりがとても面白いです。
    銃やバトルゲームの知識がある程度あればかなり楽しめるのでは。

    オンラインバトルゲームにはまっていた時、
    リスポーンの場所の選択を誤って生き返ってすぐ殺されたり
    リスポーンの位置が一箇所しか選べなくてもう前線に復帰できない!ってなったりしたことを
    懐かしく思い出しました。


    ややネタバレになりますが

    読んでいる最中、NPCが実はNPCではないのではと思い始め
    キノの旅にたまに出てくるような切ないものとか後味の悪いものとか
    そんなストーリー展開になったらどうしようと
    そわそわしてしまいました。
    ハッピー・エンドでほっとしました。

    GGOが外国のゲームで、口形のCGモーションは英語で動くが
    瞬時に日本語に訳されて聞こえるという設定も
    ストーリー上そこまで重要で無さそうなのに細かく説明が為され
    リアルさも増しますし、それだけでなくちょっとしたトリックにもなっていて面白かったです。

  • 1巻以来の単巻完結。
    こじんまりしているかと思いきや、
    レギュラーはほぼみんな出ているし、
    メンバー間のボケ・ツッコミは
    相変わらずキレが良くて好き。

    最後のネタばらし的な展開は
    空気変わり過ぎで好き嫌い別れそうだけど、
    個人的には好き。

  • 今回もチーム戦ながら敵はハイレベルなAI。ということでまたも過去の敵が今日は味方です。今度はBetrayもないよ、やったね!ゲーム内でのレンちゃんはVRということもあってか、だいぶはっちゃけてる印象が。今回は残機制だったから余計にそう思えたのかな。ゲームだと分かってするのと気付かずに現実だと思って行動するのだとやっぱり前者の方が思い切った行動取れるよね。オチはAIの方は多少なりとも予想はできてたけど思いのほかヘヴィなのはこの作者さんならではですかね。

  • 虚構と現実の境に対する問を提示する.虚構が虚構であることの保証は簡単ではないし,逆に現実が現実であることの保証もまた然り.

  • こういう見せ方があるのか、と感心。
    リアルとゲームの差というかね。


    あとがきのゲームのラインナップに笑った。

    そういえば、このあとがきもアレじみてきたな。

  • 全体を通しての伏線が分かりやすかった上にややあっさりとしていたなあという印象。全体としてのゲームの流れも思惑がぶつかりあうというよりはアクション重点だったので好みが分かれるところかもしれない

  • ちょっと目先を変えてきましたね。視点を変えれば人に戦意を失わせ、逆に戦意を復活させる。現実としての死を意識するかしないのかは大きいのかもしれませんね。

  • 面白かった。いつものバトルロワイアルでなくて、協力プレイもいい。なんでこんなことしてるんだろうというネタばらしも納得できた。

  • 今までのSJと違い敵NPCを倒すという大会。

    いろんなチームが組んで戦う展開楽しいなぁ…
    シャーリーとクラレンスは相性良いのか悪いのか?

    序章は、誰目線の文章なんだ?って分からんかったけど、最終章でびっくり!
    ピトさんが指の無いNPC見て、隠してあげてたけど、なんでだろう…
    レン側は見た目が変わるアバターなのに、向こうは見た目がそのままなの?

    謎な所もあるけど、今回も楽しかった!

全16件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

「第6回電撃ゲーム小説大賞(現・電撃小説大賞)」へ応募し、のちに同作品『キノの旅 the Beautiful World(電撃文庫)』にてデビュー。『キノの旅 the Beautiful World』『一つの大陸の物語』シリーズ、『ソードアート・オンライン オルタナティブ ガンゲイル・オンライン』(いずれも電撃文庫)は、アニメ化もされ人気を博している。その他にも『××が運ばれてくるまでに』シリーズ(メディアワークス文庫)ほか、著作多数。TVアニメ『ルパン三世 PART5』の脚本なども手掛ける。

「2021年 『レイの世界 ―Re:I― 2 Another World Tour』 で使われていた紹介文から引用しています。」

時雨沢恵一の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

ソードアート・オンライン オルタナティブ ガンゲイル・オンラインVI ―ワン・サマー・デイ― (電撃文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×